アルビレックス新潟、聴覚障害児の海外遠征を支援

アルビレックス新潟ミャンマーが、ヤンゴンの聴覚障害者向け教育施設の子どもを12月にマレーシアのクアラルンプールで開催されるサッカー国際大会「第1回・東南アジア諸国連合(ASEAN)ディーフ・フットボール・チャンピオンシップ」に参加させようと、在ミャンマー日系企業に支援を呼び掛けている。

Thumb 20161003 mm nigata w

海外遠征を控えるチームの試合の様子(アルビレックス新潟ミャンマー提供)

アルビレックス新潟ミャンマーの村中翔一スクールマネジャーは、「支援の形にはこだわらず、より多くの日系企業、日本人を巻き込んで、実現させたい」と意気込んでいる。大会に参加するのは、アルビレックスが生活弱者に対するCSR(企業の社会的貢献)活動の一環として支援する、聴覚障害者向け教育施設「マリー・チャップマン」の子ども20人ほど。施設がヤンゴンの日本人学校に隣接していることもあって、アルビレックスは2年ほど前から継続的に支援してきた。

アルビレックスは現在、ヤンゴン日本人学校やインターナショナルスクールなどの生徒を対象に、サッカースクール事業を展開。生徒数は100人ほどを抱える。マリー・チャップマンへの支援は、練習指導から始まり、親善試合を行ったり、スポンサー資金を得てユニフォームを寄付したり、ミャンマーのプロサッカーリーグ、代表の試合を観戦したり、北東部シャン州に遠征したりと幅が広がってきた。海外遠征が実現すれば、施設開設以来、施設の子どもが初めて海外に行く試みになる。

大会は12月4日~10日にクアラルンプールで開催される。9月11日時点でマレーシア、タイ、ベトナム、ラオス、インドネシア、ミャンマーの6カ国が参加表明している。ミャンマーからの参加には渡航費や滞在費がかかる。支援に関する問い合わせは、村中さん(電話:+95-99-7197-1427、メール:muranaka@fc.albirex.com.sg)


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【産業人材】若手人材交流で関係深化 経産省のインターン、現地も期待(02/23)

日本の若手人材をミャンマーの組織や企業に派遣して現地への理解を深め、両国の経済関係の深化に役立っても…

続きを読む

越企業がミャンマーに熱視線 ベトテル、14億ドル投資で今期最大(02/23)

ベトナム企業のミャンマーに対する投資熱が高まっている。通信大手のベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)…

続きを読む

中国中車、国鉄向け機関車を追加出荷(02/23)

中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)大連は、機関車1両をミャンマー国鉄(MR)向けに追加で出荷し…

続きを読む

農業開発銀を4月から財務省下に、融資拡大(02/23)

ミャンマーのチョー・ウィン計画・財務相は、新年度が始まる4月1日から、農業・畜産・かんがい省傘下のミ…

続きを読む

一部の自動車業者、販売価格を不当引き上げ(02/23)

ミャンマーの自動車販売業者は、一部の業者が不当に在庫車の販売価格を引き上げているとして、消費者に注意…

続きを読む

モン州首相の後任、エー・ザン氏推薦=与党(02/23)

ミャンマー与党、国民民主連盟(NLD)幹部のウィン・テイン氏は20日、先に辞意表明した東部モン州のミン…

続きを読む

ヤンゴン農業計画、支援センター開設が柱(02/23)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区政府は、農業基本計画(マスタープラン)の策定作業を進めてい…

続きを読む

複数の印石油会社、ミャンマー輸出を検討(02/23)

インドの複数の国営石油会社が、ミャンマーへの石油製品の輸出を検討している。建設やインフラ整備の加速で…

続きを読む

スーチー氏、停戦合意未署名の勢力と会談へ(02/23)

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は来週にも、政府との停戦合意(NCA)に署名してい…

続きを読む

クルンタイ、ミャンマー経済銀と送金で提携(02/23)

タイのクルンタイ銀行とミャンマー経済銀行(MEB)は、4月3日にミャンマー人労働者向けの送金サービス…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン