アルビレックス新潟、聴覚障害児の海外遠征を支援

アルビレックス新潟ミャンマーが、ヤンゴンの聴覚障害者向け教育施設の子どもを12月にマレーシアのクアラルンプールで開催されるサッカー国際大会「第1回・東南アジア諸国連合(ASEAN)ディーフ・フットボール・チャンピオンシップ」に参加させようと、在ミャンマー日系企業に支援を呼び掛けている。

20161003 mm nigata w

海外遠征を控えるチームの試合の様子(アルビレックス新潟ミャンマー提供)

アルビレックス新潟ミャンマーの村中翔一スクールマネジャーは、「支援の形にはこだわらず、より多くの日系企業、日本人を巻き込んで、実現させたい」と意気込んでいる。大会に参加するのは、アルビレックスが生活弱者に対するCSR(企業の社会的貢献)活動の一環として支援する、聴覚障害者向け教育施設「マリー・チャップマン」の子ども20人ほど。施設がヤンゴンの日本人学校に隣接していることもあって、アルビレックスは2年ほど前から継続的に支援してきた。

アルビレックスは現在、ヤンゴン日本人学校やインターナショナルスクールなどの生徒を対象に、サッカースクール事業を展開。生徒数は100人ほどを抱える。マリー・チャップマンへの支援は、練習指導から始まり、親善試合を行ったり、スポンサー資金を得てユニフォームを寄付したり、ミャンマーのプロサッカーリーグ、代表の試合を観戦したり、北東部シャン州に遠征したりと幅が広がってきた。海外遠征が実現すれば、施設開設以来、施設の子どもが初めて海外に行く試みになる。

大会は12月4日~10日にクアラルンプールで開催される。9月11日時点でマレーシア、タイ、ベトナム、ラオス、インドネシア、ミャンマーの6カ国が参加表明している。ミャンマーからの参加には渡航費や滞在費がかかる。支援に関する問い合わせは、村中さん(電話:+95-99-7197-1427、メール:muranaka@fc.albirex.com.sg)


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、AGTと提携拡大 変圧器技術追加供与、受注拡大へ(12/09)

三菱電機は8日、ミャンマーで提携する大手変圧器メーカー、アジア・ゼネラル・トランスフォーマー(AGT…

続きを読む

〔寄り道〕ヤンゴンも乾期に入り過ごし…(12/09)

ヤンゴンも乾期に入り過ごしやすくはなったが、それでも日中は気温が30度を超える。スーツを着てネクタイ…

続きを読む

日本政府が無償支援、地方病院や船に36億円(12/09)

日本外務省は7日、ミャンマーの首都ネピドーで、総額35億8,100万円を供与限度額とする無償資金協力3件に関…

続きを読む

バゴー橋建設の円借款受け入れ、国会が承認(12/09)

ミャンマー連邦議会は7日、最大都市ヤンゴン東部タケタ郡区と、バゴー川を隔てた南東部タンリン郡区を結ぶ…

続きを読む

輸出入免許発給を簡略化、価格調査免除(12/09)

ミャンマー商業省は、輸出入ライセンスの発給について、申請時に提出される請求書や販売契約書の価格調査を…

続きを読む

ヤンゴンの水上タクシー入札、22社が応募(12/09)

ミャンマーの最大都市を抱えるヤンゴン管区のニラ・チョー電力・工業・運輸相は、ヤンゴン市街の西側を流れ…

続きを読む

タクシー・バスにGPS搭載へ、ヤンゴンで(12/09)

ミャンマーの最大都市を抱えるヤンゴン管区政府は、タクシーやバスに衛星利用測位システム(GPS)を搭載…

続きを読む

ヤンゴン北部の複合開発、管区議会が承認(12/09)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区議会は、北部ラインタヤ郡区の大型複合施設「リバーフロント・…

続きを読む

労働省、マレーシアへの出稼ぎ者派遣を停止(12/09)

ミャンマー労働・移民・人口省は、出稼ぎ労働者のマレーシアへの派遣を停止する方針を明らかにした。マレー…

続きを読む

ヤンゴン不動産市場、6月以降持ち直し(12/09)

ミャンマー最大の都市ヤンゴンで停滞していた不動産で6月以降、販売件数が上向いている。それ以前と比べて…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン