アルビレックス新潟、聴覚障害児の海外遠征を支援

アルビレックス新潟ミャンマーが、ヤンゴンの聴覚障害者向け教育施設の子どもを12月にマレーシアのクアラルンプールで開催されるサッカー国際大会「第1回・東南アジア諸国連合(ASEAN)ディーフ・フットボール・チャンピオンシップ」に参加させようと、在ミャンマー日系企業に支援を呼び掛けている。

Thumb 20161003 mm nigata w

海外遠征を控えるチームの試合の様子(アルビレックス新潟ミャンマー提供)

アルビレックス新潟ミャンマーの村中翔一スクールマネジャーは、「支援の形にはこだわらず、より多くの日系企業、日本人を巻き込んで、実現させたい」と意気込んでいる。大会に参加するのは、アルビレックスが生活弱者に対するCSR(企業の社会的貢献)活動の一環として支援する、聴覚障害者向け教育施設「マリー・チャップマン」の子ども20人ほど。施設がヤンゴンの日本人学校に隣接していることもあって、アルビレックスは2年ほど前から継続的に支援してきた。

アルビレックスは現在、ヤンゴン日本人学校やインターナショナルスクールなどの生徒を対象に、サッカースクール事業を展開。生徒数は100人ほどを抱える。マリー・チャップマンへの支援は、練習指導から始まり、親善試合を行ったり、スポンサー資金を得てユニフォームを寄付したり、ミャンマーのプロサッカーリーグ、代表の試合を観戦したり、北東部シャン州に遠征したりと幅が広がってきた。海外遠征が実現すれば、施設開設以来、施設の子どもが初めて海外に行く試みになる。

大会は12月4日~10日にクアラルンプールで開催される。9月11日時点でマレーシア、タイ、ベトナム、ラオス、インドネシア、ミャンマーの6カ国が参加表明している。ミャンマーからの参加には渡航費や滞在費がかかる。支援に関する問い合わせは、村中さん(電話:+95-99-7197-1427、メール:muranaka@fc.albirex.com.sg)


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン4郡区の露店主、夜市の運営に抗議(17:45)

ミャンマー最大都市ヤンゴンの4郡区で営業していた露店主ら数十人が、中心部のヤンゴン川沿いのストランド…

続きを読む

ヤンゴン管区、新システムにバス追加投入(14:23)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区のピョー・ミン・テイン首相は、新公共バスシステム向けのバス…

続きを読む

日本支援で初の事業コスト調査 情報開示で海外投資の誘致強化(01/20)

ミャンマーの投資企業管理局(DICA)は19日、国際協力機構(JICA)の支援を受けて初めて実施した国…

続きを読む

〔寄り道〕オバマ米大統領の2期8年…(01/20)

オバマ米大統領の2期8年も終わってみるとあっという間だった。彼の任期中に米経済制裁の解除を取り付け…

続きを読む

米VISA、CB銀とクレジットカード発行(01/20)

米カード大手VISAは17日から、ミャンマー大手の協同組合銀行(CB)とクレジットカードの発行を始めた…

続きを読む

携帯電話サービス税収、9カ月で50億円(01/20)

ミャンマー計画・財務省傘下の国内歳入局(IRD)は、携帯電話の各種サービス使用料に課される5%の商業…

続きを読む

米国に工芸品を初輸出、GSP適用再開で(01/20)

ミャンマー商業省は、地場企業がヤシの木製家具や竹製帽子といった工芸品を米国に輸出すると明らかにした。…

続きを読む

国鉄、ヤンゴン環状線の運行本数を増加(01/20)

ミャンマー国鉄(MR)は、ヤンゴン環状鉄道の運行本数を増やす。ヤンゴンで16日始まった新たな公共バスシ…

続きを読む

ヤンゴンの空閑地問題3年で解決=管区首相(01/20)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区のピョー・ミン・テイン首相は、農地開発目的で民間企業などが…

続きを読む

野菜卸売市場を建設へ、韓国が協力(01/20)

ミャンマー農業・畜産・かんがい省は、野菜卸売市場を建設する計画を明らかにした。品質検査施設も併設し、…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン