自動車各社が販売攻勢、成約特典は金貨

来月1日に始まるヒンズー教の祭典「ナブラトリ」を控え、インドでは自動車各社が熱心に消費者の取り込みを図っている。今年の特徴は成約者に金貨をプレゼントするメーカーが多いことだ。ビジネス・スタンダード(電子版)が28日に伝えた。

今年は9月16~30日が「シュラッド」と呼ばれる期間で、祖先を悼む時期に当たる。シュラッドの期間中は縁起が悪いとされ、買い物などが控えられる傾向がある。消費者の購買意欲が減退する中、自動車各社が熱心に売り込みをかける背景には、2016/17年度(16年4月~17年3月)に入って弾みがついた販売の勢いを維持したいとの思惑があるようだ。金貨を成約の特典にしているのは、マルチ・スズキ、日産、ゼネラル・モーターズ(GM)などの各社。金貨の重さは車種によって異なり、縁起が良いとされるナブラトリの期間中に納車日を指定することも可能だ。

インド自動車工業会(SIAM)によると、4~8月の乗用車販売台数は前年比11%増の121万台だった。雨期の順調な経過と公務員給与の引き上げ、金利の安定的な推移が販売を押し上げたと受け止められている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

PR

その他記事

すべての文頭を開く

リライアンス、問屋事業に5百億ルピー投資(12/09)

インドの複合企業(コングロマリット)リライアンス・インダストリーズ(RIL)の小売り部門リライアンス…

続きを読む

カード決済、取引上限付きでサービス税免除(12/09)

インドの財務省は8日、カード決済による上限2,000ルピー(約3,360円)の支払いについては、サービス税を免…

続きを読む

フリップカート、PBブランドの商品投入(12/09)

インドのインターネット通販大手フリップカートは9日、プライベートブランド(PB=自主企画)事業を開始…

続きを読む

米インテル、環境汚染監視技術で政府と提携(12/10)

インドの科学技術省は、環境汚染の実態調査で、米半導体大手のインテルと提携することで合意した。大気汚染…

続きを読む

大気汚染で空気清浄機の需要増 倍増ペース、日系が存在感(下)(12/09)

インドで深刻な大気汚染が社会問題となる中、今年に入って空気清浄機の売り上げが急激に伸びている。2016年…

続きを読む

国内乗用車販売、11月は1.8%増と低調(12/09)

インド自動車工業会(SIAM)は8日、11月の国内新車販売台数を発表した。乗用車(ユーティリティービー…

続きを読む

【アジア三面記事】小さな空手家が世界へ(12/09)

■小さな空手家が世界へ インドとパキスタンが領有権を巡って対立するカシミール地方から、1人の小さな空…

続きを読む

マヒンドラ、アジア・アフリカで中古車販売(12/09)

インドの自動車メーカー大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)がアジアやアフリカで中古車販売事業に乗り出…

続きを読む

高額紙幣廃止から1カ月、翻弄された印経済(12/09)

インドで高額紙幣の使用が禁止されてから1カ月が経過した。モディ首相の突然の発表を受けて、国内経済は現…

続きを読む

表面実装の台表科、11月売上高は25カ月来最高(12/09)

液晶パネルの表面実装で世界大手の台湾表面粘著科技(TSMT)が発表した11月の連結売上高は前月比1.4%、…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン