自動車各社が販売攻勢、成約特典は金貨

来月1日に始まるヒンズー教の祭典「ナブラトリ」を控え、インドでは自動車各社が熱心に消費者の取り込みを図っている。今年の特徴は成約者に金貨をプレゼントするメーカーが多いことだ。ビジネス・スタンダード(電子版)が28日に伝えた。

今年は9月16~30日が「シュラッド」と呼ばれる期間で、祖先を悼む時期に当たる。シュラッドの期間中は縁起が悪いとされ、買い物などが控えられる傾向がある。消費者の購買意欲が減退する中、自動車各社が熱心に売り込みをかける背景には、2016/17年度(16年4月~17年3月)に入って弾みがついた販売の勢いを維持したいとの思惑があるようだ。金貨を成約の特典にしているのは、マルチ・スズキ、日産、ゼネラル・モーターズ(GM)などの各社。金貨の重さは車種によって異なり、縁起が良いとされるナブラトリの期間中に納車日を指定することも可能だ。

インド自動車工業会(SIAM)によると、4~8月の乗用車販売台数は前年比11%増の121万台だった。雨期の順調な経過と公務員給与の引き上げ、金利の安定的な推移が販売を押し上げたと受け止められている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】求職者給付の受給延長手続き(01/24)

第222回 野中さん:みらい先生、こんにちは。この度、当社の社員のご主人が人事異動により海外勤務すること…

続きを読む

テイクオフ:インドの新興企業を取材…(01/24)

インドの新興企業を取材していると若い社長が多い。20代で創業したと話す人もいる。世界経済フォーラム(W…

続きを読む

自動車産業、3Qは1割減益 紙幣問題や原料コスト増が影響(01/24)

インドの自動車産業の2016/17年度第3四半期(16年10~12月)業績が前年割れとなりそうだ。地場証券コタック…

続きを読む

トヨタ、17年販売見通しは慎重姿勢(01/24)

トヨタ自動車のインド法人トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は2017年通年の販売台数について、慎重な…

続きを読む

制研化学、地場自動車部品大手を技術支援(01/24)

制研化学工業(東京都港区)はこのほど、インドの自動車部品・システム大手アナンド・オートモーティブ傘下…

続きを読む

GM、10億ドルの投資計画見送り(01/24)

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、新モデルの投入に向けた追加投資を見送ることを決めた。現在…

続きを読む

上海汽車、GM工場取得で従業員再雇用に難色(01/24)

中国の自動車メーカー上海汽車は、米ゼネラル・モーターズ(GM)が保有するインド西部グジャラート州の工…

続きを読む

タタ自、20事業以上で効率化に着手(01/24)

インドの自動車大手タタ・モーターズは、生産効率の向上を目指し、工場や販売ネットワークを含め20事業以上…

続きを読む

二輪バジャジ、インドネ再参入で好感触(01/24)

インドの二輪車大手バジャジ・オートは、再進出を果たしたインドネシア事業が順調に推移していることを明ら…

続きを読む

車部品アムテック、独子会社を年央に売却(01/24)

インドの金属加工・自動車部品大手アムテック・オートは、2017年中ごろをめどにドイツ子会社のテックフォー…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン