石化最大手、20年のPEシェア5割目標

インドネシアの石油化学最大手チャンドラ・アスリ・ペトロケミカルは、ポリエチレン(PE)の新工場の稼働後、2020年にPEの国内市場シェアを5割に高める目標を明らかにした。バンテン州チレゴンに新設する工場と、既存工場を合わせた年産能力は80万トンになる見通しだ。26日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

チャンドラ・アスリのスルヤンディ取締役によると、インドネシアのPE需要は現在、年間140万トン。同社の生産能力は33万6,000トンで、国内需要の25%以下にとどまっている。1~6月の生産量は15万1,000トンで、生産設備稼働率はほぼ9割に達している。

新工場の建設には3億~4億米ドル(約303億~403億円)を投じる。チャンドラ・アスリは先に、新工場の建設に当たり、PE技術ライセンサーの米ユニべーション・テクノロジーズと「UNIPOL(ユニポール)」技術に関するラインセンス契約を含む協業契約を締結した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学・石化

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:12月に入り、ジャカル…(12/06)

12月に入り、ジャカルタのショッピングモールはクリスマスモードがいよいよ熱を帯びてきた。自宅すぐそばの…

続きを読む

トヨタ、新型イノーバを投入 全刷新もEEV認証で価格抑制(12/06)

マレーシアのUMWトヨタ・モーターは5日、多目的車(MPV)「イノーバ」のフルモデルチェンジ車を同国…

続きを読む

日立、先端技術のノウハウ活用 インドネシアで初のイベント開催(12/06)

日立製作所はインドネシアで、情報通信技術(ICT)を活用したソリューション・イノベーション事業の売り…

続きを読む

GIC、インドネシアの映画館運営社に出資(12/06)

シンガポール政府系投資会社のGICは5日、インドネシアの映画館運営会社ヌサンタラ・スジャーテラ・ラヤ…

続きを読む

自動車メーカー、生産コスト増も価格抑制へ(12/06)

インドネシアの自動車メーカー各社は、生産コストが上昇している中で、国内市場での販売を安定化させる措置…

続きを読む

テレビ販売不振続く、前年比5%減も(12/06)

インドネシアでテレビの販売不振が続いている。長引く景気低迷で消費者の購買力が回復していないためで、業…

続きを読む

国営電力、バイオマス発電で7自治体と覚書(12/06)

インドネシアの国営電力PLNは5日、ごみを利用したバイオマス発電所からの電力購入について、首都ジャカ…

続きを読む

インフラ整備に充当へ、電力補助金廃止分(12/06)

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、来年1月から段階的に撤廃する契約容量900ボルトアンペア(VA)…

続きを読む

国営電力、可動式発電所の建設で借り入れ(12/06)

インドネシアの国営電力PLNは、カナダとハンガリーの金融機関から4億3,500万米ドル(約496億円)の融資…

続きを読む

油井に流量計の設置義務化へ、エネ鉱省(12/06)

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、石油・ガス生産事業者に対し、油井に流量計を設置することを求め…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン