投資アンセム、ヤンゴンの外食RTHと提携

ミャンマー最大都市ヤンゴン中心部にある人気レストラン「ラングーン・ティー・ハウス(RTH)」は、ヤンゴンを拠点とする投資会社アンセム・アジアと提携した。11月にレストラン兼バーを開業する。週刊誌フロンティア・ミャンマー電子版が26日伝えた。

アンセム・アジアによると、RTHは今後、店舗拡張やケータリング事業、新ブランド開発などに資金を投じる。11月には既存店が2階に入居するパンソーダン通り沿いのビル1階部分に、新たなレストラン兼バーを開く。店舗拡大やケータリング事業を見据え、セントラルキッチン(集中調理施設)も設ける計画。投資額など詳細は明らかにしていない。

アンセム・アジアの共同設立者で社長のジョセフィーヌ・プライス氏は「ミャンマーを代表するブランドを作りたいという、創業者テット・ミェット・ウー氏らのチームの計画を支援できてうれしい」とコメント。12年に英国から帰国してRTHを創業したテット・ミェット・ウー氏は、「ミャンマー伝統料理を前向きに捉え、モダンで親しみやすいものにしたい」と語った。

ヤンゴン中心部のRTHは2014年に開業した。古い建物をモダンにアレンジした店で、ミャンマー伝統料理とともにコーヒーやビール、ワインを提供。ミャンマー人富裕層や欧米人観光客らに人気が高い。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料商業・サービス

PR

その他記事

すべての文頭を開く

日立、ICT需要開拓に本腰 ヤンゴンで会議、銀行・通信狙う(12/08)

日立製作所はミャンマー最大都市ヤンゴンで7日、情報通信技術(ICT)を現地の民間企業に売り込むイベン…

続きを読む

ダウェー特区管理委、日本と年内に協議再開(12/08)

ミャンマー南部タニンダーリ管区のダウェー経済特区(SEZ)管理委員会は12月中に、日本との協議を再開す…

続きを読む

CB銀、サムスン製品購入者に割賦サービス(12/08)

ミャンマー民間大手の協同組合銀行(CB)と韓国サムスン電子の現地法人サムスン・ミャンマーは6日、サム…

続きを読む

ヤンゴン都市圏開発計画、月末に改訂版公表(12/08)

ミャンマーの最大都市を管理するヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、今月末に「ヤンゴン都市圏開発戦略計…

続きを読む

国境貿易の停滞、影響は軽微=商業相(12/08)

ミャンマー少数民族武装勢力による攻撃で国境貿易が停滞している問題で、タン・ミン商業相が全体への影響は…

続きを読む

テレビ市場が急拡大、15年は普及率55%(12/08)

香港に拠点を置くアジア・ケーブル衛星放送協会(CASBAA)によると、ミャンマーのテレビ普及率が2015…

続きを読む

財閥エデン、星ケッペルからホテル買収(12/08)

ミャンマーの財閥エデン・グループは、シンガポールの不動産開発大手ケッペル・ランドから北中部マンダレー…

続きを読む

建設グレートホーカム、3月に上場計画(12/08)

ミャンマー北東部シャン州の中国国境の町ムセに本社を構える建設会社グレート・ホーカムは、ヤンゴン証券取…

続きを読む

韓国の大宇、西部でビーチリゾート開発(12/08)

ミャンマー西部ラカイン州のチャウピューで年内にも、韓国の大宇によるリゾート施設の開発が始まる。チャウ…

続きを読む

イラワジ河口稲作、機械化促進が課題(12/08)

稲作が盛んなミャンマー・中部エーヤワディ(イラワジ)管区のデルタ地帯で、農業機械化の遅れが課題になっ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン