スクート新千歳便、観光・物流の拡大に期待

シンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクートが10月1日、シンガポールのチャンギ空港と北海道の新千歳空港を結ぶ定期便を就航する。これに先立ち26日、記念セレモニーが東京都内で行われ、関係者は2国間の旅客数の増加や貿易拡大に期待を寄せた。

新千歳便は台湾・台北を経由し、火・木・土曜の週3往復運航する。使用機材ボーイング787の座席数は335席、10トンの貨物が搭載できる。日本貿易振興機構(JETRO)によると、北海道の農林水産物を月100トン以上、シンガポールに輸出できるようになる。チャンギ空港のハブ機能を活用し、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域やインド、中東への輸出も見込まれ、物流機能の向上が予想される。

JETROの佐藤百合理事はセレモニーで「いかに魅力的なものを積み込んで、スクートの新千歳便運航を成功させるかが重要。さまざまなネットワークを駆使して支援したい」と述べた。

ジョセフィン・テオ上級国務相(首相府・外務・運輸担当)は「2国間のパートナーシップ、人と人とのつながりが強固になる」と話した。シンガポールでの日本食の人気の高さに触れ、新鮮な海産物が届くのを待ち望んでいるシンガポール人は多いと期待した。

スクートのリー・リクシン最高経営責任者(CEO)は、北海道はシンガポール人と台湾人にとって人気の観光地だと紹介し、「玄関口となる新千歳便の就航によって北海道の観光が加速する」との見通しを示した。

セレモニーは、2国間の外交関係樹立50周年行事の一環で、JETROとシンガポール国際企業庁などが主催した。

Thumb 20160927 sgd scoot.w.

日本とシンガポールの観光や物流の発展に期待するスクートのリーCEO(左から3人目)ら関係者=26日、東京都内(NNA撮影)


関連国・地域: 台湾シンガポール日本
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

1月消費者物価0.6%上昇 2カ月連続プラス、伸び加速(02/24)

シンガポール統計局が23日発表した1月の消費者物価指数(CPI、2014年=100)は99.5となり、前年同月から…

続きを読む

東北観光の誘致イベントを開催、大使館(02/24)

在シンガポール日本大使館は23日、中心部にある日本文化の発信拠点、ジャパン・クリエーティブ・センター(…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

1月の空港利用者数、8%増の526万人(02/24)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は23日、1月の同空港の利…

続きを読む

株価続伸、セムマリンは18.2%高(02/24)

23日のシンガポールの株式相場は続伸。ST指数の終値は前日比15.37ポイント(0.49%)高の3,137.57。売買高…

続きを読む

日本郵船、エズラとの合弁から撤退も(02/24)

日本郵船が、シンガポールの海洋エンジニアリング会社エズラ・ホールディングスなどとの合弁会社EMASチ…

続きを読む

STエレク、衛星開発で国防科技庁と協力(02/24)

シンガポール政府系の航空・防衛大手シンガポール・テクノロジーズ(ST)エンジニアリングの電子部門ST…

続きを読む

アスコット、SMUで新ブランドのサービス試験(02/24)

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランド傘下でサービスアパート運営大手のアスコットは23日、若…

続きを読む

米ゼンデスク、拠点拡張で人員増強へ(02/24)

顧客管理ソフトウエアの開発を手掛ける米ゼンデスクは21日、シンガポールにあるアジア太平洋地域本部の拡張…

続きを読む

ジュロンポイント、売却先に伏兵浮上(02/24)

シンガポール西部の大型商業施設「ジュロン・ポイント」の一部スペースの売却先候補に伏兵が浮上した。ここ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン