ホンダ、交通安全運転センターに着工

ホンダ・ベトナム(HVN)はこのほど、北部ビンフック省の自社敷地内で新たな交通安全運転センターの建設に着手した。2017年半ばに開設し、年間約1万2,000人の利用者を見込む。

HVNによると、安全運転センターは3万平方メートル余りの敷地に、日本やシンガポールでホンダが運営している交通教育センターをモデルに、バイクと自動車のドライバーの運転技能を高める施設や設備を整備する。

二輪車から四輪車へのシフトが進むことで、交通状況の悪化と事故の増加が懸念され、最新の自動車運転トレーニングの推進が必要と判断した。

建設する施設では、滑りやすい路面での急ブレーキや冠水した路面の通行などを体験できるコースのほか、教室や各種サービス施設も併設する。また将来的には、施設をトレーニングだけでなく、二輪車と四輪車の運転免許試験にも使う計画。

交通教育センターの講習対象者は、バイクや自動車のドライバー(個人および企業)で初心者から上級者まで対応する。HVNは1999年に、同社の工場敷地内に交通教育センターを開設。また全国各地で交通安全教育を展開し、これまでに600万人近くが講習を受けている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】求職者給付の受給延長手続き(01/24)

第222回 野中さん:みらい先生、こんにちは。この度、当社の社員のご主人が人事異動により海外勤務すること…

続きを読む

対米輸出、16年は過去最高に 新政権の影響も17年は限定的か(01/24)

ベトナム税関総局が公表した2016年の国・地域別の貿易統計をNNAがまとめたところ、貿易額(税関ベース)…

続きを読む

ピアジオ、スクーター1.3万台をリコール(01/24)

イタリアの二輪車製造、ピアジオ・グループの現地法人ピアジオ・ベトナムはこのほど、「ピアジオ・リバティ…

続きを読む

フォード、16年の販売台数は4割増(01/24)

米フォードの販売が好調を維持している。ベトナムでの販売台数は2016年通年で計2万9,011台となり、前年から…

続きを読む

HCM市、オンラインで交通情報を提供(01/24)

ホーチミン市運輸局はこのほど、市内の交通情報を提供するウェブサイトとスマートフォン向けアプリを発表し…

続きを読む

タンソンニャット空港拡張に20兆ドン(01/24)

ベトナムのチン・ディン・ズン副首相が、ホーチミン市タンソンニャット空港の拡張に20兆ドン(8億8,600万米…

続きを読む

ADB、中部4省のインフラ整備に1億ドル(01/24)

アジア開発銀行(ADB)の融資を受けて実施するベトナムの北中部・中部の計4省のインフラ整備計画に関す…

続きを読む

タイ企業、中部で太陽光発電を計画(01/24)

タイのトリプル・ウィンは、ベトナム中部クアンガイ省で太陽光発電事業を計画している。VOVニュースが…

続きを読む

ベトティエン縫製、16年の輸出額7億ドルに(01/24)

ベトナム地場衣料メーカーのベトティエン縫製総公社は2016年、輸出額が7億米ドル(約810億円)近くに達する…

続きを読む

HCM市でテト向け市場、安全食品を販売(01/24)

ホーチミン市1区ダカオ街区で21日、テト(旧正月)向けに安全で衛生的な食品などを売る市場「グリーン・ナ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン