深セン、配車サービス運転手2千人超に前科

深セン市はこのほど、市内の配車サービスで働く運転手のうち、2,200人以上に犯罪歴や違法薬物の使用歴があると明らかにした。配車アプリが普及する中、市交通委員会は利用者に安全リスクがあるとして、管理を強化する方針を示した。大公報が伝えた。

市によると、前科が見つかった運転手は2,231人。このうち重大な刑事事件の犯罪歴があるのは1,433人、違法薬物の使用歴があるのは758人。中でも40人は全国指名手配犯で、逃亡中だという。車の状態に問題がある配車サービスの車両は6,170台だった。

中国本土では需要に供給が追い付かずタクシーがつかまりにくくなっている上、携帯電話一つで自身の望む場所まで迎えに来てくれるという利便性の高さもあって、全国的に配車アプリの普及が進んでいる。7月末には中国交通運輸省が、一定の条件を満たした自家用車に対してオンライン予約による配車サービスの提供を認めており、供給もさらに増えるとみられる。

一方、深センでは5月、配車サービスを利用した女性が運転手に殺される事件も起こっており、安全に懸念を示す声が出ている。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

レジ袋の無料提供で刑事訴訟、有料化以降初(12/02)

九龍・長沙湾の小売店がプラスチック製レジ袋を無料で提供していたとして、香港政府環境保護署から刑事訴訟…

続きを読む

香港に大型タクシー、来年1Qまでに百台(12/02)

香港で今月1日、新たに大型タクシー40台が投入された。タクシー業界のイメージ悪化の改善を図るため、優良…

続きを読む

高級住宅は来年1割上昇、ナイトフランク(12/02)

英系不動産サービス大手のナイトフランクはこのほど、香港の高級住宅価格が来年5~10%上昇するとの見通し…

続きを読む

新たな過渡期に企業は備えを 法人口座の開設難の流れ厳しく(12/02)

香港での法人口座の開設難は今年に入り顕在化した。金融当局が銀行に対して改善を呼び掛けているが、既にビ…

続きを読む

マカオのカジノ収入、2桁のプラス成長(12/02)

マカオ政府賭博監査・調整局は1日、11月のカジノ収入が前年同月比14.4%増の187億8,800万マカオパタカ(約…

続きを読む

10月の旅行者2.4%減、宿泊客が減少(12/02)

香港政府観光局(HKTB)によると、10月に香港を訪れた旅行者数(速報値)は、前年同月比2.4%減の49…

続きを読む

香港系マルガ、開発予定地を一部返還(12/02)

ミャンマー最大都市ヤンゴンのヤンキン郡区で大型複合施設「ダゴン・シティー1」の開発を計画している香港…

続きを読む

ローズウッドホテル、尖沙咀に18年開業へ(12/02)

新世界発展(ニューワールド・デベロップメント)グループで、超高級ホテル「ローズウッド」などを展開する…

続きを読む

10月小売は3%減、下げ幅1.1P縮小(12/02)

香港政府統計処が1日発表した10月の小売売上高(速報値、以下同じ)は、前年同月比2.9%減の361億1,600万H…

続きを読む

香港社の本土向けECサイト、5年で2倍へ(12/02)

香港企業の間で、中国本土の電子商取引(EC)市場に活路を見出そうとする動きが広がっている。品質を重視…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン