深セン、配車サービス運転手2千人超に前科

深セン市はこのほど、市内の配車サービスで働く運転手のうち、2,200人以上に犯罪歴や違法薬物の使用歴があると明らかにした。配車アプリが普及する中、市交通委員会は利用者に安全リスクがあるとして、管理を強化する方針を示した。大公報が伝えた。

市によると、前科が見つかった運転手は2,231人。このうち重大な刑事事件の犯罪歴があるのは1,433人、違法薬物の使用歴があるのは758人。中でも40人は全国指名手配犯で、逃亡中だという。車の状態に問題がある配車サービスの車両は6,170台だった。

中国本土では需要に供給が追い付かずタクシーがつかまりにくくなっている上、携帯電話一つで自身の望む場所まで迎えに来てくれるという利便性の高さもあって、全国的に配車アプリの普及が進んでいる。7月末には中国交通運輸省が、一定の条件を満たした自家用車に対してオンライン予約による配車サービスの提供を認めており、供給もさらに増えるとみられる。

一方、深センでは5月、配車サービスを利用した女性が運転手に殺される事件も起こっており、安全に懸念を示す声が出ている。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロクシタン、香港4~12月販売は2桁減(11:56)

香港上場のフランス化粧品大手、ロクシタンは23日、4~12月期の香港・マカオ市場での売上高が前年同期比10…

続きを読む

【日本の税務】求職者給付の受給延長手続き(01/24)

第222回 野中さん:みらい先生、こんにちは。この度、当社の社員のご主人が人事異動により海外勤務すること…

続きを読む

テイクオフ:先日読んだ小説のワンシ…(01/24)

先日読んだ小説のワンシーンが重なる。鉄道の「席取り」を巡り、香港のネット上で論争となっているという。…

続きを読む

1Q大手景況感、悲観に傾く 観光関連は再び悪化(01/24)

香港の大手企業の間で、今年第1四半期(1~3月)の業務状況を悲観する傾向がわずかに強まったことが、香…

続きを読む

16年のCPI上昇率、2.4%に鈍化(01/24)

香港政府統計処は23日、2016年の総合消費者物価指数(総合CPI)の上昇率が前年比2.4%だったと発表した。…

続きを読む

16年旅行者は4.5%減、2年連続前年割れ(01/24)

香港政府観光局(HKTB)が23日発表した2016年通年の香港への旅行者数は、前年比4.5%減の5,665万4,9…

続きを読む

マカオの16年旅行者、前年比0.8%増(01/24)

マカオ政府統計局は23日、2016年にマカオを訪れた旅行者数が前年比0.8%増の3,095万336人(延べ人数、以下同…

続きを読む

マリオット、香港にホテル4軒を今年開業へ(01/24)

ホテル世界最大手の米マリオット・インターナショナルは今年、香港に4軒のホテルを開業する計画だ。民泊仲…

続きを読む

香港の本土系銀行が送金審査、資金流出抑制(01/24)

香港の中国本土系資本銀行は、本土から香港への口座送金業務に対する管理を強化しつつあるようだ。本土の顧…

続きを読む

中銀香港、指静脈認証システムを試験導入(01/24)

中国本土の大手国有商業銀行である中国銀行の香港法人、中銀香港は、一部支店で指静脈認証システムを試験的…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン