第二外国語に日本語選択の高校生、10年で5割増

20160920 twd fore

教育部(教育省)がまとめた統計によると、日本の高校に相当する高中で、昨年第二外国語に日本語を選択した生徒は3万人近くに上り、過去10年で5割増えた。19日付聯合報が伝えた。

国立政治大学の日本語学科で主任を務めた経験のある于乃明氏は、日本語を選択する生徒の増加について、「歴史的、地理的な要因に加え、日本を訪れる旅行者が増えていることや、若い人々が日本のドラマやアニメーション、ゲーム、雑誌などを好んでいることが背景にある」と説明した。

統計によると昨年、高中で第二外国語を選択した生徒数は5万3,570人。このうち日本語を選んだのは2万9,262人で、半数近くを占めた。2位以下はフランス語(7,054人)、ドイツ語(6,112人)が続いた。韓国語は韓流ブームにより人気が出ているものの、教師不足により授業数が少なく、選択した生徒は4,259人にとどまった。

日本語学習熱が高まる中、各校は特色ある指導方針を打ち出している。台北市の名門女子校、台北市立第一女子高級中学(北一女)では毎年、お茶の水女子大学付属高等学校(東京都文京区)から研修生を受け入れ、北一女の生徒との交流を深めているほか、高雄市内には大分県への修学旅行やホームステイなどを実施する高中もあるという。

于氏によると、高中だけでなく、大学の日本語学科も年々増加傾向にあり、現在は40以上の大学が同学科を設けているという。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「どこぞの富豪でも来た…(12/05)

「どこぞの富豪でも来たのか」——。連れ込み宿や雑多な屋台が並ぶ台北市のわがアパート前に、場違いな米高…

続きを読む

【書籍ランキング】11月17日~11月23日(12/05)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『豊かな人生を勝ち取る30の思考』中邨宏季(幻冬舎メディアコンサルティン…

続きを読む

「尾牙」開く企業、増加傾向 1111調査、 景気の回復基調反映(12/05)

景気の緩やかな回復を受け、台湾で春節(旧正月、来年は1月27日)前に開かれる旧暦の忘年会「尾牙」を実施…

続きを読む

大立光、対サムスンの特許侵害訴訟で勝訴(12/05)

光学デバイス台湾大手の大立光電(ラーガン)はこのほど、約3年前に韓国サムスン電子を相手に起こした特許…

続きを読む

IT業界再編、台湾にも影響=MIC来年見通し(12/05)

台湾政府系シンクタンク、資訊工業策進会(資策会)傘下でIT(情報技術)産業関連の調査を担う産業情報研…

続きを読む

ナノ材料のリーウェイナノ、南科で支社稼動(12/05)

ナノマテリアルの研究開発と製造を手掛ける力イ奈米科技(イ=火へんに韋、リーウェイナノ)はこのほど、南…

続きを読む

タイヤ協会が台湾大手非難、工場建設未完で(12/05)

インドネシア・タイヤ協会(APBI)は、台湾タイヤ大手の正新橡膠工業がインドネシアでタイヤ生産を開始…

続きを読む

ASUSは5位、3Qの日本向けタブレット出荷(12/05)

米IT市場調査会社、インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)の日本法人、IDCジャパン…

続きを読む

富士康幹部、iPhoneテスト機を違法に販売(12/05)

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業傘下で米アップルのスマートフォン「iPhone…

続きを読む

ノキアブランドのスマホ、鴻海製造で17年に発売(12/05)

フィンランド企業の「HMDグローバル」は、ノキアブランドのスマートフォン生産を投入する。3日付蘋果日…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン