第二外国語に日本語選択の高校生、10年で5割増

Thumb 20160920 twd fore

教育部(教育省)がまとめた統計によると、日本の高校に相当する高中で、昨年第二外国語に日本語を選択した生徒は3万人近くに上り、過去10年で5割増えた。19日付聯合報が伝えた。

国立政治大学の日本語学科で主任を務めた経験のある于乃明氏は、日本語を選択する生徒の増加について、「歴史的、地理的な要因に加え、日本を訪れる旅行者が増えていることや、若い人々が日本のドラマやアニメーション、ゲーム、雑誌などを好んでいることが背景にある」と説明した。

統計によると昨年、高中で第二外国語を選択した生徒数は5万3,570人。このうち日本語を選んだのは2万9,262人で、半数近くを占めた。2位以下はフランス語(7,054人)、ドイツ語(6,112人)が続いた。韓国語は韓流ブームにより人気が出ているものの、教師不足により授業数が少なく、選択した生徒は4,259人にとどまった。

日本語学習熱が高まる中、各校は特色ある指導方針を打ち出している。台北市の名門女子校、台北市立第一女子高級中学(北一女)では毎年、お茶の水女子大学付属高等学校(東京都文京区)から研修生を受け入れ、北一女の生徒との交流を深めているほか、高雄市内には大分県への修学旅行やホームステイなどを実施する高中もあるという。

于氏によると、高中だけでなく、大学の日本語学科も年々増加傾向にあり、現在は40以上の大学が同学科を設けているという。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「CX―5」の新モデル発売 台湾マツダ、月間400台見込む(02/24)

マツダの台湾販売統括会社、台湾馬自達汽車(台湾マツダ)は23日、モデルチェンジしたスポーツタイプ多目的…

続きを読む

聯発科の立キ買収、インサイダー取引疑惑が浮上(02/24)

携帯端末向けIC設計世界大手の聯発科技(メディアテック)によるアナログIC設計の立キ科技(リッチテッ…

続きを読む

義隆電子、16年は不振も今年は業績成長へ(02/24)

IC設計を手掛ける義隆電子(ELAN)がこのほど発表した2016年の純利益は前年比20.8%減の6億5,300万台…

続きを読む

広明光電子会社のロボット、海外展開を加速(02/24)

EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の広達電脳(クアンタ)グループで、ストレージ製品やソリッド・…

続きを読む

1月の卸売業売上高、4カ月ぶりマイナス成長(02/24)

台湾経済部(経産省)統計処が23日に発表した1月の卸売業・小売業・飲食業統計によると、卸売業の売上高は…

続きを読む

子供向け体操スクールの飛奇児、来月中国進出へ(02/24)

子供向け体操スクールを運営する飛奇児体操教学系統(フライキッズ)の李シン龍執行長(シン=金が3つ)は…

続きを読む

統一超の1株当たり配当金、過去最高更新(02/24)

流通大手の統一超商(ユニプレジデント・チェーンストア)が22日の董事会(取締役会)で決定した1株当たり…

続きを読む

房地合一、昨年の納税額は財政部目標の6割(02/24)

住宅と土地で異なる税制を一本化するとともに、短期的な売買への税負担を引き上げることを目的とした「房地…

続きを読む

機材10機調達へ、長栄航空元トップの新会社(02/24)

長栄集団(エバーグリーングループ)創業者の故・張栄発氏4男で、長栄航空(エバー航空)の元董事長である…

続きを読む

亜太董事長らの台湾頻寛買収、NCCが承認(02/24)

台湾の通信行政を担当する国家通訊伝播委員会(NCC)は22日、通信会社の亜太電信(APT)の呂芳銘董事…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン