工業団地の販売目標、協会が5割下方修正

インドネシア工業団地協会(HKI)は、今年の用地販売目標を当初の700ヘクタールから半分に引き下げた。上半期(1~6月)の販売が思うように伸びず、5割の下方修正となった。19日付インベストール・デイリーが伝えた。

HKIのサニー・イスカンダル会長によると、1~6月の販売面積は50ヘクタール。8月時点でも125ヘクタールにとどまっており、下方修正後の目標値の半分にさえ届いていない。国内外の景気の冷え込みやコモディティ価格の下落傾向が続いていることが、工業用地の需要を押し下げていると指摘した。

昨年の工業用地の販売面積は348ヘクタールと、2014年の440ヘクタールから2割減少した。主な販売先は飲食品メーカーが全体の31%と最大で、次いで自動車産業が27%で続いた。

全国の工業団地は現在、74カ所にあり、総面積は3万ヘクタール。政府は19年までの国家中期開発計画で、ジャワ島以外の14カ所に工業団地を開発する計画だ。35年までの長期開発計画では36カ所に総面積5万ヘクタール規模の工業団地の開発を目指す。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

損保各社、今年は保険料収入の2桁増を予想(15:37)

インドネシアの損害保険各社は今年、保険事業が2桁成長すると予想している。経済情勢の改善や不動産向け商…

続きを読む

小売り大手エース、今年は12店新設を計画(15:25)

インドネシアのホームセンター大手、米系エース・ハードウェア・インドネシアは今年、10~12店舗を新設する…

続きを読む

テイクオフ:インドネシア出張時に、…(02/24)

インドネシア出張時に、現地のスタッフから両替した紙幣を見せてと言われた。昨年末から新紙幣に切り替え始…

続きを読む

車両アフターマーケット展開幕 参加企業、今年の業況好転に期待(02/24)

インドネシアで初となる自動車のアフターマーケット・チューンアップの展示会「オートプロ2017」が23日、首…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

シボレー新SUV、日系の牙城切り崩し狙う(02/24)

米系自動車大手ゼネラル・モーターズ・インドネシア(GMインドネシア)は23日、新型シボレー・トレイルブ…

続きを読む

中古車市場、7人乗りMPVが堅調(02/24)

インドネシアの今年の中古車市場は、7人乗り多目的車(MPV)の需要が堅調で、明るい見通しとなっている…

続きを読む

富士通フロ、中古車競売システムを提供(02/24)

富士通フロンテック(東京都稲城市)は23日、インドネシアで中古車競売事業を開始するベイオーク・ナスモコ…

続きを読む

首都MRT、清水建設工区の地下鉄進捗75%(02/24)

清水建設は23日、インドネシアの首都ジャカルタの大量高速交通システム(MRT)の建設工事で、大林組ら…

続きを読む

紛争の経済損失、15年はGDPの8.4%(02/24)

米国とオーストラリアに拠点を置く国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP)の試算によると、暴力と紛争…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン