体外受精など、2年連続で6千件超

シンガポールの生殖介助市場が成長している。2015年に体外受精など生殖介助術の実施件数は、2年連続で6,000件を超えた。ビジネス・タイムズが伝えた。

生殖介助術の件数は、12年に5,000件以下だったが、13年は5,519件に増加していた。トムソン生殖センターのロー・セオンフェイ博士によると、生殖介助技術の発展と世間一般への認知度の高まりに連れて、生殖介助を受けたいという女性が増えているという。

シンガポールでは現在、卵子の保存は、抗がん剤治療または放射線治療を受けるがん患者のみに認められている。また、体外受精については40歳以上の女性にしか許されていない。加えて、体外受精のプロセスの中で着床前スクリーニング(着床前に染色体異常の検査を行い、正常な受精卵だけを移植すること)を行うことも禁止されている。同博士によると、国の法律が生殖介助技術の発展に追いついていないという。

しかし、このような環境下でも、シンガポールで生殖介助の件数は増加している。また世界的にも同様の傾向で、最近では米フェイスブックやアップルなどの大企業が、女性役員の卵子保存にかかる費用を負担すると表明した。卵子の保存技術が格段に向上し、信頼性が高まったことが背景にある。日本の最新技術では、90~95%の卵子が損傷を受けずに保存できるとされる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・薬品

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:何事も大ざっぱで細かい…(01/18)

何事も大ざっぱで細かいことは気にしないたちだが、今回はさすがに反省した。 最近、胃にちくちくと痛みを…

続きを読む

12月の輸出額は9.4%増 2カ月連続プラス、増勢に期待(01/18)

シンガポール国際企業庁(IEシンガポール)が17日発表した貿易統計によると、2016年12月の輸出額(NOD…

続きを読む

16年の訪日客17%増、過去最高を記録(01/18)

日本政府観光局(JNTO)が17日発表した2016年の訪日シンガポール人客数(推計値)は前年比17.2%増の36…

続きを読む

金融庁長官、経済改革は「進行中」(01/18)

シンガポール金融管理庁(MAS)のラビ・メノン長官は16日、同国の経済改革は進行中で、今後も生産性を引…

続きを読む

3大銀行、Aa1は維持可能=ムーディーズ(01/18)

米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは17日、シンガポールの3大銀行は今年、資産の質や…

続きを読む

株価続落、コンフォートデルグロは1.6%安(01/18)

17日のシンガポールの株式相場は小幅続落。ST指数の終値は前日比0.35ポイント(0.01%)安の3,012.77。売…

続きを読む

物流不動産GLP、日本と中国で賃貸契約(01/18)

シンガポール政府系の物流不動産大手グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は17日、日本と…

続きを読む

高速鉄道の受注、中国企業連合が自信を表明(01/18)

マレーシアのクアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)事業に関して、中国企業で構…

続きを読む

キャピタランド、ホーチミンでオフィスビル開発(01/18)

シンガポール政府系の不動産開発会社キャピタランドは17日、ベトナム・ホーチミンの中央商業地区(CBD)の…

続きを読む

アリババクラウド、国立大などと協力覚書(01/18)

中国の電子商取引(EC)最大手アリババ・グループ・ホールディング(阿里巴巴集団)傘下でクラウドコンピ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン