体外受精など、2年連続で6千件超

シンガポールの生殖介助市場が成長している。2015年に体外受精など生殖介助術の実施件数は、2年連続で6,000件を超えた。ビジネス・タイムズが伝えた。

生殖介助術の件数は、12年に5,000件以下だったが、13年は5,519件に増加していた。トムソン生殖センターのロー・セオンフェイ博士によると、生殖介助技術の発展と世間一般への認知度の高まりに連れて、生殖介助を受けたいという女性が増えているという。

シンガポールでは現在、卵子の保存は、抗がん剤治療または放射線治療を受けるがん患者のみに認められている。また、体外受精については40歳以上の女性にしか許されていない。加えて、体外受精のプロセスの中で着床前スクリーニング(着床前に染色体異常の検査を行い、正常な受精卵だけを移植すること)を行うことも禁止されている。同博士によると、国の法律が生殖介助技術の発展に追いついていないという。

しかし、このような環境下でも、シンガポールで生殖介助の件数は増加している。また世界的にも同様の傾向で、最近では米フェイスブックやアップルなどの大企業が、女性役員の卵子保存にかかる費用を負担すると表明した。卵子の保存技術が格段に向上し、信頼性が高まったことが背景にある。日本の最新技術では、90~95%の卵子が損傷を受けずに保存できるとされる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・薬品

PR

その他記事

すべての文頭を開く

アジアの金融センター、香港から星や上海へ(12/09)

英ロンドン・ビジネス・スクールと香港大学が共同で実施した調査で、企業幹部の半数が「アジアの金融センタ…

続きを読む

豪社の駐車場事業を買収 パーク24、アジアなどの5カ国で(12/09)

駐車場運営大手のパーク24(東京都千代田区)は7日、アジア太平洋地域を中心に駐車場事業を手掛けるオース…

続きを読む

郵船ロジ、倉庫にスイス社の自動化システム(12/09)

郵船ロジスティクスは8日、シンガポール西部トゥアスの物流施設にスイスのスイスログ社の自動化システムを…

続きを読む

駐車場パーク24、豪最大手買収 5カ国事業掌握、総額180億円(12/09)

日本で時間貸駐車場「タイムズ」を運営するパーク24(東京都千代田区)は8日までに、オセアニアやアジアを…

続きを読む

JNTO、訪日客向け会員制サイトを開設(12/09)

日本政府観光局(JNTO)は8日、シンガポール人を対象にした会員制の訪日コミュニティーサイトを立ち上…

続きを読む

【アジア三面記事】小さな空手家が世界へ(12/09)

■小さな空手家が世界へ インドとパキスタンが領有権を巡って対立するカシミール地方から、1人の小さな空…

続きを読む

公共バス、車内で走行ルート表示を試験導入(12/09)

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は8日、公共バスの車内で走行ルートなどを表示するサービスを試験導入…

続きを読む

空港サービスのドナタ、キャセイと複数年契約(12/09)

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ系の空港サービス会社、ドナタ(dnata)シンガポールは7日、香港のキャセ…

続きを読む

鉄道運賃は世界でも最安水準、公共輸送審議会(12/09)

世界35都市の中でシンガポールの鉄道運賃は最安水準にあることが、シンガポール運輸省の公共輸送審議会(P…

続きを読む

南洋工科大、新たな海洋研究所を開設(12/09)

シンガポールの南洋工科大学(NTU)は7日、油田開発用リグ(掘削装置)大手セムコープ・マリン(セムマ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン