国際医療福祉大、ミャンマー人奨学金受入合意

国際医療福祉大学は16日、ミャンマー保健・スポーツ省と、千葉県成田市に来年4月に新設予定の医学部に優秀なミャンマー人留学生を受け入れるための特別奨学金制度設置の合意書を締結した。

同大の成田キャンパスで調印式が行われ、高木邦格理事長とミン・トゥエ保健・スポーツ相が合意書に署名した。保健・スポーツ省が推薦する学生を大学側で最終選考、合格者2人までに対して医学部を卒業するまでの6年間、入学金や授業料、教材費、生活費など1人当たり計3,000万円の奨学金を供与する。ミャンマー教育省が推薦する学生から2人も選抜し、同様の奨学金を与える予定。

新制度は、ミャンマー人学生が同大の医学部で学んで日本の医師免許を取得、同大の関連病院などで高度な医療技術を習得するため臨床経験を積んだ後、ミャンマーに帰国し、保健医療分野で母国の発展に寄与することを後押ししようというもの。

ミン・トゥエ保健・スポーツ相は調印式後、「これを機にミャンマーと国際医療福祉大学および関連病院との関係が深まることを願う」と表明。高木理事長は「新設医学部の卒業生がミャンマーで活躍され、医療事情の向上に役立てるなら光栄。世界水準を上回る医学教育にまい進していきたい」と述べた。

同大が来年4月、成田国際空港の近くに新設する医学部では、1学年の定員140人のうち、アジア各国などから優秀な留学生20人を受け入れ、アジアの医学界に貢献できる人材を育成する計画で、ミャンマー人留学生に対する奨学金もその一環。同大はすでにベトナムとモンゴルの留学生計7人を選考、医学部奨学金を与えることを決めた。今後カンボジアやインドネシアなどの政府・大学とも協力し、同様の制度を始める予定。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地方生協で日本製品試験販売 日用・化粧品など、ジェトロ支援(02/24)

ミャンマー地方部での日本製品の浸透につなげようと、日本貿易振興機構(ジェトロ)の支援でミャンマー未進…

続きを読む

〔寄り道〕大戦中の日本人戦没者の遺族…(02/24)

第2次大戦中の日本人戦没者の遺族らが先にミャンマーを訪れ、ヤンゴン市内の日本人墓地で献花した。最高…

続きを読む

建設省、道路・橋の通行料廃止を検討(02/24)

ミャンマー建設省は、4月に始まる2017年度から、全国の道路や橋の通行料廃止を検討していると明らかにした…

続きを読む

北部で中国系バナナ農園拡大、住民が懸念(02/24)

中国国境に近いミャンマー北部カチン州のエーヤワディ(イラワジ)川の上流地域で近年、中国人農家がバナナ…

続きを読む

論争の大型開発事業、国会で再検討へ(02/24)

ミャンマーの下院議会は22日、賛否が分かれている大型開発事業を再検討すべきという緊急提案を承認した。電…

続きを読む

たばこ・酒類の税収が年々拡大=副財務相(02/24)

ミャンマーのマウン・マウン・ウィン副計画・財務相は、たばこ・酒類の税収が年々拡大していると明らかにし…

続きを読む

レパダウンの銅山道路封鎖、開発中止訴え(02/24)

ミャンマー北西部ザガイン管区モンユワにあるレパダウン銅山の開発に抗議する地元住民らが21日から、銅山へ…

続きを読む

アジア開銀が初保証、貿易金融でアマラ銀に(02/24)

アジア開発銀行(ADB)は、貿易金融プログラム(TFP)を通じて、ミャンマーの民間ユナイテッド・アマ…

続きを読む

マンダレーの2醸造所、排水垂流し操業停止(02/24)

ミャンマー北中部のマンダレー工業団地にある醸造所2カ所が、工場排水の生物化学的酸素要求量(BOD)が…

続きを読む

LS電線がミャンマー新工場、需要開拓へ(02/24)

韓国電線最大手のLS電線は、ミャンマー・ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)に送電用ケーブルの生…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン