淡水化装置のワイズ、ビサヤで飲料水販売

淡水化装置や浄水器を製造販売するワイズグローバルビジョン(沖縄県うるま市)は、10月をめどにフィリピン中部のビサヤ地方で飲料水の販売事業を始める。水道の整備が遅れている地域に自社の海水淡水化装置を設置し、市販価格より安く提供する。周辺国への展開も検討中で、向こう3年で年商数十億円の事業規模を目指す。

ミニプラント型の海水淡水化装置を据えた販売拠点を設け、市販されているペットボトルの水より安い10リットル約50円で提供する。場所はセブ島の約30キロメートル東に位置するバナコン島で、今年7月に拠点を設置した。自治体から営業許可が下りる10月をめどに運営を始める。

1カ所の拠点で500~1,000世帯の利用を想定している。1日の販売を500件とした場合、売り上げは年間1,000万円前後。バナコン島をモデルに、フィリピンの広域に展開する構想だ。現地で梱包材を製造するカネパッケージ(埼玉県入間市)が販売業務を手掛ける。

ワイズはこれまで、インドネシアやパプアニューギニア、ケニアなどに淡水化装置を納入してきた。フィリピンでは、大型台風で被災したレイテ島に50台を寄贈している。

水道の整備が遅れている地域は、淡水化装置の需要が高い反面、十分な予算がなく購入に至らないという課題がある。このため新事業として、淡水化した飲料水の販売サービスを考案。バナコン島が第1弾となる。柳瀬善史社長は、「販売や設備の管理には、現地の人々を雇用する。水の提供だけでなく雇用面でも地域がうるおうことで、継続できる事業に育てたい」と意気込む。

早ければ11月にも、バナコン島の西にあるオランゴ島に第2弾の拠点を設置する。将来はインドネシアやパラオなど周辺国にも広げたい考えだ。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スーパーの生鮮食品売り…(12/08)

スーパーの生鮮食品売り場で、しばらく考え込んだ。好物であるキウイフルーツの価格が、1個25ペソ(約57円…

続きを読む

オカダマニラが今月開業 カジノ1年目、1千万人目標(12/08)

日本のパチンコ大手ユニバーサルエンターテインメント(東京都江東区)傘下のタイガー・リゾート・レジャー…

続きを読む

新カローラ発売、3割増の月400台販売へ(12/08)

トヨタ・モーター・フィリピン(TMP)は7日、セダン「カローラ・アルティス」(排気量1600~2000cc)…

続きを読む

ネガティブリスト改定、公益施設を除外へ(12/08)

フィリピンの国家経済開発庁(NEDA)は、外国資本の参入や外国人の就業を禁止・制限する分野を定めたネ…

続きを読む

過去の官民事業、現政権に補償金の負担(12/08)

フィリピン財務省は、過去の政権時に計画された官民連携(PPP)事業に絡む訴訟などで、現政権が約1,170億…

続きを読む

5年物国債入札、利回り急上昇で不成立(12/08)

フィリピンの財務省財務局は6日、5年物国債の入札を実施したが、米国の追加利上げを見込んで利回りが急上…

続きを読む

AIIB加盟決まる、上院が批准(12/08)

フィリピンの上院議会は5日、中国が主導する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立協定…

続きを読む

7日株価:1$=49.750(↓)(12/08)

7日のペソ相場は反落した。政府公式レートの終値は前日比0.160ペソ安の1米ドル=49.750ペソ。この日は49.…

続きを読む

ガソリンにメタノール混合、給油所46カ所で(12/08)

フィリピンのエネルギー省は6日、マニラ首都圏などの46カ所の給油所が、規定以上のメタノールを混合したガ…

続きを読む

首都圏の事務所賃貸料、7〜9月は2%上昇(12/08)

米系不動産コンサルタント大手CBREフィリピンは6日、今年第3四半期(7~9月)のマニラ首都圏中央商…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン