蚊媒介のチクングニア熱、デリーで流行の兆し

インドの首都デリーで、蚊を媒介にした感染病「チクングニア熱」が流行の兆しをみせている。保健省はチクングニア熱感染による死者は14日時点で10人となったと発表した。入院患者で5人が死亡した医療大手アポロ・ホスピタルによると、大半は80歳以上の高齢者だったという。ビジネス・スタンダード(電子版)が14日伝えた。

アポロ・ホスピタルは声明で、「過去3週間にチクングニア熱が原因で5人が亡くなり、うち1人は多臓器不全となった」ことを明らかにした。タイムズ・オブ・インディアによると、デリーでは今年、13日時点で感染者の報告が1,057人に上り、患者は高熱を訴えて診察に訪れるという。一方、デング熱は同日時点で1,158人となっている。

チクングニア熱について、日本の国立感染症研究所(東京新宿区)ウイルス第一部の西條政幸部長はNNAに対し、「主にネッタイシマカ(蚊)が媒介となる感染症で、基本的には怖い病気ではない」と説明。「生活環境の質で発症頻度が変わるわけではなく、誰もがかかる危険性がある」と話す。周期的に流行を繰り返すといい、世界的にはアフリカや南アジア、東南アジア、中南米が発生地域となる。

症状としては、発熱や発疹、筋肉痛、頭痛などで、「高血圧や糖尿病などの基礎疾患がある人や高齢者がより重症化するリスクがある」という。日ごろから蚊に刺されないように気をつけることが最善の予防策だと語った。

デング熱との違いについては、ウイルスが異なる点以外は症状だけでの区別は難しく、留意点として「チクングニア熱は後遺症として関節痛が数カ月続くこともある」と説明した。


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の小説に変化が出て…(01/25)

日本の小説に変化が出てきた。海外育ちの著者による、物語の国際化だ。代表的なのは、西加奈子。「サラバ!…

続きを読む

日本製紙、インドに初の拠点 紙カップメーカーを完全買収(01/25)

日本製紙は、インド最大の紙カップメーカーの買収を通じて、同国に初めての製造・販売拠点を設ける。24日に…

続きを読む

ヤマハ発、スポーツバイクの新モデル発売(01/25)

ヤマハ発動機は24日、インドでスポーツバイク「FZシリーズ」の新モデルを発売した。価格は11万9,500ル…

続きを読む

タイヤ業界、米障壁に備え国内保護を強化へ(01/25)

インドネシアのタイヤ業界は、米国のトランプ大統領による保護主義的な貿易政策により同国への輸出が困難に…

続きを読む

スズキの二輪現法、来年度の輸出目標8万台(01/25)

スズキの二輪車のインド子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア(SMIPL)は、2017/18年度(…

続きを読む

二輪TVS、モペッド好調で増収増益(01/25)

インドの二輪車大手TVSモーターが24日発表した2016/17年度第3四半期(16年10~12月)単体決算は、純利益…

続きを読む

鉄鋼19品目、最低輸入価格を撤廃へ(01/25)

インドの鉄鋼省は、鉄鋼製品19品目の最低輸入価格(MIP)について、適用期限の来月4日までで打ち切るこ…

続きを読む

鉄鋼エッサール、米ファンドに株式売却検討(01/25)

インドの鉄鋼大手エッサール・スチールは、米ヘッジファンドのファラロン・キャピタル・マネジメントに株式…

続きを読む

JSWエナジー、10~12月は93%の減益(01/25)

インドの複合企業(コングロマリット)JSWグループ傘下の電力大手JSWエナジーが23日発表した2016/17年…

続きを読む

風力スズロン、グジャラート州で5万kW受注(01/25)

インドの風力発電機器大手スズロン・グループは23日、西部グジャラート州で出力5万400キロワット(kW)の…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン