英語学びながら実務、マリモがサービス開始

不動産開発のマリモ(広島市西区)は、マニラ首都圏タギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)で運営するサービスオフィスで、「半日英語を学びながら、半日働くプラン」を開始した。実務担当者を海外に語学留学させるのが難しいという企業のニーズを取り込む。

サービスオフィス内の部屋を使い、フィリピン英語留学を手掛けるビーイーキャンプの講師が月~金曜日の午前8時半~12時半に4時間のレッスンを行う。カリキュラムは受講者のレベルに応じて作成する。受講者は、午後の空いた時間は安定したインターネット環境が整うサービスオフィスで実務を行える。

レッスンの期間は12週間。料金は個人の場合、16万8,000ペソ(約36万5,000円)に初回登録料5,000ペソ、2人以上のグループレッスンでは1人当たり12万ペソ以下で登録料無料となる。サービスオフィスの利用料は半日で1人500ペソ。レッスンの期間は伸ばすことも可能だ。英語教室を利用する間のコンドミニアムの賃貸についても、マリモが物件を紹介する。

マリモのフィリピン法人マリモ・リアルエステート・フィリピンの沖本信幸社長は、「顧客からの要望を受けて13日から始めた。今後も喜んでもらえるサービスに取り組んでいく」と話した。

ビーイーキャンプは日本人がフィリピンで立ち上げた企業で、同国の工業団地内の日系企業を対象に、駐在員向けの企業内英語研修なども手掛けている。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 商業・サービス建設・不動産社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

サムスンがアヤラと大型契約、空調設備納入(21:00)

韓国・サムスン電子の製品販売やマーケティングを手掛けるサムスン・エレクトロニクス・フィリピン(SEP…

続きを読む

マクドナルド、35億ペソ投じ565店体制へ(18:36)

米ファストフードチェーン、マクドナルドの地場運営会社ゴールデン・アーチス・デベロップメント(GADC…

続きを読む

テイクオフ:オフィスでの昼食がマン…(01/19)

オフィスでの昼食がマンネリ化してきた。正確には牛丼に一本化しつつある。オフィス周辺にレストランは点在…

続きを読む

愛媛の県産品と技術売り込み 初の商談会、知事がPR(01/19)

愛媛県は18日、マニラ首都圏マカティ市で、フィリピンでは初となる商談会を実施した。県内企業6社が参加し…

続きを読む

アヤラ二輪事業、3億ペソ投資で優遇認定(01/19)

フィリピンの財閥アヤラ・グループとオーストリア企業の二輪生産事業は、政府の優遇プログラムである自動車…

続きを読む

17年投資優先計画、製造業の優遇対象拡大(01/19)

フィリピンの投資政策を反映する「2017~19年投資優先計画(IPP)」の草案が17日に公表された。製造業の…

続きを読む

投資委員会、今年は認可額5千億ペソ目標(01/19)

フィリピンの投資委員会(BOI)は17日、今年は5,000億ペソ(約1兆1,369億円)の投資認可を目標としてい…

続きを読む

包括的成長指数で40位、世界経済フォーラム(01/19)

世界経済フォーラム(WEF)が16日発表した包括的成長指数(IDI)ランクで、フィリピンは開発途上国の…

続きを読む

貿易産業省、消費者法違反の罰則強化へ(01/19)

フィリピンの貿易産業省は、消費者法(共和国法第7394号、1992年制定)の改正法案を議会に提出する方針だ。…

続きを読む

保険業界、17年も成長維持見通し(01/19)

フィリピンの保険会社を管理・監督する財務省の保険委員会(IC)は、保険業界が今年も成長するとの見通し…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン