テイクオフ:禁煙広告をよく目にする…

禁煙広告をよく目にする。テレビで映画を見ていると、画面の端っこに「喫煙はあなたの健康を害する」というメッセージ。箱には、喫煙が人体に及ぼす影響が写真で描かれている。インドは日本より禁煙を促す仕組みが確立されている。

それをさらに実感したのが、入国審査だった。到着後に空港の喫煙室で一服してから入国審査の列に並んだ。自分の番になり、パスポートを係官に渡す。「悪いことは言わない。すぐにたばこを止めろ」。係官は自分が発するたばこの匂いに気付いたのか、スタンプを押すまで「禁煙のすすめ」を説き続けた。

インドは「マールボロ」の価格が246ルピー(約370円)など、たばこはおおむね高い。禁煙には良い機会だが、この国では、三輪タクシー(オートリキシャ)の運転手らが渋そうに吸う「ビリー」という格安たばこも存在する。禁煙の意志はまだ弱い。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

大気汚染で空気清浄機の需要増 倍増ペース、日系が存在感(下)(12/09)

インドで深刻な大気汚染が社会問題となる中、今年に入って空気清浄機の売り上げが急激に伸びている。2016年…

続きを読む

国内乗用車販売、11月は1.8%増と低調(12/09)

インド自動車工業会(SIAM)は8日、11月の国内新車販売台数を発表した。乗用車(ユーティリティービー…

続きを読む

【アジア三面記事】小さな空手家が世界へ(12/09)

■小さな空手家が世界へ インドとパキスタンが領有権を巡って対立するカシミール地方から、1人の小さな空…

続きを読む

マヒンドラ、アジア・アフリカで中古車販売(12/09)

インドの自動車メーカー大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)がアジアやアフリカで中古車販売事業に乗り出…

続きを読む

高額紙幣廃止から1カ月、翻弄された印経済(12/09)

インドで高額紙幣の使用が禁止されてから1カ月が経過した。モディ首相の突然の発表を受けて、国内経済は現…

続きを読む

表面実装の台表科、11月売上高は25カ月来最高(12/09)

液晶パネルの表面実装で世界大手の台湾表面粘著科技(TSMT)が発表した11月の連結売上高は前月比1.4%、…

続きを読む

高額紙幣廃止で大混乱に、野党封じ込めの狙いも(12/09)

【ニューデリー共同=佐藤大介】手元にある現金が突如、「紙切れ」になる―。インドのモディ政権が、偽札な…

続きを読む

政策金利据え置き、産業界から落胆の声(12/09)

インド準備銀行(中央銀行)が7日に開いた金融政策決定会合で、政策金利(レポ金利)を6.25%に据え置いた…

続きを読む

米次期政権の影響、インドは小さく=S&P(12/09)

トランプ次期米大統領の新体制の下、政策変更でインドに及ぼす影響は、アジアの国・地域の中では比較的小さ…

続きを読む

鉄鋼タタが労組と合意、英国事業を当面継続(12/09)

インドの鉄鋼大手タタ・スチールは、当分は英国から撤退しない方針だ。インド各紙は7日、タタが英ウェール…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン