バニラエア、日系初のセブ定期直行便

ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)、バニラエアは12月25日から、成田とセブを結ぶ直行便を運航する。日本の航空会社がセブへの定期直行便を開設するのは初めて。国際線の主力であるインバウンド(訪日旅行)需要が落ち着いてきたことから、アウトバウンド(日本人の海外旅行)需要の取り込みも強化する。成田・セブ線の設置を皮切りに、海外リゾート地への就航を拡大したい考えだ。

1日1往復で価格は片道1万4,890円~、機材は180席のエアバス「A320」を使用する。海外リゾートを楽しみたい女性や英語の語学留学生を主なターゲットに、80%超の搭乗率を目指す。

バニラエアはこれまで、海外では台北や香港便などを運航している。成田・セブ線は7番目の国際線で、海外では初のビーチリゾートへの就航となる。広報担当者はNNAに対して、「日本のメディアで頻繁に特集が組まれるほど、セブは注目されている」とコメント。フィリピン南部のミンダナオ島で今月2日に起きた爆弾テロについては、「多少の影響はあるかもしれないが、それを差し引いてもセブの人気は高いと考える」と話した。

リゾート地を選んだ理由には、訪日旅行に対する需要の変化も影響している。バニラエアの国際線はインバウンド向けの利用者が7~8割を占める。最近は訪日旅行の熱が落ち着いてきたこともあり、海外を訪れる日本人を対象としたアウトバウンド向けの路線にも力を入れる。広報担当者は、「セブ線を皮切りに、リゾートやレジャーの旅に適した路線を開拓したい。2018年までは、現在使用しているエアバス『A320』の飛行範囲で次の就航先を考える」と説明。18年以降は、新たな機材の導入を視野に入れつつ、やや遠方の都市も検討していく。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫観光・娯楽

PR

その他記事

すべての文頭を開く

中国系ELPI、5億ドルで再生エネ発電所(18:49)

再生可能エネルギー発電事業を手掛ける中国系エナジー・ロジックス・フィリピン(ELPI)は、北ルソン地…

続きを読む

ダバオからインドネシアへ新航路、運輸省(19:32)

フィリピンの運輸省はインドネシアとの海運効率を高めるため、4月28日に新航路を開設することを明らかにし…

続きを読む

貧困自覚世帯、16年は過去最低の44%(18:50)

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)は16日、自らを「貧困層」と考える…

続きを読む

アジア各国昇給率、軒並み鈍化 日系企業の現地従業員=NNA調査(01/16)

NNAがアジア12カ国・地域の日系企業を対象に現地従業員の賃金動向を調べたところ、2017年は韓国を除く11…

続きを読む

テイクオフ:マニラ首都圏マカティ市…(01/16)

マニラ首都圏マカティ市には高層ビルが林立しているが、エレベーターの不調にいらいらしている人は、毎日ど…

続きを読む

テイクオフ:「一番長い人は8年いる…(01/16)

「一番長い人は8年いるよ」と、笑顔で目の前のネイリストが言う。彼女はといえば、フィリピンのダバオに近…

続きを読む

川砂の供給不足が深刻 調達コスト増大、代替品開発へ(01/16)

香港では、建設現場や内装工事などに欠かせないコンクリートやモルタルの原材料「川砂」の不足が深刻化して…

続きを読む

【リーダーに聞く】受注先の多角化で需要開拓 地場EMS2位、シェア拡大に自信(01/16)

半導体の後工程やハードディスクドライブ(HDD)分野を中心に成長してきたフィリピンの電子産業は今、転…

続きを読む

テロ対策で6億円の機材無償供与、日本政府(01/16)

日本政府は12日、6億円の無償資金協力に関する文書をフィリピン政府と交わした。安倍晋三首相のフィリピン…

続きを読む

【書籍ランキング】12月29日~1月4日(01/16)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『日本の革新者たち 100人の未来創造と地方創生への挑戦』齊藤義明(ビー・…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン