地場の携帯アプリ続々登場、配車やバス予約

ミャンマーで地場ソフトウエア開発企業が、さまざまな携帯アプリを開発している。ゲームのほか、交通や教育、医療関連など市民生活に直結し、ミャンマーの現状に合ったアプリを開発する企業が増えている。週刊誌フロンティア・ミャンマー(電子版)が6日伝えた。

タクシー配車サービスをかねて展開する「ハロー・キャブス」は8月1日、携帯アプリを通じた配車サービスを開始。配車するタクシーはエアコン完備で、車内で無線LANサービス「WiFi(ワイファイ)」や飲料水も提供する。共同設立者マーティン・ナンダ氏は、「当初はアプリが浸透しなかったため、コールセンターを設置した」と説明。運転手の研修やメーター設置を通じ、口コミでブランドイメージを強化する戦略を取っている。

コンビニエンスストアを代理窓口として利用するバス予約アプリ「スターチケット・ドット・コム」は現在、12都市のバス会社12社および代理店400店と提携。アプリの開発者テト・モン・エイ氏は、「2年前にアプリを立ち上げようとした当初は、全てのバス会社に拒否された」と振り返った。

数年前まではアプリ開発に必要な資金は、家族や友人から調達するしかなかったが、現在はシンガポールやマレーシア、タイ、日本、米国など外国からの投資が増えている。ミャンマーのソフトウエア開発企業の成長はまだ始まったばかりで課題も多いものの、将来に対する期待は大きい。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信

PR

その他記事

すべての文頭を開く

16年4~6月の輸出は微増 ガス輸出が低調、貿易赤字は拡大(01/19)

ミャンマー統計局は、2016年度4~6月の3カ月の輸出額が前年同期比2.4%増の27億100万米ドル(約3,062億円…

続きを読む

日産とタンチョン、ヤンゴンで現地生産開始(01/19)

日産自動車とマレーシア系のタンチョン・モーター(ミャンマー)は18日、ミャンマーで自動車生産を始めたと…

続きを読む

長田広告と富士ゼロ、郵便ポスト刷新支援(01/19)

長田広告(愛知県津島市)は、日本の総務省が進めるミャンマー政府への郵便協力の一環として、日本で培った…

続きを読む

鉄道・上水整備など円借款5件、総額940億円(01/19)

日本外務省は18日、ミャンマーの首都ネピドーで樋口建史日本大使とマウン・マウン・ウィン計画・財務副大臣…

続きを読む

シャン州で投資フェア、2月10日に開催(01/19)

ミャンマー投資委員会(MIC)と日本の国際協力機構(JICA)は2月10日、北東部シャン州の中心都市タ…

続きを読む

インフラなど3分野の優遇強化、投資委(01/19)

ミャンマー投資委員会(MIC)は、国内外企業のさらなる投資誘致に向けた新たな方針を明らかにした。国内…

続きを読む

ヤンゴン管区、農業基本計画の策定に着手(01/19)

ミャンマーの最大都市を抱えるヤンゴン管区は、3カ年の農業基本計画(マスタープラン)策定に着手する。ミ…

続きを読む

在外ミャンマー人、425万人に倍増=国連(01/19)

国連人口基金(UNFPA)は18日、母国を離れて海外に住む在外ミャンマー人の数が425万人に上っているとの…

続きを読む

西部ラカインのマウンドー国境で貿易再開(01/19)

ミャンマー西部ラカイン州の北部マウンドーで、治安悪化で中断していたバングラデシュとの国境貿易が昨年末…

続きを読む

国連特使、ラカイン州訪問で「一定の成果」(01/19)

ミャンマーの人権状況を担当する国連特別報告者の李亮喜氏は16日、訪問先の西部ラカイン州シットウェで記者…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン