LNG産業、2百億$投資へ 既存施設利用で新事業加速

オーストラリアの液化天然ガス(LNG)産業で、今後5年間に総額200億豪ドル(約1兆5,500億円)規模の開発投資が行われる可能性が出てきた。西オーストラリア(WA)州と北部準州(NT)で、LNGプロジェクト2件が今後10年間に生産を減らすことが背景。それら既存施設を使えば、費用を抑えた新規のLNGプロジェクトが可能になるためだ。12日付オーストラリアンが伝えた。

石油大手ウッドサイド・ペトロリアムが運営するWA州ノース・ウエスト・シェルフLNGプロジェクトでは、同プロジェクトの陸上LNG生産施設を他のLNGプロジェクトに利用できるという。ノース・ウエスト・シェルフは、操業中のLNGプロジェクトとしては国内で最も古く最大規模だ。

ウッドサイドは今月に入り、WA州沖合のスカボロー(Scarborough)LNGプロジェクトで権益25%を取得。また、同プロジェクト近隣にあるテーベガス田とジュピターガス田の権益も獲得している。

また、オーストラリアで2番目に古いNTのダーウィンLNGプロジェクトでは、オペレーターの米石油大手コノコフィリップスが、チモール海のカルディタ―バロッサ鉱区で基本設計調査の入札を実施。同鉱区のガスを、ダーウィンLNGの生産施設で利用したいようだ。

コンサルティング企業ウッド・マッケンジーの試算によれば、ノース・ウエスト・シェルフとダーウィンの両LNGプロジェクトの既存施設で開放可能な生産余地は、純現在価値で最大80億米ドル(約8,200億円)に上るという。ただ、両LNGプロジェクトの活用は、経済的問題より、参画企業の契約次第という。スカボローLNGプロジェクトのオペレーターは米石油大手エクソンモービル。また、ダーウィンLNGには、地場石油大手サントスが参画している。

ただ、ウッド・マッケンジーは、ウッドサイドが確保した沖合のガス田と陸上施設を利用するには、双方を結ぶパイプラインの建設で70億米ドルの費用がかかるとも指摘している。またシティの試算でも同費用は77億米ドルに上り、年間400万トンのLNGが生産可能になるという。


関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: 天然資源金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】求職者給付の受給延長手続き(01/24)

第222回 野中さん:みらい先生、こんにちは。この度、当社の社員のご主人が人事異動により海外勤務すること…

続きを読む

テイクオフ:日本人も多く住むシドニ…(01/24)

日本人も多く住むシドニー北部リンドフィールドで最近、真夜中に地下水道管が破裂する事故があった。文字通…

続きを読む

豪インフラ監督機関設置 ターンブル政権、中国投資を警戒で(01/24)

オーストラリアのターンブル政権は23日、安全保障の上で重要度が高い港湾や電力資産、水利施設などの重要イ…

続きを読む

米新政権のエネ政策、豪LNG産業の脅威(01/24)

オーストラリアの液化天然ガス(LNG)生産企業は、米トランプ政権が掲げるシェールガス開発を中心とした…

続きを読む

米国なしのTPPも、豪貿易相やNZ首相(01/24)

オーストラリアのターンブル政権は、米国のトランプ大統領が公約通り環太平洋連携協定(TPP)からの離脱…

続きを読む

財務相が訪英、FTAの「基盤づくり」へ(01/24)

オーストラリアのモリソン財務相は22日からの英国訪問で、欧州連合(EU)離脱後の同国との自由貿易協定(…

続きを読む

〔政治スポットライト〕NSW新首相が就任、住宅対策優先(01/24)

オーストラリア・ニューサウスウェールズ(NSW)州のベレジクリアン財務相は23日朝、与党・自由党党首…

続きを読む

リオは電力調達で賭けに負けた=発電公社(01/24)

英豪系資源大手リオ・ティントが、オーストラリア・クイーンズランド(QLD)州グラッドストーンで操業す…

続きを読む

QLDアクランド炭鉱拡張、連邦政府が認可(01/24)

オーストラリア・クイーンズランド(QLD)州の石炭採掘会社ニューホープが提案する同州アクランド炭鉱の…

続きを読む

豪エネジェス、マレーシアの医療市場参入へ(01/24)

オーストラリアの医療関連事業を手掛けるエネジェスは、マレーシア市場への参入を検討している。23日付ビジ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン