モンとカレンの武装勢力衝突、南部ダウェー

ミャンマー南部タニンダーリ管区ダウェー県テチョン村で、少数民族武装組織のカレン民族解放軍(KNLA)とモン民族解放軍(MNLA)が土地の支配権をめぐって衝突した。現地ではモン族がゴム農園を開発しようとしているという。電子メディアのイラワジが伝えた。

新モン州党(NMSP)の広報担当者ナイ・ウィン・フラ氏は、「カレン民族同盟(KNU)メンバーが村に侵入し、うち2人がわれわれの軍事拠点を監視していた。2人を追跡したところ反撃に遭い、短時間の交戦になった」と話した。MNLA側に死傷者はないとしているが、村人によると、KNLA側で1人負傷者が出た。

NMSPは衝突を、昨年10月にミャンマー政府と8つの少数民族武装勢力が交わした停戦協定が守られているかを監視する連邦合同監視委員会に報告。ダウェー管区政府とKNUのダウェー支部にも連絡し、解決に向けた話し合いを提案したという。KNU・KNLAは昨年の停戦協定に署名した勢力の一つ。MNLAは署名していない。

関係筋によると、現地はかつてKNUが支配し、現在はMNLAの勢力下にある。モン族がゴム農園の開発を進めていることから、過去数カ月来、緊張が高まっていた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 農林・水産

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン4郡区の露店主、夜市の運営に抗議(01/20)

ミャンマー最大都市ヤンゴンの4郡区で営業していた露店主ら数十人が、中心部のヤンゴン川沿いのストランド…

続きを読む

ヤンゴン管区、新システムにバス追加投入(01/20)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区のピョー・ミン・テイン首相は、新公共バスシステム向けのバス…

続きを読む

日本支援で初の事業コスト調査 情報開示で海外投資の誘致強化(01/20)

ミャンマーの投資企業管理局(DICA)は19日、国際協力機構(JICA)の支援を受けて初めて実施した国…

続きを読む

〔寄り道〕オバマ米大統領の2期8年…(01/20)

オバマ米大統領の2期8年も終わってみるとあっという間だった。彼の任期中に米経済制裁の解除を取り付け…

続きを読む

米VISA、CB銀とクレジットカード発行(01/20)

米カード大手VISAは17日から、ミャンマー大手の協同組合銀行(CB)とクレジットカードの発行を始めた…

続きを読む

携帯電話サービス税収、9カ月で50億円(01/20)

ミャンマー計画・財務省傘下の国内歳入局(IRD)は、携帯電話の各種サービス使用料に課される5%の商業…

続きを読む

米国に工芸品を初輸出、GSP適用再開で(01/20)

ミャンマー商業省は、地場企業がヤシの木製家具や竹製帽子といった工芸品を米国に輸出すると明らかにした。…

続きを読む

国鉄、ヤンゴン環状線の運行本数を増加(01/20)

ミャンマー国鉄(MR)は、ヤンゴン環状鉄道の運行本数を増やす。ヤンゴンで16日始まった新たな公共バスシ…

続きを読む

ヤンゴンの空閑地問題3年で解決=管区首相(01/20)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区のピョー・ミン・テイン首相は、農地開発目的で民間企業などが…

続きを読む

野菜卸売市場を建設へ、韓国が協力(01/20)

ミャンマー農業・畜産・かんがい省は、野菜卸売市場を建設する計画を明らかにした。品質検査施設も併設し、…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン