蚊を忌避する塗料に注目、関西ペイント製

関西ペイントの家庭用塗料「アレス・アンチモスQ(日本名アレスムシヨケクリーン)」が、ジカ熱、デング熱を媒介するネッタイシマカを忌避できるとして注目を集めている。7日に開幕した建築・建材関連の大型見本市「シンガポール・グリーンビルディング・ウイーク(SGBW)」の関連イベントで紹介された。8日付ビジネス・タイムズが伝えた。

アレス・アンチモスQは、無色無臭の水性塗料。合成ピレスロイド系の殺虫成分ペルメトリンを配合し、ネッタイシマカ、ユスリカ、クモ、シロアリなどの害虫を忌避する効果がある。持続期間は約3年。シンガポールでは唯一、国家環境庁(NEA)から商業販売を認可された蚊よけ塗料だ。NEAの厳しい審査を受けており、通常の使用量では人体に悪影響はないという。

現地法人の関西ペイント・シンガポールはこのほど、ニースーンの自治体(タウンカウンシル)と北部イシュンの公営住宅(HDBフラット)18棟の共有部分にアンチモスQを塗布することで契約を交わした。塗布作業は10月にも開始される。

一般販売は現在、東部デフレーンの小売店「フワスーン・ペインツ」1箇所のみで行われている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 化学・石化

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアのハブと言わ…(01/23)

東南アジアのハブと言われるだけあって、シンガポールを出張で訪れる人は多いと感じる。しかも、シンガポー…

続きを読む

楽観論も不透明感強く、トランプ米政権誕生(01/23)

トランプ米大統領が20日(シンガポール時間21日未明)に就任した。シンガポールの経済界では自国経済への影…

続きを読む

年2~3%の成長で「上出来」、今後10年で(01/23)

シンガポール経済は向こう10年で年2~3%の成長を達成できれば「上出来」だ――。リー・シェンロン首相が…

続きを読む

アセンダス、南部の工業団地を譲渡(01/23)

シンガポール政府系の工業団地開発会社アセンダスは、ベトナム南部ビンズオン省で運営していたアセンダス・…

続きを読む

高級品購入、ブランド知名度より質を重視(01/23)

シンガポールの富裕層は高級品を購入する際、ブランドの知名度よりも品質や美しさを重視する傾向がある――…

続きを読む

【書籍ランキング】1月5日~1月11日(01/23)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『はじめての「FX」ソーシャルトレード入門 勝ち組トレーダーの売買に相…

続きを読む

ゲンダイエージェンシー、現法設立(01/23)

パチンコ店向け広告事業を展開するゲンダイエージェンシー(東京都新宿区)は20日、シンガポールに現地法人…

続きを読む

人材ウィルグループ、豪州と地場の3社買収(01/23)

人材派遣のウィルグループ(東京都中野区)は20日、傘下のウィルグループ・アジア・パシフィック(WAP、…

続きを読む

キッズパブリック、ニチイの医療機関と提携(01/23)

インターネットを通じて小児科医療相談サービスを提供するキッズパブリック(東京都北区)は20日、医療・介…

続きを読む

グーグルの税務調査本格化、幹部を事情聴取(01/23)

インドネシア財務省税務局は19日、ジャカルタの同局本部内でシンガポールに本拠を置く米系グーグル・アジア…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン