シンガのケッペル、ヤンゴン複合開発で合弁

シンガポールの不動産開発大手ケッペル・ランドは7日、ミャンマー大手財閥シュエ・タウン・グループ(STG)が進める同国最大都市ヤンゴンの複合不動産施設「ジャンクション・シティー」で、第2期としてサービスアパートとオフィスビルを共同開発することで合意したと発表した。

ケッペル・ランドの出資比率は40%で、4,860万米ドル(約49億円)を投資する。第2期ではケッペルが持つ「セドナ・スイーツ」ブランドの高級サービスアパートメント(260室)とオフィスを開発。総面積は5万平方メートルとなる。2018年に着工する予定。

ケッペル・ランドの地域投資担当社長ン・オイ・ホイ氏は「ミャンマーの長期的な潜在性を確信している」と指摘。「ヤンゴンは海外直接投資(FDI)や多国籍企業を引き付けており、今回の開発で質の高い滞在先、オフィススペースの需要に対応できる」と語った。

ケッペル・ランドとシュエ・タウンは第1期の23階建て高級オフィスビル「ジャンクション・シティー・タワー」も合弁で開発。ビルは今年5月に完工、来年初めまでに内装を終え、総面積3万3,400平方メートルをリースする予定だ。

ジャンクション・シティーは、ボージョー・アウンサン通りとシュエダゴン・パゴダ通りの交差点に立地。第1期には高級ホテル「パン・パシフィック・ヤンゴン」(25階建て)や商業施設「ジャンクション・シティー・ショッピングセンター」も含まれる。

ケッペル・ランドは、1993年にミャンマーに進出した。ヤンゴンとマンダレーで高級ホテル「セドナ・ホテル」を運営。ヤンゴンのホテルには今年、29階建ての新棟が加わった。


関連国・地域: ミャンマーシンガポール
関連業種: 建設・不動産観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン―中国国境ムセの輸送費上昇(16:46)

ミャンマー北東部シャン州と中国国境ムセを結ぶ幹線道路の混雑を受け、ヤンゴンからムセまでの輸送費が上昇…

続きを読む

独GIZとメコンの物流促進で協力、MIFFA(17:44)

ドイツ国際協力公社(GIZ)は、2016年2月~19年1月の3カ年の物流促進プロジェクト「大メコン圏(GM…

続きを読む

ロヒンギャ問題、対応難しく 高まる批判もスーチー氏沈黙(01/24)

ミャンマー政府は国内の少数民族問題への対応に苦慮している。西部ラカイン州でイスラム教徒少数民族ロヒン…

続きを読む

【日本の税務】求職者給付の受給延長手続き(01/24)

第222回 野中さん:みらい先生、こんにちは。この度、当社の社員のご主人が人事異動により海外勤務すること…

続きを読む

モン州首相の横領発覚と与党執行委=現地報道(01/24)

21日付の地元紙デイリー・イレブンなどによると、ミャンマー与党、国民民主連盟(NLD)の中央執行委員会…

続きを読む

ヤンゴン市中心部の公園、交通ハブに(01/24)

公共交通網改革を進めるミャンマーのヤンゴン管区政府は、市中心部の西側に位置するタキンミャ公園(アロン…

続きを読む

東部パアンのケーブルカー建設、カレン組織など(01/24)

ミャンマー東部カイン州(旧カレン州)の州都パアンにあるズウェカビン山のケーブルカー建設が、カレン武装…

続きを読む

商業省が輸出収入の監視へ、虚偽申告など(01/24)

ミャンマー商業省は中央銀行と連携し、輸出収入の虚偽申告や非正規ルートでの決済の取り締まりに乗り出した…

続きを読む

武装勢力に旧正月中の停戦要請、中国特使(01/24)

中国外務省の孫国祥アジア問題特使は19日、ミャンマー北東部などの4つの少数民族武装勢力から成る「北部同…

続きを読む

ヤンゴン管区、タクシー制度改革着手へ(01/24)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区政府は、タクシー制度の改革に着手する。営業免許の取得を義務…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン