聯発科の8月売上、スマホ需要増で過去最高

携帯端末向けIC設計世界大手の聯発科技(メディアテック)が7日に発表した8月の連結売上高は前月比4.2%増、前年同月比36.1%増の258億7,000万台湾元(約842億円)で、単月ベースの過去最高を更新した。中国のスマートフォン向け需要が旺盛で、チップは品薄状態にあるという。1~8月累計は前年同期比36.2%増の1,791億2,200万元だった。

8月売上高は過去最高を更新したものの、伸びは前月と比べ鈍化している。◇ファウンドリー(半導体の受託製造企業)のチップの生産が需要に追い付かず需給がひっ迫している◇アクティブマトリックス型有機EL(AMOLED)をはじめとするスマートフォン向けの液晶パネルが不足している――ことなどが背景にあるとみられる。

聯発科は第3四半期の売上高は前期比8~16%増の783億~842億元に達すると予測しているが、これを達成するためには9月に売上高276億1,100万元以上を計上する必要がある。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 経済一般・統計IT・通信

PR

その他記事

すべての文頭を開く

アジア各国昇給率、軒並み鈍化 日系企業の現地従業員=NNA調査(01/16)

NNAがアジア12カ国・地域の日系企業を対象に現地従業員の賃金動向を調べたところ、2017年は韓国を除く11…

続きを読む

テイクオフ:台湾らしい春節(旧正月…(01/16)

台湾らしい春節(旧正月)を過ごしてみようと、年貨(年越し用品)の市場が立つ台北の迪化街へと出かけてみ…

続きを読む

デルタが成田~台北から撤退 5月24日で、成田の地位低下影響(01/16)

米航空大手のデルタ航空は今年5月24日を最後に成田~台北(台湾桃園国際空港)路線から撤退する。13日付台…

続きを読む

旺宏と愛普のMCP、クアルコムが採用(01/16)

メモリー世界大手の旺宏電子(マクロニクス)がメモリー設計の愛普科技(APメモリー)と共同開発したマル…

続きを読む

【書籍ランキング】12月29日~1月4日(01/16)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『日本の革新者たち 100人の未来創造と地方創生への挑戦』齊藤義明(ビー・…

続きを読む

瑞軒、今年のTV出荷量は前年比1.5倍も(01/16)

液晶テレビ受託生産大手の瑞軒科技(アムトラン)は、今年のテレビ出荷量が前年比1.5倍近くに増える見通しだ…

続きを読む

通信3社の16年売上高、増収は台湾大哥大のみ(01/16)

通信キャリア大手3社の2016年通年の業績が出そろった。最大手の中華電信の売上高は2,300億800万元(8,297億…

続きを読む

ASUSは4位、4Q世界PC出荷量ランク(01/16)

米IT市場調査会社のインターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)が米国時間11日に発表した20…

続きを読む

力成、中国紫光からの出資受け入れ断念(01/16)

メモリー封止・検査大手、力成科技(パワーテック)は13日に会見を開き、中国・清華大学系の国有ハイテク複…

続きを読む

大立光、1・2月の売上高は前年超えの見通し(01/16)

光学部品大手、大立光電(ラーガン)の林恩平執行長はこのほど開いた業績説明会で、今年1月と2月の売上高…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン