鈴与が倉庫2棟新設、危険品にも対応

Thumb 20160907 thb suzuyo w

鈴与DCタイランドが新設した倉庫(同社提供)

総合物流の鈴与(静岡市清水区)のタイ現地法人で、物流倉庫事業を手掛ける鈴与ディストリビューション・センター(タイランド)=鈴与DCタイランド=は6日、バンコク東郊サムットプラカン県で新たに倉庫2棟を開設したと発表した。危険品を保管する区画や定温庫を設け、付加価値の高い物流サービスを強化する。

新倉庫はバンプリー工業団地近くにある既存の2棟に隣接する。投資額は非公表。建物面積は計1万7,800平方メートルで、既存棟と合わせた建物面積は3万6,400平方メートルとなった。

新倉庫のうち、危険品の保管区画は2,100平方メートル。スプリンクラーや貯水タンク、帯電防止床を完備する。空調室は200平方メートルで、25度からプラスマイナス3度の空調管理が可能。既存棟と同様に全面高床式で、洪水リスクに対応するほか、地盤沈下による段差の発生を防ぐ設計になっている。

鈴与DCタイランドの担当者はNNAに対し、「危険品や温度調整の必要な特殊品を扱うことで、付加価値をつけ、他社と差別化を図っていきたい」と語った。現在9割を占める自動車関連製品をはじめ、医薬品や医療機器、化粧品、食品を取り扱っていく。新倉庫は既に6割のスペースで契約が決まっているという。

鈴与DCタイランドは2005年設立。昨年にタイで2カ所目となる自社倉庫2棟を同地域に開設していた。貸倉庫を含めたタイでの倉庫数は13カ所となった。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料医療・薬品化学・石化建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いち、にー、さん……と…(01/25)

いち、にー、さん……と数えて、ちょうど30秒。バンコクの日系書店でブックカバーをかけてもらった時のこと…

続きを読む

16年輸出は4年ぶりプラス 主要市場が堅調、今年は3.5%増(01/25)

タイ商務省が24日発表した貿易統計(速報値)によると、2016年の輸出額は前年比0.5%増の2,153億2,660万米ド…

続きを読む

昨年の会社登記6.4万件、過去3年で最高(01/25)

タイ商務省商業開発局(DBD)は23日、昨年の会社設立数が前年比7%増の6万4,288件で、資本金の合計額は…

続きを読む

南部コータウン空港拡張、国際線受け入れへ(01/25)

ミャンマーのオン・マウン・ホテル・観光相は、南部タニンダーリ管区のコータウン空港を拡張し、国際線が乗…

続きを読む

新型「マツダ3」投入、新世代技術を搭載(01/25)

マツダは24日、タイで乗用車「マツダ3(日本名アクセラ)」のマイナーチェンジモデルを発表した。新世代…

続きを読む

ASEAN二輪車市場、インドネシア一人負け(01/25)

東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)の統計によると、昨年11月末時点のASEAN域内の…

続きを読む

台湾系タイヤ、19年にインドネ工場を稼働(01/25)

台湾のタイヤ大手、華豊橡膠工業のタイ法人、フアフォン・ラバー(タイランド、HFT)は23日、インドネシ…

続きを読む

韓国潤滑油ZIC、5年内にシェア10%視野(01/25)

韓国の潤滑油メーカー、SKルブリカンツが製造する潤滑油「ZIC」を輸入販売するタイのオラノスは24日…

続きを読む

バイオエコノミー構想、1兆円超の投資狙う(01/25)

タイ政府は23日、バイオ技術の振興に向けた「バイオ経済」構想を打ち出した。向こう10年で3,650億バーツ(約…

続きを読む

化粧品市場、日系の需要拡大=ジェトロ(01/25)

日本貿易振興機構(ジェトロ)ハノイ事務所はこのほど、「ベトナムにおける化粧品・パーソナルケア商品市場…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン