《知財》深セン初の知財鑑定機関、前海に設立

深セン市前海地区でこのほど、知的財産権を対象とした司法鑑定機関が設立した。深セン市に同様の鑑定機関が設けられるのは初めてで、知財紛争の増加に対応する。これまで案件によっては北京市や上海市などの鑑定機関に出向く必要があったが、深セン企業は地元で対応できるようになり、時間とコストの大幅な削減につながる見通し。南方日報などが伝えた。

鑑定機関は「広東公標知識産権司法鑑定所」と「広東安証計算機司法鑑定所」にそれぞれ設置。日本の高等裁判所に相当する広東省高級人民法院などから専門鑑定機関として認められた。北京市や上海市の鑑定機関や専門家に従来頼っていた鑑定全てが深セン市内で行えるため、案件1件当たりの処理時間は半減するとみられている。

特許協力条約(PCT)に基づく深セン市の特許出願件数は昨年1万3,300件を超え、中国本土で12年連続の1位を記録。一方、著作権や特許、技術の侵害などをめぐる争いも増加しており、昨年受理した知財の紛争案件は約1万4,500件に上った。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かなり久しぶりの遭遇に…(01/25)

かなり久しぶりの遭遇に、思わず声が出かかった。オフィス1階でエレベーターを待っていると、隣には高齢の…

続きを読む

【アジア労務データ集】消費者物価指数(98)(01/25)

2016年の中国・香港・台湾・韓国 【The Daily NNA 労務・人事・安全ニュース編集チーム】 第98回 ■中…

続きを読む

家電回収費、下期にも徴収へ リサイクル促進、消費者が負担か(01/25)

香港政府は23日、一部家電のリサイクル費用をメーカー・輸入業者から徴収するための具体案を立法会(議会)…

続きを読む

繁華街に短期賃貸店舗急増、近年で最多(01/25)

旧正月(春節)を間近に控え、香港では繁華街を中心に路面店の短期賃貸の需要が伸びている。旺角、尖沙咀、…

続きを読む

九龍のオフィス賃料1割下落も、CBRE(01/25)

米系不動産仲介大手CBREはこのほど、香港の九龍地区に位置する高級(甲級=A級)オフィスの今年の賃料…

続きを読む

住宅購入に年収18年分、7年連続世界一(01/25)

コンサルティング会社、米デモグラフィアの調査によると、香港市民の2016年の住宅購入負担は年収18.1年分で…

続きを読む

マカオ不動産市場、今年は小幅変動=JLL(01/25)

米不動産総合サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)は先に発表したリポートで、「マカオの…

続きを読む

黄竹坑駅の宅地入札、関心表明39件と人気(01/25)

香港鉄路公司(MTRC)は23日、香港鉄路(MTR)南港島線・黄竹坑駅での住宅開発事業の用地入札につい…

続きを読む

古い工業ビル、消防設備の設置義務化へ(01/25)

香港政府は、1973年以前に完成した工業ビルにスプリンクラーの設置を義務付ける方針を固めた。工業ビル内に…

続きを読む

続伸、本土資源株に買い=香港株式(01/25)

24日の香港株式市場は続伸して取引を終えた。旧正月(春節)連休を控えて材料が少ない中、中国本土で鉄鋼や…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン