メラルコと米テスラ、電池事業での提携検討

フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)はこのほど、電気自動車(EV)大手の米テスラモーターズと小型蓄電池の事業で提携を検討していると明らかにした。9月にもテスラの幹部がフィリピンを訪問し、協議を開始する。30日付スターなどが伝えた。

メラルコのアルフレド・パンリリオ上級副社長によると、両社は提携に向けて、既に電話で協議を行った。同副社長は、「テスラは自分たちのことを自動車メーカーではなく、バッテリー会社だと言っている」と指摘し、テスラと提携する可能性があるのはEV用充電ステーションではなく、小型蓄電池事業との認識を示した。ただ、マニラ首都圏パシッグ市に2年前に開設したEV用充電ステーションへも、テスラ幹部を案内する考えという。

テスラはEV製造のほか、太陽光で発電した電力を貯蔵するバッテリーシステム「パワーウォール」を手掛けている。一方、メラルコは家庭用太陽光パネル事業やEV用充電ステーション運営に進出したい考えで、テスラの技術が役立つとみている。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 自動車・二輪車製造一般

PR

その他記事

すべての文頭を開く

7人乗りSUV市場に初参入 ホンダ、BR―Vの出荷開始(12/09)

ホンダ・カーズ・フィリピン(HCPI)は、今週末から新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「BR―V」…

続きを読む

三菱ふそう、初の専用ディーラーを開所(12/09)

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は8日、マニラ首都圏ケソン市にふそうブランド専用ディーラーを開…

続きを読む

1~11月の新車販売、前年超えの32.5万台(12/09)

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造者協会(TMA)が8日発表した2016年1~11月の新車…

続きを読む

比ドゥテルテ大統領、13~14日に訪問(12/09)

カンボジア外務省は7日、フィリピンのドゥテルテ大統領が13日、14日の日程でカンボジアを訪問することを明…

続きを読む

【アジア三面記事】小さな空手家が世界へ(12/09)

■小さな空手家が世界へ インドとパキスタンが領有権を巡って対立するカシミール地方から、1人の小さな空…

続きを読む

輸出額1千億ドル、到達は19年以降に持越し(12/09)

フィリピンの輸出開発委員会(EDC)は7日、来年の輸出額が今年予測から最大5%増の937億5,000万米ドル…

続きを読む

環境管理局、ECC交付事業の特別検査実施(12/09)

フィリピン環境天然資源省傘下の環境管理局(EMB)はこのほど、環境上の懸念があるプロジェクトの特別検…

続きを読む

11月末の外貨準備高、827億ドルに減少(12/09)

フィリピン中央銀行によると、11月末の総外貨準備高(GIR、速報値)は827億3,420万米ドル(約9兆3,800億…

続きを読む

期限付き預金入札、落札金利が急上昇(12/09)

フィリピン中央銀行が7日に実施した期限付き預金入札(TDF)で、28日物預金の平均落札金利は3.1563%と…

続きを読む

8日為替:1$=49.695(↑)(12/09)

8日のペソ相場は反発した。政府公式レートの終値は前日比0.055ペソ高の1米ドル=49.695ペソ。この日は49.…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン