ブリヂストン、四輪タイヤで新製品

ブリヂストンは、インドで「ファイアストン」ブランドの四輪車用タイヤの販売を開始した。小型車・セダンとスポーツタイプ多目的車(SUV)向けにそれぞれ商品を投入。近い将来、ファイアストン・ブランドのみで100万本を販売する計画だ。

今月に小型車・セダン向けに「FR500」、SUV向けに「LE02」を発売した。小売価格はそれぞれ2,200ルピー(約3,350円)と5,500ルピーから。ファイアストンをインドで展開するのは初めて。

製造は西部マハラシュトラ州プネ近郊のチャカンと中部マディヤプラデシュ州インドールの両工場で手掛ける。チャカン工場の乗用車向けタイヤの日産能力は1万本、インドールは同1万5,000本。現地法人ブリヂストン・インディアの関係者はNNAに対して、ファイアストンの生産量は非公表としたが、「新ブランド投入で顧客基盤を広げる」と話した。

ブリヂストンは、インドの乗用車タイヤで上位シェアを持つ。同社は1988年に米国に本拠を置くファイアストンを買収、同年に完全子会社化した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車製造一般

PR

その他記事

すべての文頭を開く

アショカ、ビハールの電化案件を受注(15:23)

インドのインフラ開発会社アショカ・ビルドコンは7日、東部ビハール州で計画されている電化案件を配電会社…

続きを読む

マヒンドラ、アジア・アフリカで中古車販売(15:22)

インドの自動車メーカー大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)がアジアやアフリカで中古車販売事業に乗り出…

続きを読む

タイの卸売りサイアム、数年内にインド進出(13:03)

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下で卸売りチェーン「マクロ」を展開するサイアム・マ…

続きを読む

テイクオフ:世界的な玩具メーカー、…(12/08)

世界的な玩具メーカー、レゴにインド生まれの最高経営責任者(CEO)が誕生する。今年60歳のパッダ氏は12…

続きを読む

大気汚染、高まる市民意識 車中でもマスクを=医務官(上)(12/08)

インドで大気汚染に対する市民の意識が高まっている。今年は、ヒンズー教の大祭「ディワリ」(10月30日)の…

続きを読む

高額紙幣問題で小型車生産伸び悩み=調査会社(12/08)

調査会社IHSマーキットは、高額紙幣問題の影響で国内の小型自動車の生産が打撃を受けると予測している。…

続きを読む

印アダニの炭鉱に青信号、地元雇用を確約(12/08)

インドの複合企業アダニ・グループがオーストラリア・クイーンズランド(QLD)州ガリリー盆地で計画する…

続きを読む

準備銀、政策金利6.25%に据え置き(12/08)

インド準備銀行(中央銀行)は7日に開いた金融政策決定会合で、政策金利(レポ金利)を6.25%に据え置くこ…

続きを読む

豪紙に反炭鉱の意見広告、主要シンクタンク(12/08)

「石炭の経済的意味について本当のことを語る時だ」――。シンクタンクのオーストラリアン・インスティチュ…

続きを読む

国境貿易の停滞、影響は軽微=商業相(12/08)

ミャンマー少数民族武装勢力による攻撃で国境貿易が停滞している問題で、タン・ミン商業相が全体への影響は…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン