4G新周波数帯の入札、10月にも詳細公表

第4世代移動通信システム(4G)向けに開放する新たな周波数帯の入札の詳細が、早ければ10月にも公表される見通しとなった。実施は来年の予定で、4G向け周波数帯の入札では3回目となる。29日付工商時報が伝えた。

台湾交通部(交通省)と国家通訊伝播委員会(NCC)はこのほど、3回目の入札で新たに1800メガヘルツ(MHz)帯を開放することや、入札単位を10MHzとし、1800MHz帯の計30MHz、2100MHz帯の計120MHzを対象とすることなどで概ね合意した。このうち既に第3世代移動通信システム(3G)で使用されている2100MHz帯の入札については、まず帯域の入札を実施した上で、落札業者間でどの単位を取得するかの入札を再び行う2段階方式を新たに採用する予定。

新たに開放する帯域の最低落札額はまだ決定していないが、過去の実績から入札単位が小さいほど落札額は跳ね上がる傾向にあり、3回目の入札についても市場予想の落札総額500億台湾元(約1,600億円)を上回る可能性がある。

交通部とNCCは、来月にも新帯域の入札規則に関する討論会を開く予定で、早ければ10月に行政院(内閣)の承認が得られる見込み。入札の実施は、来年半ばか遅くとも来年第3四半期に予定されている。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ウーバー、既存タクシー配車へ 2月から、方針転換で歩み寄り(01/20)

米ウーバー・テクノロジーズの配車サービス「UBER(ウーバー)」を台湾で運営する台湾宇博数位服務(ウ…

続きを読む

アマゾンの台湾データセンター、年内設置も(01/20)

米インターネット通販大手アマゾン・コムのクラウドサービス、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の中華…

続きを読む

きょう体の可成が江蘇に新会社、生産能力増強へ(01/20)

金属きょう体台湾大手の可成科技(キャッチャー)は18日の董事会(取締役会)で、1億米ドル(約114億9,100…

続きを読む

TSMCの南科5ナノ工場、年内着工へ(01/20)

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が南部科学工業園区(南科)…

続きを読む

タッチパネル不振、上場企業の昨年売上高23%減(01/20)

タッチパネルの製造を手掛け、株式市場に上場している台湾企業の2016年の合計売上高は約1,739億7,100万台湾…

続きを読む

車部品の東陽トップ、今年のAMも楽観(01/20)

自動車部品大手、東陽事業集団の呉永祥総裁はこのほど、今年のアフターマーケット(AM)事業について「引…

続きを読む

協力企業への出資増やす、シャープ、カメラ部品(01/20)

【共同】シャープが、スマートフォン向けカメラレンズを製造するカンタツ(栃木県矢板市)への出資比率を、…

続きを読む

中裕のエイズ薬、今期にも米FDAに販売申請(01/20)

エイズ治療薬の研究開発を手掛ける中裕新薬(タイメッド・バイオロジクス、TMB)は、エイズ治療薬「TM…

続きを読む

正新、タイヤの販売価格最大5%引き上げも(01/20)

タイヤ大手の正新橡膠工業(CST)はこのほど、昨年から続く原材料価格の上昇を受け、タイヤの販売価格を…

続きを読む

デジタルガレージ、HappyGo会員向けECサイト(01/20)

ジャスダック上場でインターネット関連事業などを手掛けるデジタルガレージ(東京都渋谷区)は19日、共通ポ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン