第1四半期の観光収入、2%増の54億Sドル

シンガポール政府観光局(STB)が29日発表した第1四半期(1~3月)の観光統計によると、同期の観光収入は前年同期比2%増の54億Sドル(約4,060億円)となった。買い物、宿泊、飲食が堅調だった一方、観光・娯楽・カジノが不振で、小幅な伸びにとどまった。

観光収入の内訳は、買い物が25%増の11億9,900万Sドル、宿泊が7%増の11億6,600万ドル、飲食が14%増の6億600万Sドル。一方、観光・娯楽・カジノは10億7,900万Sドルと、21%も減少した。その他は13億6,100万Sドル。

観光・娯楽・カジノを除いた観光収入は10%増の43億3,300万Sドル。旅行者の国・地域別の支出額は、中国が19%増の7億9,000万Sドルで最大だった。2位はインドネシアで、10%増の5億8,800万Sドル。日本は6%増の2億6,200万Sドルで、インド(37%増の2億8,500万Sドル)に次いで4位に付けている。

第1四半期の外国人旅行者数は前年同期比14%増の約410万人。中国からの旅行者が約74万7,000人と47%増え、けん引役を果たした。

■1~6月の旅行者13%増

STBは先に、6月の外国人旅行者数を公表している。全体で126万9,120人となり、前年同月から7.1%増加した。旅行者の国・地域別では、インドネシアが1.5%減の23万4,840人で最大。中国が53.2%増の22万1,373人で、これに次ぐ。日本は3.1%増の5万4,931人だった。

1~6月の累計では、全体で前年同期比12.5%増の816万9,192人。国・地域別では中国が55.2%増の147万2,654人で、トップに立っている。2位はインドネシアで、7.3%増の141万2,756人。日本は3.6%増の36万6,436人だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽

PR

その他記事

すべての文頭を開く

人工知能技術への取り組み紹介 NEC、海外初の大型イベント開催(01/20)

NECとアジア太平洋地域統括会社NECアジア・パシフィック(NEC APAC)は19日、シンガポールで人…

続きを読む

車両購入権の割り当て、2~4月は9%増(01/20)

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は19日、2月から4月までの車両購入権(COE)割当量を前期比8.9%増…

続きを読む

12月新車台数は7%増、BYD車も初登録(01/20)

シンガポールの陸上交通庁(LTA)が発表した2016年12月の乗用車の新規登録台数は前年同月比6.5%増の6,7…

続きを読む

【アジア三面記事】水牛が大暴れ(01/20)

■水牛が大暴れ モー、大変だ――。ベトナム南部タイニン省で、水牛が大暴れして6人が病院に担ぎ込まれた…

続きを読む

NTU、スマートモビリティーの大規模実験(01/20)

シンガポールの南洋工科大学(NTU)は18日、環境に配慮しながら円滑で安全な都市交通網を整備するスマー…

続きを読む

食材宅配ブルーテーブル、設立イベント(01/20)

日本食材の宅配サービスを手掛けるブルーテーブル(東京都中央区)は18日、シンガポールでの事業開始を記念…

続きを読む

外食ABR、ニョニャ料理の飲食店買収(01/20)

米国のアイスクリームチェーン「スウェンセンズ」をシンガポールで展開する外食サービスのABRホールディ…

続きを読む

日系家具ベンチャー、日本市場に本格参入(01/20)

シンガポールを拠点とする日系の家具ベンチャー、カマルク(KAMARQ)ホールディングスが18日、日本市場に本…

続きを読む

不動産投資ストレーツ、大阪の賃貸住宅取得(01/20)

シンガポールのコングロマリット(複合企業)ストレーツ・トレーディングは18日、傘下の不動産投資会社スト…

続きを読む

アスコット、中国でサービス住宅6軒を運営(01/20)

シンガポール政府系の不動産開発会社キャピタランド傘下でサービスアパート運営大手のアスコットは19日、中…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン