ソフトバンク、ベトナムでロボット販売

ソフトバンクテレコム・ベトナムは、9月からベトナム国内でロボットの販売に乗り出す。ソフトバンクロボティクス(東京都港区)のヒト型ロボット「NAO(ナオ)」を投入し、並行して地場IT大手FPTなどソフトウエア開発企業にアプリの開発を促し、使い方の拡大を図る。

Thumb 20160829 icn     .w

ソフトバンクテレコム・ベトナムはロボット「NAO」を販売する=26日、ハノイ

ソフトバンクテレコム・ベトナムのハノイとホーチミン市のオフィスで直販し、定価は1万米ドル(約100万円)に設定する。発売を控えた26日、同社はハノイ市内でソフトウエア開発の企業関係者や研究者など約100人余りを招いてロボットセミナーを開催し、NAOを紹介した。

NAOは身長58センチで二足歩行し、見る・聞く・話す・感じるなどの感覚機能を備える。世界各国で既に約1万台の販売実績があり、アプリを搭載して店頭や公共施設での案内役などに利用されている。ベトナムでも案内役のほか、英会話学校などでも活用を見込む。ソフトバンクテレコム・ベトナムの森本隆史社長は、本格的な普及に向けては、「価格に見合う用途を広げること。そのためにもアプリの開発がカギ」とみている。

ソフトバンクテレコム・ベトナムは、日系企業のITインフラ整備などを主に手がけるが、今年に入って地場タクシー大手マイリン・グループと無線通信Wi―Fi(ワイファイ)を使ったサービスの実証実験を行うなど非日系向けビジネスを拡大している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信

PR

その他記事

すべての文頭を開く

食品の製販に審査厳しく 新商品の認可取得、長期化の傾向(01/20)

食品・飲料メーカーや小売業者への、当局による審査が厳格化する傾向が強まっている。日系のメーカーによる…

続きを読む

16年の自動車販売トップ10、トヨタは3車種(01/20)

2016年のベトナムにおける車種別の自動車販売台数は、トップ10にトヨタが3車種、韓国の起亜自動車と米フォ…

続きを読む

【アジア三面記事】水牛が大暴れ(01/20)

■水牛が大暴れ モー、大変だ――。ベトナム南部タイニン省で、水牛が大暴れして6人が病院に担ぎ込まれた…

続きを読む

チュオンハイが農機に進出、韓国と提携で(01/20)

ベトナムのチュオンハイ自動車(Thaco)が17日、農業機械の製造・販売で、韓国企業と提携した。18日付…

続きを読む

ハイフォン港がインフラ使用料徴収、不満相次ぐ(01/20)

ベトナム北部ハイフォン市が年初から始めた港湾インフラ使用料の徴収に対して、企業から不満の声が出ている…

続きを読む

25~35年までのガス産業発展計画を承認(01/20)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相はこのほど、天然ガスの採取量目標として2035年に210億立方メートルと…

続きを読む

韓国西部発電、中部の発電所建設で覚書(01/20)

韓国電力公社系の韓国西部発電は17日、中部クアンチ省人民委員会と石炭火力発電所の建設に向けた覚書(M…

続きを読む

国営ビナケム、16年は8.4%減収(01/20)

国営ベトナム化学グループ(ビナケム)はこのほど、2016年の売上高が前年比8.4%減の42兆ドン(18億6,144万…

続きを読む

ギソン製油所、近辺の港湾に企業が懸念(01/20)

北中部タインホア省のギソン製油所近辺の港湾インフラが貧弱であるとして、各企業が懸念を示している。18日…

続きを読む

ゼネコンITD、ラオスで水力発電所受注(01/20)

タイのゼネコン大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)は18日、ラオスで水力発電所の建設を受注し…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン