ハネウェル、ペナンに飛行制御機の生産移管

機械世界大手のハネウェルは年内をめどに、米航空大手ボーイングのB787型機向け飛行制御システムの製造を米国からマレーシア・ペナン州に移管する。スター(電子版)が22日に報じた。

ハネウェル・アジア太平洋部門のブライアンド・グリー社長が明らかにした。ペナンで製造した飛行制御システムは、米国工場で機体への組み込みが行われる。ペナン工場は現在22万平方フィート(約2万438平方メートル)の広さだが、まだ余剰スペースがあるため、拡張は行わない。

ハネウェルのペナン工場は2009年に操業開始し、旅客機、軍用機などの航空電子工学統合システムを製造している。旅客機向けでは、自動操縦装置、電子フライトディスプレー、天候レーダー、ナビゲーションシステム、飛行管理システムなどが含まれる。

グリー社長によると、ペナンでは、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内での需要増に対応し、航空機の部品のMRO(整備・修理・分解点検)事業についても今後、体制を整える計画だ。具体的な時期は未定だが、域内での事業拡大に伴い、物流センターの新設も検討しているという。

ハネウェルは先ごろにも、クアラルンプールでの地域ハブ設立を発表している。


関連国・地域: マレーシアASEAN米国
関連業種: 製造一般運輸・倉庫

PR

その他記事

すべての文頭を開く

今年の新車販売1.7%増予測 自動車協、16年は前年比13%の激減(01/20)

マレーシア自動車協会(MAA)は19日、2017年の新車販売台数が前年比1.7%増の59万台程度になるとの予測を…

続きを読む

昨年12月新車販売、6.6%減の6.5万台(01/20)

マレーシア自動車協会(MAA)は19日、2016年12月の新車販売が前年同月比6.6%減の6万4,822台だったと発…

続きを読む

【アジア三面記事】水牛が大暴れ(01/20)

■水牛が大暴れ モー、大変だ――。ベトナム南部タイニン省で、水牛が大暴れして6人が病院に担ぎ込まれた…

続きを読む

17年のGDP成長率4.5%予想=MIER(01/20)

政府系シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は19日、最新の経済調査報告を発表し、2017年の国内…

続きを読む

RM=25.7円、$=4.45RM(19日)(01/20)

為替(1月19日午後5時時点) 1リンギ=25.7491円、100円=3.8836リンギ 1米ドル=4.4520リンギ、…

続きを読む

スンガイブローの大型開発、一部事業者決定(01/20)

公的年金に当たる従業員積立基金(EPF)の不動産開発子会社で、スランゴール州スンガイブローの都市開発…

続きを読む

不動産マンモスエンパイア、モール売却失敗(01/20)

不動産開発を手掛けるマレーシアのマンモス・エンパイア・ホールディングス(MEH)は、先月末までに予定…

続きを読む

政府系投資会社、高速運営SILKを買収(01/20)

マレーシアのシルク・ホールディングス(SHB)は18日、傘下の高速道路運営会社システム・リンカラン・ル…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン