国営製鉄、圧延鋼帯の第2生産拠点を着工

インドネシアの国営製鉄クラカタウ・スチールは22日、バンテン州チレゴンの工業団地クラカタウ・インダストリアル・エステート・チレゴン(KIEC)で、連続熱間圧延機(ホット・ストリップ・ミル、HSM)施設「HRC第2工場(HRC2)」を着工した。2019年1~3月(第1四半期)の稼働を目指す。

ドイツのエンジニアリング大手SMSグループとの合同プロジェクトで、両社のコンソーシアム(企業連合)とクラカタウ・エンジニアリングが建設を担当する。生産能力は年間150万トン。同日付コンタンによると、総工費は3億8,180万米ドル(約385億円)で、このうち2億6,005万米ドル分をドイツの信用保険大手ユーラーヘルメスから調達した。

同日に記者会見したクラカタウ・スチールのスカンダル社長は「HRC2が完成すれば、圧延コイルの生産量を現在の年産240万トンから390万トンに拡大できる。他の施設でも拡張を進め、年産400万トンを目指す」と話した。現在同社では圧延鋼板や圧延鋼帯などの製品が売り上げの中心を占めており、14年には売上高の6割に達した。

インドネシア投資調整庁(BKPM)のトマス・レンボン長官は、新しいHSMが国内に設置されることで「鉄鋼輸入増による貿易赤字の是正につながる」と述べ、国内の鉄鋼産業の活性化に期待を示した。

HRC2で生産される圧延鋼帯は幅が600~1,650ミリ、厚さが1.4~16ミリとなる計画。自動車業界や建設業界向けに売り込みを進める。

Thumb 20160823 idr krakatau steel w

クラカタウ・スチールのHRC2着工式に参加した関係者=22日、バンテン州チレゴン(BKPM提供)


関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

首都空港第3ターミナル、4月に国際線開業(16:31)

インドネシアの国営空港運営アンカサ・プラ(AP)2は、首都ジャカルタの玄関口であるスカルノ・ハッタ国…

続きを読む

工業団地の投資促進策、18カ所を対象に追加(16:19)

インドネシア投資調整庁(BKPM)は、投資の原則認可を取得した企業が、環境認可などの交付を待たずに工…

続きを読む

首都圏LRT事業、国鉄の出資を検討(15:05)

インドネシア運輸省は、国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)によるジャカルタ首都圏のLRT(軽量軌…

続きを読む

テイクオフ:王様、王様と言われるド…(02/21)

王様、王様と言われるドリアンは一方で、ふびんな説明のされ方が多い。『精選版 日本国語大辞典』では、次の…

続きを読む

アストラ本社ビルで上棟式 清水建設が施工、9月完工(02/21)

清水建設がインドネシアの首都ジャカルタで手がける超高層ビル「ムナラ・アストラ(アストラ・タワーの意味…

続きを読む

インフラ予算調達、民間からの融資強化(02/21)

インドネシア政府は、インフラ事業の資金調達で融資誘致を強化する。国営建設傘下の高速道路開発ワスキタ・…

続きを読む

クロスコープ、全海外拠点でビズラボ提供へ(02/21)

インキュベーションサービスを展開するソーシャルワイヤー(東京都新宿区)は20日、シンガポールの業界デー…

続きを読む

ホンダ二輪、メダンに大型モデル販売店(02/21)

インドネシアの二輪最大手アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は19日、北スマトラ州メダンで大型モデルに…

続きを読む

米国への加工飲食品輸出、10億米ドル予想(02/21)

インドネシア飲食品業者連合(Gapmmi)は、米国への今年の加工飲食品輸出が、前年比約11%増の10億米…

続きを読む

三井物産出資パイトン、カタール社が株式取得(02/21)

三井物産らが出資するインドネシアの独立発電事業者(IPP)、パイトン・エナジーに、カタール国営の発電…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン