国内ガスの供給拡大策導入 豪連邦・州政府エネ相が合意

オーストラリアの連邦・州政府は、19日に開催されたオーストラリア政府協議会(COAG)のエネルギー相会議で、ガスパイプラインを独占している企業に対し、国内ガス供給を拡大させるよう規制を導入することで一致した。また、電力料金の値上げ対策として、ニューサウスウェールズ(NSW)州と南オーストラリア(SA)州を結ぶ送電施設の建設を、2年以内に実現させることで合意した。

21日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューによれば、連邦と州政府の各エネルギー相は、パイプライン最大手APAグループや、中国大手送電会社の国家電網公司傘下のインフラ企業ジェメナを規制の対象とする見込み。2社はいかなる規制も、関連部門への投資を阻害すると反対している。

連邦政府のフライデンバーグ・エネルギー・環境相は、同会議の成果として「各州・準州のエネルギー相は、ガス市場の競争を高めるための包括的改革を実施することで一致した」と述べた。同会議はまた、ガス取引ハブの設置などを含めた、ガス市場の改革を検討する諮問委員会を発足させている。

エネルギー大手AGLエナジーは、ガス市場の透明性を高める市場改革やインフラ開発の促進を支持するとしている。

オーストラリア・エネルギー市場委員会(AMEC)は先に、ガス取引センターの2カ所設置とパイプライン所有者に余剰容量を開放させることを提案している。

■州間送電設備関連の認可を迅速化

電力会社トランスグリッドが、5億豪ドル(382億円)規模で計画しているNSW州~SA州間の新規送電施設の建設については、建設認可や環境認可を迅速に行うことで連邦と各州政府が合意した。NSW州政府は昨年、トランスグリッドの電力資産99年リース権を、アラブ首長国連邦のアブダビ投資庁(ADIA)が参加するコンソーシアムに売却している。

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の報告書によれば、同送電施設によりSA州の世帯が1年間に支払う電力料金が100豪ドル安くなるという。

■再生エネ発電の供給コストを明らかに

各州政府はまた、国内電力問題に関連し、発電量が増加している再生可能エネルギー発電について、石炭を燃料とする火力発電所の閉鎖により、国内の電力卸売りスポット市場である全国エネルギー・マーケット(NEM)への電力提供コストを明らかにするよう連邦政府から求められている。


関連国・地域: 中国オーストラリア中東
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス建設・不動産社会・事件政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア機捜索を停止、3カ国が声明(17:18)

マレーシア、オーストラリア、中国の3カ国は17日、2014年3月に消息を絶ったマレーシア航空MH370便の捜索…

続きを読む

テイクオフ:オーストラリアで有名な…(01/17)

オーストラリアで有名な帽子ブランド「アクーブラ」の製品は、チベットで人気が高いようだ。あるチベット人…

続きを読む

豪M&A、今年活発化見込み 資源相場の改善で(01/17)

オーストラリアの資源企業は今年、M&A(合併・買収)活動を活発化させる見込みだ。コモディティー相場の…

続きを読む

豪首相、TPPの早期承認で米懐柔狙う(01/17)

オーストラリアのターンブル首相は、連邦議会が環太平洋連携協定(TPP)で承認をできる限り早期に得るこ…

続きを読む

豪政権、前首相の再生可能エネ目標廃案却下(01/17)

オーストラリアのターンブル政権は、アボット前首相が提案する、再生可能エネルギー目標(RET)の廃止案…

続きを読む

豪経済、トランプ旋風にもろい?(01/17)

オーストラリア経済は、トランプ旋風による米経済の変革の影響を受けやすい――。オーストラリアのファンド…

続きを読む

〔政治スポットライト〕米次期国務長官の対中強硬姿勢、豪に影響か(01/17)

オーストラリアが今後、南シナ海での米国と中国の対立に巻き込まれる可能性が一段と高まっている。米国の…

続きを読む

豪当局、「生保業界は一刻も早く再編を」(01/17)

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)とオーストラリア金融監督庁(APRA)は国内の生命保険企業に…

続きを読む

豪デュエット、香港の長江基建が買収で合意(01/17)

オーストラリアのエネルギー関連インフラ会社デュエット・グループの取締役会は16日、香港の長江和記実業(…

続きを読む

WA州でダムの脱塩事業、異例の民間主導(01/17)

西オーストラリア(WA)州政府がこのほど、民間企業が主導するウェリントンダムの脱塩プロジェクトを承認…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン