有権者登録に新機器導入、選管が6千人育成

カンボジア選挙管理委員会は18日、有権者登録に使用する最新機器を導入したことを明らかにした。9月1日の登録開始に先駆け、6,000人以上のスタッフに使用方法などを指導する。プノンペン・ポスト(電子版)が19日に伝えた。

パソコンなどで電子制御できる最新機器は、日本と欧州連合(EU)が提供した。選管のシク・ブンホク委員長は「機器の導入は遅れたが、登録開始に向けた準備は順調に進んでいる」と述べた。

選管によると、6,000人のスタッフのうち、現時点で60%がパソコン利用を習得しており、有権者登録の開始が遅れることはないという。有権者登録に現場スタッフやモニター画面での管理、情報省の認証データベースを活用するため、透明性が高まるとも強調している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

カンボジアに友好の食品工場 徳島商高など、地方活性に弾みも(01/23)

日本の地方団体がカンボジアで進めるユニークな取り組みが実を結び始めている。徳島県立徳島商業高校(徳島…

続きを読む

SEZ外への日本投資、過去最高880億円(01/23)

カンボジア開発評議会(CDC)は、2016年通年の経済特区(SEZ)外への海外企業による投資状況を公表し…

続きを読む

クメールHD、中国社と魚養殖事業を計画(01/23)

金融サービスなどを手掛ける地場クメール・ホールディングスは、香港を拠点とする中国海洋捕撈と提携し、1…

続きを読む

エアアジア、人材育成などへ事務所開設(01/23)

マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアは、カンボジアに事務所を開設する見通しだ。同国の航空業界…

続きを読む

ゲンダイエージェンシー、現法設立(01/23)

パチンコ店向け広告事業を展開するゲンダイエージェンシー(東京都新宿区)は20日、シンガポールに現地法人…

続きを読む

デリバティブ営業免許の付与、一時中止へ(01/23)

カンボジア証券取引委員会(SECC)は、デリバティブ(金融派生商品)取引に関する一部の免許の付与を一…

続きを読む

鉄鋼ポーンプロム、カンボジアで太陽光事業(01/23)

鉄鋼・非鉄製品を販売するタイのポーンプロム・メタルは19日、カンボジアの発電事業への投資の継続、太陽光…

続きを読む

複合TPG、二輪車生産で中国企業と合弁(01/20)

カンボジアのコングロマリット(複合企業)トライ・フィープ・グループ(TPG)は18日、中国企業と合弁で…

続きを読む

電気電子機器廃棄物、1人当たり年1.1キロ(01/20)

国連大学が16日に発表した最新調査で、カンボジアの電気電子機器廃棄物(Eウェイスト)の1人当たり発生量…

続きを読む

今年初の証券担保型オペ、供給額は前回超え(01/20)

カンボジア中央銀行は18日、今年に入って初となる証券担保型流動性供給オペレーション(LPCO)の入札を…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン