文秀ホンダ、4モデルで初の省エネ車認証

ホンダの自動二輪車合弁会社である文秀ホンダは18日、同社の完全ノックダウン(CKD)生産の4モデルが、政府の定める省エネ車(EEV)基準を満たし、認証を取得したと発表した。国内で自動二輪車メーカーがEEV認証を取得するのは今回が初めてとなる。同社の今年1~7月の生産台数のうち、EEV基準を満たしたモデルは全体の83%を占めるという。

文秀ホンダは、8月1日付でマレーシアの陸運局(RTD、JPJ)から認証を取得した。同社によると、エンジン排気量が101~150ccの二輪車のEEV基準は、走行距離100キロメートル当たりのガソリン消費量が2.2リットル未満と定められている。

基準を満たして認証を取得した4モデルは、エンジン排気量110ccの主力車である小型のカブタイプ「EX5ドリームFi」のほか、同110ccの「ウェーブ・ダッシュ(Fi)」、125ccの「フューチャーFi」、110ccの「ウェーブ・アルファ」。このうち、EX5ドリームFi、ウェーブ・ダッシュ(Fi)、フューチャーFiの3モデルは燃料噴射装置(FI)を導入し、燃費性能を大きく向上させたモデルで、走行距離100キロ当たりのガソリン消費量が基準を18%下回る1.8リットルとなっている。ウェーブ・アルファのガソリン消費量は同1.9リットル。

同社の今年1~7月の生産台数は5万8,934台で、これら4モデルが占める割合は83%に当たる4万9,324台に達した。販売店では、該当モデルのフロントライトにEEV認証取得モデルであることを示すロゴを表示。うちFI実装モデルにはその表示も行うという。

EEV認証は、政府が2014年に改定した国家自動車政策(NAP)に盛り込まれたもので、政府は20年までに車両全体の85%をEEV認証取得車両とすることを目指している。ただ、これまでの取得は四輪車メーカーに限られており、二輪車メーカーが取得した実例はなかった。ホンダは、10年から事業計画に環境への配慮を盛り込んでおり、文秀ホンダでも13年に欧州の排出基準「ユーロ2」に適合する「ウェーブ110」を投入。今年に入ってからは、「ユーロ3」適合モデルとして、カブモデルの新モデル「RS150R」も発売している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

【マレーシアを行く】ゲームの国際化、避けて通れず 高付加価値産業の旗手、ゲーム業界(下)(02/24)

昨今、マレーシアのゲームファンたちのアイコンとなっているのが、スクウェア・エニックス(東京都新宿区)…

続きを読む

正男氏の遺族、1~2日内に来マ=警察副長官(02/24)

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア連邦警察のノール・ラシ…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

正男氏殺害、書記官主導=監視カメラに映像(02/24)

【クアラルンプール共同=木梨孝亮】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件で、複数の…

続きを読む

正男氏殺害「韓国の陰謀」、北朝鮮初報道(02/24)

【北京、クアラルンプール共同】北朝鮮の朝鮮法律家委員会は22日付で金正男氏殺害事件について「南朝鮮(韓…

続きを読む

北朝鮮大使館前で抗議行動、マの与党関係者(02/24)

【クアラルンプール共同】クアラルンプールの北朝鮮大使館前で23日、金正男氏殺害事件を巡る北朝鮮の対応は…

続きを読む

メイバンク通期、純利益1.4%減(02/24)

マレーシアの商銀最大手マラヤン・バンキング(メイバンク)が23日発表した2016年12月通期決算は、純利益が…

続きを読む

三菱東京UFJ、革新的なイスラム金融で表彰(02/24)

マレーシア三菱東京UFJ銀行は22日、マレーシアのイスラム金融情報サイトが主催する表彰イベント「イスラ…

続きを読む

RM=25.4円、$=4.45RM(23日)(02/24)

為替(2月23日午後5時時点) 1リンギ=25.4195円、100円=3.9340リンギ 1米ドル=4.4515リンギ、…

続きを読む

ホンダ、ペトロナス給油所でもリコール対応(02/24)

ホンダ・マレーシアは23日、タカタ製エアバックのリコール(回収・無償修理)対応を、国営石油会社ペトロナ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン