台北の新都心、マンション価格が軒並み下落

不動産仲介大手の永慶房屋集団がまとめた実勢価格に関するデータで、台北市の主要新都心(計劃区、重劃区)5カ所の上半期のマンション価格が、2014年同期に比べて軒並み1割以上、下落したことが分かった。中でも高級住宅地として知られる「信義計劃区」の値下がり幅は15.4%で、5カ所のうち最大だった。

18日付蘋果日報などが伝えた。永慶房屋によると、今年上半期の信義計劃区のマンション坪単価は83万2,000台湾元(約266万円)で、12年に台湾内政部(内政省)営建署が不動産取引の実勢価格の登録制度を施行して以来、初めて90万元を割り込んだ。この他、4カ所の都心部のマンション坪単価の下落幅は、それぞれ◇金泰段重劃区:13.8%◇松山区第一期市地重劃区(民生社区):11.6%◇大直重劃区:10.7%、◇六張犁重劃区:10.1%――だった。

永慶房屋の林泰隆・業管部協理は「これらの住宅再開発エリアは環境整備が十分なことなどから、住宅価格はこれまで値上がりする一方だった。しかし近年は不動産市況の冷え込みを受け、これらの地域でも住宅価格は下落傾向にある」と述べた。

また、天時地利不動産顧問の張欣民総経理は、住宅取引は引き続き縮小するとして、「消費者側の価格下落に対する期待が高まる中、今後さらに1割前後値下がりする可能性がある」と述べた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】会社役員の海外勤務(02/28)

第223回 金井さん:みらい先生、ご相談があります。弊社では、2018年に平昌で開催される冬季オリンピックの…

続きを読む

マトリックス、台湾企業とヌ州に病院建設(02/28)

マレーシアの不動産開発会社マトリックス・コンセプツ・ホールディングスは、台湾で総合病院を経営する彰化…

続きを読む

【書籍ランキング】2月9日~2月15日(02/27)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『ビジネスリーダーのための老子「道徳経」講義』田口佳史(致知出版社) …

続きを読む

「CX―5」の新モデル発売 台湾マツダ、月間400台見込む(02/24)

マツダの台湾販売統括会社、台湾馬自達汽車(台湾マツダ)は23日、モデルチェンジしたスポーツタイプ多目的…

続きを読む

聯発科の立キ買収、インサイダー取引疑惑が浮上(02/24)

携帯端末向けIC設計世界大手の聯発科技(メディアテック)によるアナログIC設計の立キ科技(リッチテッ…

続きを読む

義隆電子、16年は不振も今年は業績成長へ(02/24)

IC設計を手掛ける義隆電子(ELAN)がこのほど発表した2016年の純利益は前年比20.8%減の6億5,300万台…

続きを読む

広明光電子会社のロボット、海外展開を加速(02/24)

EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の広達電脳(クアンタ)グループで、ストレージ製品やソリッド・…

続きを読む

1月の卸売業売上高、4カ月ぶりマイナス成長(02/24)

台湾経済部(経産省)統計処が23日に発表した1月の卸売業・小売業・飲食業統計によると、卸売業の売上高は…

続きを読む

子供向け体操スクールの飛奇児、来月中国進出へ(02/24)

子供向け体操スクールを運営する飛奇児体操教学系統(フライキッズ)の李シン龍執行長(シン=金が3つ)は…

続きを読む

統一超の1株当たり配当金、過去最高更新(02/24)

流通大手の統一超商(ユニプレジデント・チェーンストア)が22日の董事会(取締役会)で決定した1株当たり…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン