週末に車販売会BIG開幕、新顔も登場

自動車と大型二輪の展示・販売会「バンコク・インターナショナル・グランド・モーターセール2016(BIGモーターセール)」が20日にタイの首都バンコクで開幕する。トヨタ自動車が新投入する小型多目的車(MPV)「シエンタ」が売り出され、他メーカーも販促に力を入れる。開催期間中に新車2万台の成約が見込まれている。

トヨタは17日に新型シエンタのタイ投入を発表。今年に生産が開始されたインドネシア生産モデルで、車格は同国製で従来からタイで販売してきた「イノーバ」「アバンザ」の中間となる。

18日付プラチャーチャート・トゥラキットによると、富士重工業はスポーツタイプ多目的車(SUV)「XV」の限定モデル「XVクロストレック」を披露する。マレーシア製のXVは3年前にタイ市場に投入し、同国の販売を押し上げた立役者だ。開催期間中の限定モデルの販売目標は200台。

マツダは、1トンピックアップトラック「BT―50プロ」の装備を充実させたモデルで目新しさを演出する方針だ。根強いピックアップ需要を取り込みつつ、好調な乗用車やSUVのさらなる拡販を狙う。

BIGモーターセールはバンコク東部の展示会場「バイテック・バンナー」で28日まで開催される。四輪28社や二輪15社などがブースを構え、販売目標は計2万4,000台(バイク含む)に設定されている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

タイ航空が調査委、ロールスロイスの贈賄で(20:36)

英航空機エンジン大手ロールス・ロイスがタイ国際航空からのエンジン受注を目的に同航空の幹部と仲介人に賄…

続きを読む

証取委が手形規制強化へ、不履行相次ぎ(20:30)

タイ証券取引委員会(SEC)は18日、手形発行に関する規則・規制を見直す方針を明らかにした。上場企業の…

続きを読む

テイクオフ:どこに行っても日本人に…(01/19)

どこに行っても日本人に会う――というのは昔の話で、最近ではどこに行っても中国人に会う、が定着している…

続きを読む

16年の車生産194万台 目標未達、今年は200万台に期待(01/19)

タイ工業連盟(FTI)自動車部会は18日、2016年の自動車生産台数が前年比1.6%増の194万4,417台だったと発…

続きを読む

地域ハブとしての存在感重視 日産、パルサーをア太で初投入(01/19)

日産自動車は、小型ハッチバック「パルサー」をシンガポール市場に投入した。12~15日に中心部のサンテック…

続きを読む

タイ国境の鉄道開通延期、住民補償難航で(01/19)

タイ国境のバンテイメンチェイ州ポイペトを経由し、首都プノンペンとタイの首都バンコクを結ぶ鉄道路線の開…

続きを読む

大型バイク市場、EPA効果で2.3万台予測(01/19)

タイで米ビクトリーなどのバイクを輸入販売するサイクル・カルチャー傘下のイベント運営会社、サイクル・カ…

続きを読む

エンジ協会が研修、インフラ輸出の人材育成(01/19)

日本がインフラ輸出の推進に向け、各国でエンジニアの能力底上げに動いている。エンジニアリング協会(E…

続きを読む

日本の水産物、味わって=全漁連などセミナー(01/19)

水産物・水産加工品輸出拡大協議会に加盟する全国漁業協同組合連合会(JF全漁連)など3団体は18日、マレ…

続きを読む

産業景況感、12月は22カ月ぶり高水準(01/19)

タイ工業連盟(FTI)が18日発表した昨年12月の産業景況感指数(TISI、100以上が好感)は87.6で、前月…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン