9月からたばこ箱の警告表示義務化、罰則も

ミャンマー保健省は9月1日から、国内で販売される全てのたばこのパッケージに、健康被害への警告とたばこの危険性を訴えるイラストの表示を義務付ける。6カ月の猶予期間後、規定通り箱の表面積の75%以上に警告を表示しない場合、罰則を科す。

イレブン電子版が17日に伝えたところによると、保健省公共衛生局のトゥザ・チット・ティン局長は、今後、テレビやラジオを通じて周知させると話した。メーカーには警告を表示したパッケージに切り替えるため、6カ月の猶予期間を設ける。

規定外のタバコを販売した店には初回は1万~3万チャット(約830~2,500円)の罰金、再犯なら3万~10万チャットの罰金と最長1年の禁錮刑を科す。

ミャンマーではたばこの消費量が多く、喫煙は深刻な公衆衛生上の問題と考えられている。2014年に実施された調査では、喫煙率は26.1%(男性43.8%、女性8.4%)。このうち80%が日常的に喫煙している。かみたばこや、ビンロウの種を葉で包み石灰と一緒にかむベテル・チューイングの利用率は43.2%(男性62.2%、女性24.1%)だった。

ミャンマーたばこ製品消費規制中央委員会は14年8月、たばこ箱の警告表示などに関するガイドラインを定めていた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料

PR

その他記事

すべての文頭を開く

自動車輸入、今月23日まで現行制度で申請可(12/09)

ミャンマー商業省は、個人輸入ライセンスによる自動車輸入について、12月23日まで現行制度の下で申請を受け…

続きを読む

三菱電機、AGTと提携拡大 変圧器技術追加供与、受注拡大へ(12/09)

三菱電機は8日、ミャンマーで提携する大手変圧器メーカー、アジア・ゼネラル・トランスフォーマー(AGT…

続きを読む

〔寄り道〕ヤンゴンも乾期に入り過ごし…(12/09)

ヤンゴンも乾期に入り過ごしやすくはなったが、それでも日中は気温が30度を超える。スーツを着てネクタイ…

続きを読む

日本政府が無償支援、地方病院や船に36億円(12/09)

日本外務省は7日、ミャンマーの首都ネピドーで、総額35億8,100万円を供与限度額とする無償資金協力3件に関…

続きを読む

バゴー橋建設の円借款受け入れ、国会が承認(12/09)

ミャンマー連邦議会は7日、最大都市ヤンゴン東部タケタ郡区と、バゴー川を隔てた南東部タンリン郡区を結ぶ…

続きを読む

輸出入免許発給を簡略化、価格調査免除(12/09)

ミャンマー商業省は、輸出入ライセンスの発給について、申請時に提出される請求書や販売契約書の価格調査を…

続きを読む

ヤンゴンの水上タクシー入札、22社が応募(12/09)

ミャンマーの最大都市を抱えるヤンゴン管区のニラ・チョー電力・工業・運輸相は、ヤンゴン市街の西側を流れ…

続きを読む

タクシー・バスにGPS搭載へ、ヤンゴンで(12/09)

ミャンマーの最大都市を抱えるヤンゴン管区政府は、タクシーやバスに衛星利用測位システム(GPS)を搭載…

続きを読む

ヤンゴン北部の複合開発、管区議会が承認(12/09)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区議会は、北部ラインタヤ郡区の大型複合施設「リバーフロント・…

続きを読む

労働省、マレーシアへの出稼ぎ者派遣を停止(12/09)

ミャンマー労働・移民・人口省は、出稼ぎ労働者のマレーシアへの派遣を停止する方針を明らかにした。マレー…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン