渦潮電機、電動三輪3千台を9月から納車

渦潮電機(愛媛県今治市)は9月末からフィリピンのエネルギー省から受注した電動三輪タクシー(電動トライシクル、eトライク)3,000台を順次納車する。エネルギー省の計画では、マニラ首都圏と首都圏近接の南部タガログA(カラバルソン)地方に導入する予定だ。

渦潮電機の現地子会社BEMACエレクトリック・トランスポーテーション・フィリピンが車両の心臓部であるパワーコントロールユニット(PCU)を製造、現地パートナー企業のアルマゾーラ・モーターズが車両を組み立てる。PCUには、電池制御システムを搭載し、日本製のリチウムイオン電池などを採用している。運転手を含めて6人乗りで、最高速度は時速40キロメートル、充電時間は1回2時間。

フィリピンには約350万台の三輪タクシーがあるとされ、排気ガスによる大気汚染が深刻化したことから、エネルギー省は10万台を電動三輪タクシーに取り換える計画を発表。アジア開発銀行(ADB)の支援を受け、導入を進めている。

第1弾の入札は2015年5月に行われ、渦潮電機は、車両納入費と付帯サービス関連費用を合わせて3,074万7,000米ドル(約30億7,000万円)で契約を結んだ。

地元紙によると、エネルギー省は年内に新たに6,000台の入札を行う予定。渦潮電機の担当者は、「正式な発表があれば対応していきたい」と話した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上の階へ行くほど客が減…(02/23)

上の階へ行くほど客が減り、店員が増える。集客力の高いテナントを低層階に置く戦略があるらしく、百貨店で…

続きを読む

1億人市場狙う日本ブランド 三菱UFJ銀、マニラ初商談会(02/23)

日本の消費財メーカーが、人口1億人を突破したフィリピンの消費市場を狙っている。三菱東京UFJ銀行が22…

続きを読む

労働の契約化廃止を直訴、労組が大統領に(02/23)

フィリピンの主要労働組合の代表者が来週、ドゥテルテ大統領と会談し、「労働の契約化(Contractualization…

続きを読む

スービック湾自由港の労働者、前年比11%増(02/23)

フィリピンのスービック湾開発庁(SBMA)はこのほど、スービック湾自由港の労働者数が2016年は前年比11…

続きを読む

鉱山跡地を観光開発、環境相が提言(02/23)

フィリピンのロペス環境天然資源相はこのほど、閉鎖を命じた鉱山をエコツーリズム地区として再開発し、雇用…

続きを読む

サンミゲル、焼却灰廃棄施設の操業停止(02/23)

フィリピンのバターン州リマイで発覚した焼却灰の飛散問題で、財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)…

続きを読む

M&A報告義務、10億ペソ以上で変更なし(02/23)

フィリピン競争委員会(PCC)は、企業が合併・買収(M&A)をする際にPCCへの事前通知を義務付ける…

続きを読む

22年までの中期開発計画、NEDAが承認(02/23)

フィリピンの国家経済開発庁(NEDA)は21日、2017~22年のフィリピン開発計画(PDP)を理事会が正式…

続きを読む

中銀がペソ安警戒、市場介入も辞さず(02/23)

フィリピン中央銀行のテタンコ総裁は21日、ペソ安・米ドル高の進行に警戒感を示し、必要に応じてドル売りペ…

続きを読む

22日為替:1$=50.230(↑)(02/23)

22日のペソ相場は6日ぶりに反発した。政府公式レートの終値は前日比0.020ペソ高の1米ドル=50.230ペソ。こ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン