国内の火力発電所、35%が未稼働

インドで導入済みの火力発電所のうち、35%に当たる1億400万キロワット(kW)が未稼働であることが分かった。燃料となる石炭の不足が主因。エコノミック・タイムズ(電子版)が17日伝えた。

運転している発電所も稼働率は55%にとどまる。燃料不足のほか、配電会社との契約がなく、電力の販売先がないことも一因のようだ。火力発電所の運営会社は採算が取れず、銀行などの不良債権の増加を助長しているという。未稼働分には、メンテナンスのために一時停止している1,100万kW分の発電所を含む。

導入済みの火力発電容量は計3億300万kW。うち2,400万kWは昨年導入され、インド政府は2020年までに8,600万kW分の発電所を建設する目標を掲げている。


関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

太陽光発電の出力目標、4千万kWに引き上げ(02/23)

インドの新・再生可能エネルギー省は22日、国策として推進している太陽光発電集積地(ソーラーパーク)建設…

続きを読む

衣料ミントラ、マンゴの独占販売業者に(02/23)

インドのオンライン通販サイト「ミントラ」を運営する地場ミントラ・デザイナーズは22日、スペインのファス…

続きを読む

デンマークのデスミ、印南部にポンプ工場(02/23)

デンマークのポンプ製造メーカーのデスミは、インド南部で工場を開所した。投資額は200万~300万米ドル(約…

続きを読む

テイクオフ:インドネシア出張時に、…(02/24)

インドネシア出張時に、現地のスタッフから両替した紙幣を見せてと言われた。昨年末から新紙幣に切り替え始…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

テイクオフ:インド人記者が「マジか…(02/23)

インド人記者が「マジか?!」と聞いてきた。日本が小学3年生から英語教育を導入するニュースだった。驚き…

続きを読む

三菱電機、売上目標2年前倒し FA機器とエアコンがけん引(02/23)

三菱電機のインド現地法人は、中期売上目標の2年前倒しを視野に入れている。当初は2020/21年度(20年4月~…

続きを読む

タタ、フォルクスワーゲンと提携交渉か(02/23)

インドの自動車大手タタ・モーターズが、独フォルクスワーゲン(VW)と提携交渉を進めているもようだ。3…

続きを読む

VWの排ガス不正、環境裁が工程表の提出指示(02/23)

2015年9月に発覚した独フォルクスワーゲン(VW)によるディーゼル車の排ガス不正問題で、インドの国家環…

続きを読む

マヒンドラ、来年度に中型トラック部門に参入(02/23)

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は、2017/18年度(17年4月~18年3月)に「中間商用車…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン