予備電力の供給施設、バタンガスに設置検討

フィリピン政府は、供給電力の不足時に稼働する予備的な発電所の設置を検討している。国家石油公社(PNOC)の主導でバタンガス州に出力20万キロワット(kW)の液化天然ガス(LNG)発電所を建設する案が有力視されている。17日付ビジネスミラーなどが伝えた。

クシ・エネルギー相は、先月末から今月初めに掛け、発電施設の点検などで電力不足危機が発生したことを重く受け止め、予備電力を供給する発電所が必要との見解を表明。エネルギー省傘下のPNOCに発電所建設に向けた調査を進めるよう命じたことを明らかにした。

同省の構想によると、予備発電所の設置先はPNOCが運営するバタンガス州マビニ港のエネルギー供給基地(ESB)。LNG発電所を検討している理由については、「最大2年で完成するという工期の短さや石炭火力発電所よりも環境に悪影響を及ぼさないため」と説明している。

政府計画の障害となるのは、電力産業改革法(共和国法第9136号、EPIRA)が政府の発電所所有を禁止していることだ。クシ・エネルギー相は「政府本体ではなくPNOCの運営とすることで問題がないかを調査するとともに、他の電力関連企業に協力を仰ぐ方向などを検討したい」とコメントした。

既に配電最大手マニラ電力(メラルコ)は、エネルギー省の発電所建設計画に協力する意思を表明。オスカー・レイエス社長は「PNOCとの合弁による発電所運営などを視野に入れている」ことを明らかにした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN訪日客251万人 ハラル対応で伸びしろ(01/18)

日本政府観光局(JNTO)が17日に発表した2016年通年の東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国から…

続きを読む

テイクオフ:帰宅途中の道端で、とき…(01/18)

帰宅途中の道端で、ときどきユニフォーム姿の女性たちとすれ違う。客の家と店を行き来するマッサージ師だ。…

続きを読む

訪日客、初の30万人超え LCC増便が成長の鍵に(01/18)

フィリピンからの訪日者数が、年間30万人の大台を初めて突破した。日本政府観光局(JNTO)の17日発表に…

続きを読む

【アジア自動車データ集】二輪販売(250)(01/18)

2016年の台湾・インドネシア・フィリピン・インドの二輪車販売 【The Daily NNA 自動車ニュース編集チーム…

続きを読む

10月の外国人旅行者、7%増の44.3万人(01/18)

フィリピンの観光省によると、2016年10月の外国人(在外フィリピン人を含む)旅行者数は前年同月比7.5%増の…

続きを読む

【アジア労務データ集】消費者物価指数(97)(01/18)

2016年のタイ・インドネシア・フィリピン・ベトナム 【The Daily NNA 労務・人事・安全ニュース編集チーム…

続きを読む

11月の海外送金受取、2割増の22億ドル(01/18)

フィリピン中央銀行は16日、2016年11月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人か…

続きを読む

17年成長率予想、IMFが6.8%に上方修正(01/18)

国際通貨基金(IMF)は、2017年のフィリピンの国内総生産(GDP)成長率を6.8%と予想し、16年10月の前…

続きを読む

死刑復活の動き、EU特恵関税優遇に影響も(01/18)

フィリピンで高まる死刑制度復活の動きが、欧州連合(EU)との貿易に影響を与える可能性が出てきた。死刑…

続きを読む

現代自の16年新車販売3.4万台、市場3位に(01/18)

韓国・現代自動車のフィリピンの販売代理店、現代アジア・リソーシズ(HARI)は、2016年通年の新車販売…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン