予備電力の供給施設、バタンガスに設置検討

フィリピン政府は、供給電力の不足時に稼働する予備的な発電所の設置を検討している。国家石油公社(PNOC)の主導でバタンガス州に出力20万キロワット(kW)の液化天然ガス(LNG)発電所を建設する案が有力視されている。17日付ビジネスミラーなどが伝えた。

クシ・エネルギー相は、先月末から今月初めに掛け、発電施設の点検などで電力不足危機が発生したことを重く受け止め、予備電力を供給する発電所が必要との見解を表明。エネルギー省傘下のPNOCに発電所建設に向けた調査を進めるよう命じたことを明らかにした。

同省の構想によると、予備発電所の設置先はPNOCが運営するバタンガス州マビニ港のエネルギー供給基地(ESB)。LNG発電所を検討している理由については、「最大2年で完成するという工期の短さや石炭火力発電所よりも環境に悪影響を及ぼさないため」と説明している。

政府計画の障害となるのは、電力産業改革法(共和国法第9136号、EPIRA)が政府の発電所所有を禁止していることだ。クシ・エネルギー相は「政府本体ではなくPNOCの運営とすることで問題がないかを調査するとともに、他の電力関連企業に協力を仰ぐ方向などを検討したい」とコメントした。

既に配電最大手マニラ電力(メラルコ)は、エネルギー省の発電所建設計画に協力する意思を表明。オスカー・レイエス社長は「PNOCとの合弁による発電所運営などを視野に入れている」ことを明らかにした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ICT省、ブロードバンド整備計画を提出へ(12/09)

フィリピンの情報通信技術(ICT)省は、ブロードバンド通信網を整備する計画の具体案を来年1月までにド…

続きを読む

インフラ事業、中国に3800億ペソの融資要望(12/09)

フィリピンの国家経済開発庁(NEDA)はこのほど、政府が計画している公共インフラ事業を進めるため、中…

続きを読む

ピュアエナジー子会社、3水道事業が始動へ(12/09)

フィリピンの水道事業者トゥービッグ・ピリピナス・グループは、東ネグロス州とイサベラ州で受注した3件の…

続きを読む

7人乗りSUV市場に初参入 ホンダ、BR―Vの出荷開始(12/09)

ホンダ・カーズ・フィリピン(HCPI)は、今週末から新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「BR―V」…

続きを読む

三菱ふそう、初の専用ディーラーを開所(12/09)

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は8日、マニラ首都圏ケソン市にふそうブランド専用ディーラーを開…

続きを読む

1~11月の新車販売、前年超えの32.5万台(12/09)

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造者協会(TMA)が8日発表した2016年1~11月の新車…

続きを読む

比ドゥテルテ大統領、13~14日に訪問(12/09)

カンボジア外務省は7日、フィリピンのドゥテルテ大統領が13日、14日の日程でカンボジアを訪問することを明…

続きを読む

【アジア三面記事】小さな空手家が世界へ(12/09)

■小さな空手家が世界へ インドとパキスタンが領有権を巡って対立するカシミール地方から、1人の小さな空…

続きを読む

輸出額1千億ドル、到達は19年以降に持越し(12/09)

フィリピンの輸出開発委員会(EDC)は7日、来年の輸出額が今年予測から最大5%増の937億5,000万米ドル…

続きを読む

環境管理局、ECC交付事業の特別検査実施(12/09)

フィリピン環境天然資源省傘下の環境管理局(EMB)はこのほど、環境上の懸念があるプロジェクトの特別検…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン