グンゼが北部にミシン糸工場、TPP見据え

グンゼは、北部ハナム省でミシン糸を生産する。環太平洋連携協定(TPP)の発効を見据え、主にベトナムで縫製用の糸の調達を強化したい日本のアパレルブランドに出荷する。

Thumb hanam

現地法人グンゼハノイがドンバン第2工業団地で新工場の建設に入った。来年3月に完成を予定し、外部から調達した原糸を加工して縫製工場に供給する。撚糸(ねんし)、染色、捲(ま)きまで一貫生産する体制を段階的に整え、色を含めると1万アイテム以上のミシン糸を縫製メーカーに出荷する。グンゼハノイの資本金は330万ドル(約3億3,000万円)。

TPPの関税メリットを享受するには、加盟国内で製糸、織布、縫製の3工程を行う原産地規則が原則となるが、ベトナムは川上~川中工程で作られる糸や生地を中国などに依存する。グンゼが進出することで、供給先の日系アパレルブランドなどは縫製前のミシン糸をベトナムで確保できるようになる。またグンゼとしても納期短縮につながり、顧客の要望に柔軟な対応が可能となる。今後はTPP加盟国内で原糸の供給を受けることが課題。

グンゼはインドネシア、中国、バングラデシュでミシン糸を生産しており、ベトナムは海外4カ国目となる。日本の品質水準をクリアするためには、糸の滑りや強度、色のムラや色落ちのなさといった面で「品質を安定させて他の国の糸と同じように安心して使えるようにすること」(グンゼハノイの鈴木正社長)が重要となる。日本人技術者2人を配置して品質を高め、地場アパレルメーカーなどからのニーズの発掘も目指す。

グンゼはホーチミン市で現地法人グンゼベトナムを通じて肌着を生産している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: アパレル・繊維

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ヤマハ、ASEANモデルのスクーター発売(19:46)

ヤマハ発動機はこのほど、東南アジア諸国連合(ASEAN)戦略モデルのスクーター「GDR155」を発売した…

続きを読む

線材メーカーの稼働率32%、輸入品流入で(21:28)

インドネシアの鉄鋼工業協会(IISIA)は、国内線材メーカーの工場稼働率が32%程度にとどまっていると…

続きを読む

アジア各国昇給率、軒並み鈍化 日系企業の現地従業員=NNA調査(01/16)

NNAがアジア12カ国・地域の日系企業を対象に現地従業員の賃金動向を調べたところ、2017年は韓国を除く11…

続きを読む

携帯電話サービス競争激化へ ベトナム系第4の事業者に免許(01/16)

ミャンマーで急速に普及している携帯電話サービスの競争がいっそう激化しそうだ。運輸・通信省は12日、国内…

続きを読む

越航空、17年は減益の見通し ベトジェットは乗客2千万達成へ(01/16)

ベトナム航空の税引き前利益が、2017年は前年を下回る見通しだ。同社は過去2年間にわたって最高益を記録し…

続きを読む

三井住友カード、東南ア事業加速 マの新興フィンテック企業と提携(01/16)

三井住友カードは13日、東南アジア諸国連合(ASEAN)での事業拡大を目的に、マレーシアのフィンテック…

続きを読む

ハノイで「茨城デー」、食や観光の魅力をPR(01/16)

茨城県は、14~15日にハノイの商業施設「イオンモール・ロンビエン」で、県の食や観光の魅力を発信する「茨…

続きを読む

【書籍ランキング】12月29日~1月4日(01/16)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『日本の革新者たち 100人の未来創造と地方創生への挑戦』齊藤義明(ビー・…

続きを読む

バイクの価格上昇、テト前の販売増で(01/16)

テト(旧正月)を前に、二輪車・四輪車の販売が拡大し、価格が上昇している。店舗によっては、人気車種が品…

続きを読む

空港周辺の渋滞緩和へ深夜便活用=HCM市(01/16)

ホーチミン市人民委員会が運輸省に対して、タンソンニャット空港周辺の交通渋滞緩和を目的として、同空港の…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン