プロトン、新型ペルソナの予約受付を開始

マレーシアの国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは15日から、小型セダン「ペルソナ」の最新モデルの予約受付を開始した。プロトンは2007年からペルソナの現行モデルを販売しており、9年ぶりのモデルチェンジ。正式発売は今月23日となる。15日付ウトゥサン・マレーシアが伝えた。

アーマド・フアード・クナリ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。プロトンとしては、先に発売した高級セダン「プルダナ」に続く、今年2車種目の新モデル発売となる。販売価格は23日の正式発表時に明らかにする予定。

新型ペルソナのエンジン排気量は、1.6リッターのみ。フアードCEOによると、小型車「アイリズ」と同タイプのものをペルソナ向けに改良した。グレードは、スタンダード、エグゼクティブ、プレミアムの3つ。このうちスタンダードのみ、マニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)から選択が可能。またプレミアムは、ボディーキットの有無が選べる。

アンチロックブレーキシステム(ABS)のほか、横滑り防止装置(ESP)、車両安定制御システム(VSC)も搭載し、安全性能を高めている。車体カラーはブラウンカーネリアン、クオーツブラック、コットンホワイト、ルビーレッドなど全6色。

フアードCEOによると、ペラ州タンジュンマリム工場では既に既存モデルから新モデルへの生産に切り替えている。フアードCEOは、「地元記者を対象とした試乗会では、インターネット上に流出した新モデルの画像よりずっと美しいとの声もあった」「高速走行を望むドライバーにも排気量1.6リッターのエンジンは十分なパワーを持っている」として、販売に自信を示した。

プロトンは8月から3カ月連続での新モデル投入を予定しており、9月には主力の小型セダン「サガ」、10月には多目的車(MPV)「エルティガ」を発売する予定となっている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:もうすぐ中国正月(春節…(01/17)

もうすぐ中国正月(春節)だ。かつては「新年」を迎えるための準備に一生懸命だった。どこで髪を切ろうか、…

続きを読む

中途採用給与、一部の国で上昇 JAC、アジア9カ国調査(01/17)

人材紹介大手JACリクルートメントが発表した「アジア主要9カ国の中途採用時給与リポート2017年度版」で…

続きを読む

急増する中国投資批判で波紋 野党新党が集会で、首相反発(01/17)

マレーシアのマハティール元首相は14日、自らが率いる野党新党の設立集会で、過剰な外国直接投資(FDI)…

続きを読む

中古車輸入許可制度、手数料見直しへ検討(01/17)

マレーシアのナジブ首相は14日、中古車の自動車輸入許可証(AP)制度のうち、車種や仕入れ先を限定しない…

続きを読む

中銀のリンギ相場安定政策、年央まで継続か(01/17)

マレーシア中央銀行のムハンマド・イブラヒム総裁は、対米ドルでのリンギ相場安定のため昨年12月に導入した…

続きを読む

RM=25.5円、$=4.46RM(16日)(01/17)

為替(1月16日午後5時時点) 1リンギ=25.5766円、100円=3.9098リンギ 1米ドル=4.4660リンギ、…

続きを読む

プロトン、購入者に通信プランを無料提供(01/17)

マレーシアの国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは14日、特別仕様車の購入者にスマートフォンとデ…

続きを読む

イオンクレ、二輪車協会と販促で提携(01/17)

イオンクレジットサービス(マレーシア)とマレーシア自動二輪・スクーター販売業者協会(MMSDA)は、…

続きを読む

シェルでシステム故障、給油サービス混乱(01/17)

英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルのマレーシア法人シェル・マレーシアのシステムが故障し、16日午前…

続きを読む

今年はさらなる値下げ見送る、マ航空CEO(01/17)

マレーシアの航空業界では競争が激化し、値下げが進んでいるが、経営再建を進めるマレーシア・エアラインズ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン