プロトン、新型ペルソナの予約受付を開始

マレーシアの国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは15日から、小型セダン「ペルソナ」の最新モデルの予約受付を開始した。プロトンは2007年からペルソナの現行モデルを販売しており、9年ぶりのモデルチェンジ。正式発売は今月23日となる。15日付ウトゥサン・マレーシアが伝えた。

アーマド・フアード・クナリ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。プロトンとしては、先に発売した高級セダン「プルダナ」に続く、今年2車種目の新モデル発売となる。販売価格は23日の正式発表時に明らかにする予定。

新型ペルソナのエンジン排気量は、1.6リッターのみ。フアードCEOによると、小型車「アイリズ」と同タイプのものをペルソナ向けに改良した。グレードは、スタンダード、エグゼクティブ、プレミアムの3つ。このうちスタンダードのみ、マニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)から選択が可能。またプレミアムは、ボディーキットの有無が選べる。

アンチロックブレーキシステム(ABS)のほか、横滑り防止装置(ESP)、車両安定制御システム(VSC)も搭載し、安全性能を高めている。車体カラーはブラウンカーネリアン、クオーツブラック、コットンホワイト、ルビーレッドなど全6色。

フアードCEOによると、ペラ州タンジュンマリム工場では既に既存モデルから新モデルへの生産に切り替えている。フアードCEOは、「地元記者を対象とした試乗会では、インターネット上に流出した新モデルの画像よりずっと美しいとの声もあった」「高速走行を望むドライバーにも排気量1.6リッターのエンジンは十分なパワーを持っている」として、販売に自信を示した。

プロトンは8月から3カ月連続での新モデル投入を予定しており、9月には主力の小型セダン「サガ」、10月には多目的車(MPV)「エルティガ」を発売する予定となっている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス

PR

その他記事

すべての文頭を開く

RM=25.8円、$=4.42RM(9日)(12/09)

為替(12月9日午後5時時点) 1リンギ=25.8800円、100円=3.8640リンギ 1米ドル=4.4235リンギ、1ユ…

続きを読む

豪社の駐車場事業を買収 パーク24、アジアなどの5カ国で(12/09)

駐車場運営大手のパーク24(東京都千代田区)は7日、アジア太平洋地域を中心に駐車場事業を手掛けるオース…

続きを読む

鮮度・品ぞろえで中間層つかむ イオン、マックスバリュの上位店(12/09)

イオン・マレーシアは8日、マレーシア・クアラルンプール(KL)市内のチェラス地区に新規開業した「サン…

続きを読む

ABCクッキング、3年で首都圏4~5店目標(12/09)

日本の料理教室大手、ABCクッキングスタジオ(東京都千代田区)は7日、クアラルンプール(KL)中心部…

続きを読む

駐車場パーク24、豪最大手買収 5カ国事業掌握、総額180億円(12/09)

日本で時間貸駐車場「タイムズ」を運営するパーク24(東京都千代田区)は8日までに、オセアニアやアジアを…

続きを読む

RM=25.6円、$=4.42RM(8日)(12/09)

為替(12月8日午後5時時点) 1リンギ=25.6434円、100円=3.8996リンギ 1米ドル=4.4220リンギ、…

続きを読む

【アジア三面記事】小さな空手家が世界へ(12/09)

■小さな空手家が世界へ インドとパキスタンが領有権を巡って対立するカシミール地方から、1人の小さな空…

続きを読む

商用車スカニア、マルコポーロバスを初納入(12/09)

スウェーデン系の商用車大手スカニア・マレーシアは7日、ブラジルの車体メーカー、マルコポーロとのブラン…

続きを読む

テナガ、半島東部でガスタービン保守受注(12/09)

マレーシアの国営電力会社テナガ・ナショナルは、全額出資子会社TNBリペア&メンテナンス(TNBレマコ…

続きを読む

タンジュン、英企業と航空金属事業で提携(12/09)

マレーシアの海洋エンジニアリング事業者、タンジュン・オフショアは7日、航空宇宙分野などでの金属処理事…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン