ミッソンダム検討委員会、スーチー訪中控え

北部カチン州で中断している中国国営企業によるミッソンダムの開発について、ミャンマー政府は再開の是非を検討する委員会を設けた。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の訪中を控え、中国に前向きに取り組んでいることをアピールする狙いもありそうだ。

ミャンマー大統領府は12日、委員会設置の発表の中で、ミャンマーの国益と中国企業の利益の双方にかなう方策を探ると指摘。委員会は今年11月11日までに大統領に報告書を提出するという。ティ・クン・ミャット下院副議長が委員長、チョー・ティン・スェ国家顧問相が副委員会に就いた。

ミッソンダムは、中国国営の中国電力投資集団(CPI)がミャンマー国軍傘下の複合企業ミャンマー・エコノミック・ホールディングス(UMEHL)とともに開発を目指す巨大ダム。電力の大半は中国に輸出される計画で、国内で反対運動が盛り上がり、テイン・セイン大統領(当時)が2011年9月、任期中は開発を認めないと明言した。

スー・チー氏が実質的に率いる国民民主連盟(NLD)政権は態度を明確にしていない。国土を南北に貫くエーヤワディ(イラワジ)川水系の保護は、ミャンマー人にとって敏感な問題。中国との関係との間で、難しい舵取りを迫られている。スー・チー氏は今週、中国を訪問する予定。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道

PR

その他記事

すべての文頭を開く

日立、ICT需要開拓に本腰 ヤンゴンで会議、銀行・通信狙う(12/08)

日立製作所はミャンマー最大都市ヤンゴンで7日、情報通信技術(ICT)を現地の民間企業に売り込むイベン…

続きを読む

ダウェー特区管理委、日本と年内に協議再開(12/08)

ミャンマー南部タニンダーリ管区のダウェー経済特区(SEZ)管理委員会は12月中に、日本との協議を再開す…

続きを読む

CB銀、サムスン製品購入者に割賦サービス(12/08)

ミャンマー民間大手の協同組合銀行(CB)と韓国サムスン電子の現地法人サムスン・ミャンマーは6日、サム…

続きを読む

ヤンゴン都市圏開発計画、月末に改訂版公表(12/08)

ミャンマーの最大都市を管理するヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、今月末に「ヤンゴン都市圏開発戦略計…

続きを読む

国境貿易の停滞、影響は軽微=商業相(12/08)

ミャンマー少数民族武装勢力による攻撃で国境貿易が停滞している問題で、タン・ミン商業相が全体への影響は…

続きを読む

テレビ市場が急拡大、15年は普及率55%(12/08)

香港に拠点を置くアジア・ケーブル衛星放送協会(CASBAA)によると、ミャンマーのテレビ普及率が2015…

続きを読む

財閥エデン、星ケッペルからホテル買収(12/08)

ミャンマーの財閥エデン・グループは、シンガポールの不動産開発大手ケッペル・ランドから北中部マンダレー…

続きを読む

建設グレートホーカム、3月に上場計画(12/08)

ミャンマー北東部シャン州の中国国境の町ムセに本社を構える建設会社グレート・ホーカムは、ヤンゴン証券取…

続きを読む

韓国の大宇、西部でビーチリゾート開発(12/08)

ミャンマー西部ラカイン州のチャウピューで年内にも、韓国の大宇によるリゾート施設の開発が始まる。チャウ…

続きを読む

イラワジ河口稲作、機械化促進が課題(12/08)

稲作が盛んなミャンマー・中部エーヤワディ(イラワジ)管区のデルタ地帯で、農業機械化の遅れが課題になっ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン