目立つ中国寄りの政策 カンボジア、道路・観光で蜜月

カンボジア政府による中国寄りの政策が、道路整備や観光客誘致で目立っている。国道4号線の高速道路建設を中国企業に発注したほか、2020年までに中国人観光客を現状の3倍となる200万人に引き上げる新たな政策を公表…

関連国・地域: 中国韓国カンボジア日本
関連業種: 経済一般・統計製造一般金融・保険建設・不動産運輸・倉庫観光・娯楽政治

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。

NNA倶楽部とは

NNA倶楽部 会員登録(無料)

月刊の会報、無料メールマガジン、セミナー参加・出版物購入の優待などを提供しています。

その他記事

すべての文頭を開く

英ベントレーが販売開始、富裕層に照準(12:43)

英国の高級車メーカー、ベントレー・モーターズ・グループが、カンボジアで22日から自社ブランド車の販売を…

続きを読む

国家物流委は17年中に設置、運輸省(02/24)

カンボジア・公共事業運輸省は23日、2017年中に国家物流委員会を設置する方針を示した。国内の物流コストの…

続きを読む

菜食中心の食生活を 市民の関心高まる、見本市開幕(02/24)

健康や環境への関心が世界的に高まる中、香港でもより多くの野菜を食生活に取り込もうという意識が広がりつ…

続きを読む

米企業団、エネ利用効率や汚職を問題視(02/24)

米国企業が、カンボジアの投資環境に不安材料が多いと指摘している。エネルギー利用の効率性や熟練労働者の…

続きを読む

仏BRED銀が初支店、今後3年で15店体制(02/24)

フランスの有力銀行BREDバンク・ポピュレールは、カンボジアに初の支店を開設する。3月2日に開設式典…

続きを読む

中小企業登記に優遇措置、所得税を2年免除(02/24)

カンボジア財務経済省は22日、2018年末までに同省に登記した中小企業を対象に2年間の所得税を免除する閣僚…

続きを読む

コンポンスプーの温泉、観光地として開発(02/24)

カンボジア観光省は、首都プノンペン近郊の温泉を国際的な観光地として開発する方針だ。クメール・タイムズ…

続きを読む

紛争の経済損失、15年はGDPの8.4%(02/24)

米国とオーストラリアに拠点を置く国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP)の試算によると、暴力と紛争…

続きを読む

中堅幹部の起訴見送り、ポト派特別法廷(02/24)

【プノンペン共同】カンボジアの旧ポル・ポト政権による大虐殺を裁く特別法廷は22日、強制労働で多数を死亡…

続きを読む

【カンボジア経済通信】スマホの普及進む、保有携帯の半分に 第309回(02/24)

2016年9月に米国際開発庁(USAID)の支援により、カンボジアにおける携帯電話・インターネットについ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン