鴻池運輸、地場と合弁で鉄道コンテナ輸送

鴻池運輸は10日、インドで鉄道コンテナ輸送事業に参入すると発表した。地場企業と合弁会社を設立し、来年3月に営業を開始する予定。化学や鉄鋼関連企業など既存顧客に利用を促すほか、家電や自動車関連などで新規顧客の開拓も進める。

コンテナデポ(ICD)を運営するアソシエイテッド・コンテナ・ターミナルズ(ACTL)と合弁会社「ジョシ・鴻池トランスポート・アンド・インフラストラクチャー(JKTIPL)」を今年10月に設立する。資本金は2億3,000万ルピー(約3億580万円)。鴻池が51%、ACTLが49%を出資する。

主に、西部マハラシュトラ州ムンバイ近郊のナバシェバ港など西部の主要3港とデリー首都圏(NCR)を結んで輸出入コンテナの一貫輸送を手掛けるほか、ICDでの通関や輸入保税貨物の保管なども行う。ACTLは北部ハリヤナ州ファリダバードでICDを運営しており、面積9万3,000平方メートルという。

鴻池は14年8月からACTLと提携し、ICDを活用した倉庫・トラック事業も展開している。同社にとって、インドで鉄道コンテナ輸送事業を手掛けるのは今回が初めてとなる。

インドでは2020年に、日印が共同で進めている貨物専用鉄道(DFC)の西回廊(デリー~西部マハラシュトラ州ムンバイ)が開通する予定で、鉄道輸送の需要拡大が見込まれている。同国ではデリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイを結ぶ鉄道路線が、国内輸送全体の65%を占める。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計金融・保険運輸・倉庫

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界的な玩具メーカー、…(12/08)

世界的な玩具メーカー、レゴにインド生まれの最高経営責任者(CEO)が誕生する。今年60歳のパッダ氏は12…

続きを読む

大気汚染、高まる市民意識 車中でもマスクを=医務官(上)(12/08)

インドで大気汚染に対する市民の意識が高まっている。今年は、ヒンズー教の大祭「ディワリ」(10月30日)の…

続きを読む

高額紙幣問題で小型車生産伸び悩み=調査会社(12/08)

調査会社IHSマーキットは、高額紙幣問題の影響で国内の小型自動車の生産が打撃を受けると予測している。…

続きを読む

印アダニの炭鉱に青信号、地元雇用を確約(12/08)

インドの複合企業アダニ・グループがオーストラリア・クイーンズランド(QLD)州ガリリー盆地で計画する…

続きを読む

準備銀、政策金利6.25%に据え置き(12/08)

インド準備銀行(中央銀行)は7日に開いた金融政策決定会合で、政策金利(レポ金利)を6.25%に据え置くこ…

続きを読む

豪紙に反炭鉱の意見広告、主要シンクタンク(12/08)

「石炭の経済的意味について本当のことを語る時だ」――。シンクタンクのオーストラリアン・インスティチュ…

続きを読む

国境貿易の停滞、影響は軽微=商業相(12/08)

ミャンマー少数民族武装勢力による攻撃で国境貿易が停滞している問題で、タン・ミン商業相が全体への影響は…

続きを読む

準備銀、近く100ルピーの新紙幣を発行(12/08)

インド準備銀行(中央銀行)は6日、新しい100ルピー(約168円)札を近く発行すると発表した。現在流通して…

続きを読む

シャープ現法、上期は8400万ルピーの赤字(12/08)

シャープのインド法人シャープ・インディアが発表した2016/17年上半期(16年4~9月)単体決算は、最終損益…

続きを読む

4~11月の鉄鋼需要、3%増の5420万トン(12/08)

インドの2016年4~11月の鉄鋼需要は、前年同期比3.0%増の5,420万トンにとどまった。政府が11月中旬に始め…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン