上半期の並行輸入車販売、3.1倍増

シンガポールで並行輸入車の販売が急増している。陸上交通庁(LTA)が発表した最新統計によると、今年1~6月の販売台数は前年同期比3.1倍の1万82台に上った。全体の半数以上を占めるホンダの小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ヴェゼル」が圧倒的な首位となっている。ビジネス・タイムズが伝えた。

並行輸入車は正規代理店で同様の車種を買うより安く購入でき、買い換えの際にこちらを選ぶ消費者が増えているという。

同期の並行輸入車販売台数は、新車販売全体(4万3,423台)の23.2%を占めた。今年1~3月の21.7%から比率がさらに拡大した。

車種別ではヴェゼルが5,550台と最多で、2位のトヨタ「ハリアー」の1,464台を大きく引き離した。3位はトヨタ「シエンタ」(629台)、4位はホンダ「シャトル」(397台)、5位はトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」(369台)だった。

メーカー別でもホンダが6,220台で首位。トヨタが3,519台で続く。メルセデス・ベンツは3位だが、206台にとどまっている。

並行輸入車販売会社ビンカーのビンセント・タン社長は、価格、デザイン、サイズ、エンジンの完璧なコンビネーションでシンガポールの幅広い層に受け入れられているヴェゼルの人気が、並行輸入車の販売を押し上げていると分析している。

20160808 sgd parallel car

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:早いもので、12月もも…(12/05)

早いもので、12月ももう数日が過ぎてしまった。常夏の国シンガポールにいると季節感を失ってしまいがちで、…

続きを読む

【書籍ランキング】11月17日~11月23日(12/05)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『豊かな人生を勝ち取る30の思考』中邨宏季(幻冬舎メディアコンサルティン…

続きを読む

日本食材使った世界の料理提案 ジェトロ、外食業界向けに初開催(12/05)

日本貿易振興機構(JETRO)は2日、日本食材を活用した世界の料理を外食・食品業界関係者に紹介するイ…

続きを読む

11月製造業PMI、0.2ポイント上昇(12/05)

シンガポール購買・原料管理研究所(SIPMM)が2日発表した11月の製造業購買管理者指数(PMI)は50…

続きを読む

伊予銀行が支店開設、地銀で2行目(12/05)

伊予銀行(愛媛県松山市)は5日、シンガポール支店を開設する。香港支店に続き、同行2番目の海外支店とな…

続きを読む

東京センチュリー、配車大手グラブと提携(12/05)

東京センチュリーは1日、配車アプリを開発・運営するシンガポールのグラブと戦略的パートナーシップ協定を…

続きを読む

MAS、1MDB資金洗浄問題で2行に罰金(12/05)

中央銀行に当たるシンガポール金融管理庁(MAS)は2日、英スタンダード・チャータード銀行とスイス系プ…

続きを読む

DBSビッカーズ証券、12人ほど削減(12/05)

シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングス傘下にあるDBSビッカーズ証券が、アジア地域…

続きを読む

株価9日ぶり下落、シングテルは1.3%安(12/05)

2日のシンガポールの株式相場は9日ぶりに下落。ST指数の終値は前日比9.21ポイント(0.31%)安の2,919.…

続きを読む

ベネフィットワン、現地法人を子会社化(12/05)

人材派遣大手パソナグループ傘下で福利厚生代行のベネフィット・ワン(東京都渋谷区)は2日、シンガポール…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン