国産小型航空機、来年末に60機販売目指す

インドネシアの国営航空機製造ディルガンタラ・インドネシアは、開発中の19人乗り小型プロペラ機「N219」について、2017年末にも60機を販売できる見通しを明らかにした。4日付コンタンが伝えた。

ブディ社長によると、現在構造試験を行っている段階。すでに多くの企業や外国から受注しているものの、飛行試験を成功させることが販売の条件になるという。

また、懸念材料の1つである国際認証の取得については、仏エアバスが協力を申し出ており歓迎する意向を示した。

N219は、機室の高さが1.7メートルで双発ターボプロップ機「DHC―6ツインオッター」に比べて容積量が多いほか、500メートルの滑走路で離着陸が可能な短距離離着陸機となっている。

同社は、ハビビ元大統領の主導のもと1995年に双発ターボプロップ旅客機「N250」の製造に成功したが、98年からの通貨危機で商業生産に至らなかった経緯がある。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 製造一般運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

首都空港第3ターミナル、4月に国際線開業(16:31)

インドネシアの国営空港運営アンカサ・プラ(AP)2は、首都ジャカルタの玄関口であるスカルノ・ハッタ国…

続きを読む

工業団地の投資促進策、18カ所を対象に追加(16:19)

インドネシア投資調整庁(BKPM)は、投資の原則認可を取得した企業が、環境認可などの交付を待たずに工…

続きを読む

首都圏LRT事業、国鉄の出資を検討(15:05)

インドネシア運輸省は、国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)によるジャカルタ首都圏のLRT(軽量軌…

続きを読む

テイクオフ:王様、王様と言われるド…(02/21)

王様、王様と言われるドリアンは一方で、ふびんな説明のされ方が多い。『精選版 日本国語大辞典』では、次の…

続きを読む

アストラ本社ビルで上棟式 清水建設が施工、9月完工(02/21)

清水建設がインドネシアの首都ジャカルタで手がける超高層ビル「ムナラ・アストラ(アストラ・タワーの意味…

続きを読む

インフラ予算調達、民間からの融資強化(02/21)

インドネシア政府は、インフラ事業の資金調達で融資誘致を強化する。国営建設傘下の高速道路開発ワスキタ・…

続きを読む

クロスコープ、全海外拠点でビズラボ提供へ(02/21)

インキュベーションサービスを展開するソーシャルワイヤー(東京都新宿区)は20日、シンガポールの業界デー…

続きを読む

ホンダ二輪、メダンに大型モデル販売店(02/21)

インドネシアの二輪最大手アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は19日、北スマトラ州メダンで大型モデルに…

続きを読む

米国への加工飲食品輸出、10億米ドル予想(02/21)

インドネシア飲食品業者連合(Gapmmi)は、米国への今年の加工飲食品輸出が、前年比約11%増の10億米…

続きを読む

三井物産出資パイトン、カタール社が株式取得(02/21)

三井物産らが出資するインドネシアの独立発電事業者(IPP)、パイトン・エナジーに、カタール国営の発電…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン