いすゞ、SUV「MU―X」発売

いすゞベトナムは7月29日、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「MU―X」を発表した。富裕層を主なターゲットとし、年末までの5カ月で400台の販売を目指す。

20160801 icn isuzu..wgif

「MU―X」の発表会で登壇するいすゞベトナムの福村社長(右端)、いすゞ自動車の代表者ら=7月29日、ホーチミン市

いすゞベトナムは同日、ホーチミン市1区でメディア向けの発表会を開いた。MU―Xは、主力の1トンピックアップトラック「D―MAX」をベースに開発した7人乗りで、タイから完成車(CBU)を輸入する。いすゞ自動車が強みを持つトラックの特性を備え、高い耐久性と燃費、安全性を売りにしている。

排気量2500ccと3000ccで、ボディーカラーは「ウルル・ブラウン・メタリック」「シルキー・ホワイト・パール」「ティタニアム・シルバー・メタリック」など全5色。価格(付加価値税=VAT込み)は排気量2500ccが8億9,900万ドン(4万米ドル、約408万円)、3000ccが9億6,000万ドンとなっている。

いすゞベトナムの福村嗣夫社長は、「ベトナムの自動車市場はここ2~3年で急拡大し、中でもSUVは1~2年で増加していることからMU―Xの発売を決定した」と説明。「7人乗りであるため幅広い客層の利用が見込まれるが、特に富裕層をターゲットに売り込んでいく」との方針を示した。ハノイとホーチミン市にショールームを開設したほか、テレビコマーシャル(CM)の放映を開始した。

MU―Xは海外向けのグローバルモデルで、2013年11月に生産地のタイで初めて発売された。同国では発売から10日間で受注台数が5,000台、販売台数は発売から約1年で2万台に達した。オーストラリアでは、15年に6,000台余りを販売。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、タイとベトナムのほか、フィリピン、インドネシア、マレーシアなどで販売している。

ベトナム自動車工業会(VAMA)によると、いすゞベトナムの今年上半期(1~6月)の販売台数は2,907台で、前年同期比1%減となった。福村社長は、「16年通年では前年実績を上回ると見込んでいる」と述べた。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

PR

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、17年の基本方針を発表 ドン安見通しも為替の安定に自信(12/06)

ベトナム国家銀行(中銀)は2日、2017年の政策に関する基本方針を発表した。物価上昇を抑え経済成長を後押…

続きを読む

トヨタ、ロッテセンターにオフィス移転(12/06)

トヨタ・ベトナム(TMV)は5日、ハノイのオフィスを移転したと発表した。TMVが加盟するベトナム自動…

続きを読む

日本郵船、完成車の物流会社を設立へ(12/06)

日本郵船は5日、ベトナムの企業と完成車の物流会社を設立することで合意したと発表した。自動車の販売台数…

続きを読む

SGホールディングス、地場宅配の買収を発表(12/06)

佐川急便を中核とするSGホールディングス(HD)は5日、ベトナム地場宅配のファット・ロック・エクスプ…

続きを読む

サイゴン動物園の地下駐車場、市が計画承認(12/06)

ホーチミン市人民委員会はこのほど、1区にあるサイゴン動物園の地下駐車場の建設計画を承認した。サイゴン…

続きを読む

HCM市一等地でSJCタワー着工(12/06)

ホーチミン市1区の一等地で2日、商業・オフィス・マンションの複合ビル「SJCタワー」のくわ入れ式が開…

続きを読む

17年は低価格アパートの需要拡大=専門家(12/06)

ベトナムでは2017年に、低価格の集合住宅の需要が伸びるとみられている。サイゴンザイフォン電子版が報じた…

続きを読む

南紡、来年に越子会社で生産能力増強(12/06)

アパレル原材料台湾大手の台南紡織(タイワン・スピニング、南紡)は来年、べトナム子会社の太子龍がドンナ…

続きを読む

円借款のビエンホア下水道整備、首相が承認(12/06)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相がこのほど、南部ドンナイ省ビエンホア市の下水道整備事業(第1期)…

続きを読む

FPTと大和総研BI、クラウド支援で提携(12/06)

ベトナムIT最大手のFPTと大和総研ホールディングス傘下でシステムコンサルティングなどを手掛ける大和…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン