地場自動車メーカー、新規事業で相次ぎ苦戦

インドの自動車メーカーが、新規事業で苦戦している。複合企業(コングロマリット)ヒンドゥジャ・グループは乗用車事業から撤退。建設機械の合弁会社の清算も検討している。マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は二輪車部門で赤字が拡大しており、アイシャー・モーターズもユーティリティー・ビークル(UV)の販売が伸び悩んでいる。ビジネス・スタンダードが7月29日に伝えた。

ヒンドゥジャ傘下のアショク・レイランドは昨年、日産自動車と合弁展開していた小型商用車(LCV)「スタイル」の製造・販売を終了した。同モデルは日産と仏ルノーが南部タミルナド州チェンナイで共同運営するオラガダム工場で生産していた。

アショクは7年前に米国の建設・農業機械メーカー、ジョンディアと合弁会社を立ち上げたものの、同事業も赤字続きだ。同社は中型トラックやバスなどに強みを持つが、新たに始めた事業は今一つのようだ。

M&Mも2008年に始めた二輪車部門マヒンドラ・トゥー・ホイーラーズ(MTWL)が一度も黒字化していない。MTWLの2015/16年度(15年4月~16年3月)決算は、赤字が75億9,000万ルピー(約117億円)。赤字幅は前年度の55億5,000万ルピーから拡大した。

同社関係者は「経営再建中で、今後は他社と差別化できる分野で勝負する」と述べた。MTWLは向こう数カ月以内に新モデルを投入し、売り上げの上積みを図る考えだ。

インドではこのほか、二輪車ロイヤル・エンフィールドを傘下に抱えるアイシャーが、米車両大手ポラリス・インダストリーズと折半出資で設立した合弁会社を通じて、UV「マルティクス」を販売している。同モデルは昨年度に累計で921台が売れたものの、EBITDA(利払い前・税引き前・償却前損益)は6億1,000万ルピーの損失を計上した。


関連国・地域: インド日本米国
関連業種: 自動車・二輪車

PR

その他記事

すべての文頭を開く

外国投資促進委、仏製薬などFDI6件を承認(01/20)

インド財務省の外国投資促進委員会(FIPB)は19日、海外直接投資(FDI)案件6件を承認した。 承認…

続きを読む

17年の太陽光発電新規導入、印が世界2位に(01/20)

インドが2017年に太陽光発電の新規導入量(単年ベース)で日本を抜き、世界2位になる見通しだ。エネルギー…

続きを読む

休眠空港の再稼働、地方乗り入れ先を拡大へ(01/20)

インド航空省は19日、休眠空港の再稼働で地方の乗り入れ先を増やすスキーム「UDAN」を2月3日に立ち上…

続きを読む

高額紙幣問題めぐり対立表面化 中銀、政府からの独立性に危機感(01/20)

インドでは、2016年11月8日に発表された高額紙幣の刷新と、その後の現金の流通不足による混乱をめぐって、…

続きを読む

アショク、小型・多目的商用車で2モデル発売(01/20)

インドの商用車大手アショク・レイランドは18日、小型の多目的商用車(ICV)「グル」と小型商用車(LC…

続きを読む

【アジア三面記事】水牛が大暴れ(01/20)

■水牛が大暴れ モー、大変だ――。ベトナム南部タイニン省で、水牛が大暴れして6人が病院に担ぎ込まれた…

続きを読む

フォード、トランプ政権下でもインドから輸出(01/20)

米フォード・モーターは、トランプ政権下でもインドから米国への輸出計画を継続する方針だ。20日に大統領に…

続きを読む

伊二輪ベネリ、今年は4モデル投入へ(01/20)

イタリアの二輪車メーカーのベネリは、2017年にインドで4モデルを投入する計画だ。17/18年度(17年4月~1…

続きを読む

Rジオ、車向けテレマティクスサービス導入(01/20)

インドの複合企業(コングロマリット)リライアンス・インダストリーズの通信部門リライアンス・ジオ・イン…

続きを読む

電子機器生産の優遇策に変更、補助金に上限(01/20)

インド政府は18日の閣議で、電子機器の国内生産に対する優遇策「改訂特別奨励パッケージスキーム」(M―S…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン