ホンダが新アコードHV投入、東南アジア初

ホンダは28日、タイに高級セダン「アコード」のハイブリッド車(HV)の新モデルを投入したと発表した。日本と米国に次ぐ発売で、東南アジアでは初めて。燃費や安全性能の向上を売りにタイでは向こう1年間に2,500~3,000台を販売し、HV市場におけるシェア5割を目指す。

Thumb 20160729 thb honda01 w

ホンダがタイに投入した「アコード・ハイブリッド」の新モデル=28日、バンコク(NNA撮影)

「アコード・ハイブリッド」の新モデルの販売価格は165万9,000~184万9,000バーツ(約500万~560万円)。二酸化炭素(CO2)の排出量を乗用HVで最も物品税率が優遇される走行距離1キロ当たり100キログラム未満に抑えた。

燃費性能は最高で1リットル当たり23.8キロ。従来モデル比でパワーコントロールユニット(PCU)の大きさを23%減、重さを27%減としたことなどで達成した。

新モデルは安全装備を充実させたことが大きな特徴。安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を搭載し、対向車や歩行者との衝突の危険性を軽減できる。「走りと静粛性にこだわって開発」(本田技術研究所の責任者)し、「Sモード(スポーツモード)」の加速性も売りだという。

Thumb 20160729 thb honda02 w

アコードHVを紹介するホンダのタイ法人のピタックCOO=28日、バンコク(NNA撮影)

タイ法人、ホンダ・オートモービル・タイランド(HATC)のピタック最高執行責任者(COO)は「経営層の需要に完璧に応える」と語った。タイのHV市場は昨年が約5,800台で、今年は6,000台以上に増える見込み。新モデルの投入により、販売の上乗せを狙う。

アコード・ハイブリッドはタイ中部アユタヤ県の工場で生産する。同車種の投入は2014年で、今回はマイナーチェンジとなる。

■乗用車でシェア3割超へ

ホンダは、タイでの今年の販売台数を全モデル合わせて前年から横ばいの約11万台と見積もっている。スポーツタイプ多目的車(SUV)と多目的車(MPV)を含む乗用車市場は35万台強になると予測しており、シェア3割以上を確保したい考えだ。

タイにおける上半期(1~6月)の販売実績は前年同期比1.5%減の5万3,952台。乗用車市場は縮小基調が続いているが、ホンダはセダン「シビック」の刷新やSUV「BR―V」の投入などで前年同期と同水準を維持した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

LG、省電力エアコンに注力 家庭向け全機種をインバーター化(02/24)

韓国系LG電子(タイランド)は23日、販売する家庭用エアコンの全機種をインバーター機にすると発表した。…

続きを読む

大動脈支えるメコン架橋、完成から10年(02/24)

【サバナケット共同=佐藤大介】東南アジア最大の河川、メコン川をまたいでタイ北東部ムクダハンとラオス南…

続きを読む

1月の新車販売、11%増の5.7万台(02/24)

タイ国トヨタ自動車(TMT)が23日発表したタイの1月の新車販売台数は前年同月比10.5%増の5万7,254…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

1月の新車販売(表)(02/24)

※関連記事:1月の新車販売、11%増の5.7万台

続きを読む

クラッチのエフシーシー、子会社の全株取得(02/24)

クラッチ製造大手のエフ・シー・シーは22日、タイ生産子会社FCC(タイランド)の完全子会社化を発表した…

続きを読む

ランボルギーニ、今年末にSUVウルス発売(02/24)

「ランボルギーニ」「ロータス」などの高級スポーツカーをタイで販売するニッチカーは、今年末にランボルギ…

続きを読む

旭硝子、タイ塩ビメーカーの買収完了(02/24)

旭硝子は23日、タイで塩化ビニール樹脂(PVC)などを生産するビニタイの買収手続きを完了したと発表した…

続きを読む

紛争の経済損失、15年はGDPの8.4%(02/24)

米国とオーストラリアに拠点を置く国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP)の試算によると、暴力と紛争…

続きを読む

1月16日の投資委員会認可事業(02/24)

タイ投資委員会(BOI)は、1月16日の会議で12件の事業を認可した。日本が出資する事業では、エイチワン…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン