ホンダが新アコードHV投入、東南アジア初

ホンダは28日、タイに高級セダン「アコード」のハイブリッド車(HV)の新モデルを投入したと発表した。日本と米国に次ぐ発売で、東南アジアでは初めて。燃費や安全性能の向上を売りにタイでは向こう1年間に2,500~3,000台を販売し、HV市場におけるシェア5割を目指す。

20160729 thb honda01 w

ホンダがタイに投入した「アコード・ハイブリッド」の新モデル=28日、バンコク(NNA撮影)

「アコード・ハイブリッド」の新モデルの販売価格は165万9,000~184万9,000バーツ(約500万~560万円)。二酸化炭素(CO2)の排出量を乗用HVで最も物品税率が優遇される走行距離1キロ当たり100キログラム未満に抑えた。

燃費性能は最高で1リットル当たり23.8キロ。従来モデル比でパワーコントロールユニット(PCU)の大きさを23%減、重さを27%減としたことなどで達成した。

新モデルは安全装備を充実させたことが大きな特徴。安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を搭載し、対向車や歩行者との衝突の危険性を軽減できる。「走りと静粛性にこだわって開発」(本田技術研究所の責任者)し、「Sモード(スポーツモード)」の加速性も売りだという。

20160729 thb honda02 w

アコードHVを紹介するホンダのタイ法人のピタックCOO=28日、バンコク(NNA撮影)

タイ法人、ホンダ・オートモービル・タイランド(HATC)のピタック最高執行責任者(COO)は「経営層の需要に完璧に応える」と語った。タイのHV市場は昨年が約5,800台で、今年は6,000台以上に増える見込み。新モデルの投入により、販売の上乗せを狙う。

アコード・ハイブリッドはタイ中部アユタヤ県の工場で生産する。同車種の投入は2014年で、今回はマイナーチェンジとなる。

■乗用車でシェア3割超へ

ホンダは、タイでの今年の販売台数を全モデル合わせて前年から横ばいの約11万台と見積もっている。スポーツタイプ多目的車(SUV)と多目的車(MPV)を含む乗用車市場は35万台強になると予測しており、シェア3割以上を確保したい考えだ。

タイにおける上半期(1~6月)の販売実績は前年同期比1.5%減の5万3,952台。乗用車市場は縮小基調が続いているが、ホンダはセダン「シビック」の刷新やSUV「BR―V」の投入などで前年同期と同水準を維持した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ワチラロンコン皇太子、タイ国王に即位(12/02)

タイのワチラロンコン皇太子(64)が1日、同国の新たな国王に即位した。国家立法議会(NLA)のポンペッ…

続きを読む

電子基板メック、タイ子会社設立へ(12/02)

電子基板・部品製造用薬品の開発などを手掛けるメック(兵庫県尼崎市)は1日、タイに製造・販売会社を設立…

続きを読む

11月の企業景況感は悲観圏、自動車で期待も(12/02)

タイ中央銀行(BOT)が1日に発表した11月の企業景況感指数(BSI、50を超えると改善)は49.5だった…

続きを読む

中国の車各社が製販確立へ 小型車にピック、EV市場も模索(12/02)

中国の自動車各社がタイで製販体制の構築を進めている。同国の3大メーカーの一角である上海汽車集団(上汽…

続きを読む

皇太子に即位要請、1カ月半の空位解消へ(12/02)

【バンコク共同】タイ暫定議会のポンペット議長は1日、10月に88歳で死去したプミポン国王の後継として、長…

続きを読む

二輪大手2社、展示・販売会で新モデル(12/02)

ホンダのタイ二輪現地法人APホンダとヤマハ発動機のタイ法人タイ・ヤマハ・モーターは、1日に開幕した自…

続きを読む

【アジア三面記事】無欲なメリークリスマスを(12/02)

■無欲なメリークリスマスを 手のひらを差し出したらアウト――。フィリピンのニノイ・アキノ国際空港(N…

続きを読む

新興トラックメーカー、中型市場に参入(12/02)

タイの新興トラックメーカー、タイナー・モーターは、同国で中型トラックの販売に乗り出した。1日に開幕し…

続きを読む

新車の初期品質、前年から4ポイント改善(12/02)

米系調査会社JDパワーが11月30日発表した「2016年タイ初期品質調査(IQS)」で、新車100台当たりの不具…

続きを読む

住商が変電所2基を受注、契約額42億円(12/02)

住友商事は1日、タイ東部チャチュンサオ県で変電所2基の建設プロジェクトをタイ発電公団(EGAT)から…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン